2021年09月20日

【大学生なら知っておくべき】長期インターンとは?特徴、メリット、デメリットを徹底解説!!

応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

大学生にとって長期インターンという選択肢が身近なものになりつつあります。友達が始めて、長期インターンに興味を持った人も多いでしょう。しかし、ここで皆さんは率直な疑問が浮かぶと思います。


「長期インターンとは?」

実際にVoilにも「長期インターンに興味あるけどどんなものがわからない」という人も多く相談に来ます。今回はそんな悩みを持っているあなたのために、日本一の長期インターン口コミサイトVoilを運営しているメンバーが長期インターンの特徴、仕事の種類、メリット・デメリットをお伝えします。


  • ■長期インターンとは
  • ・インターンとは
  • ・長期インターンと短期インターンの違い
  • ・長期インターンとアルバイトの違い
  • ■長期インターンの特徴とは?
  • ・長期インターンの特徴①:勤務期間
  • ・長期インターンの特徴②:給料
  • ・長期インターンの特徴③:参加学年
  • ・長期インターンの特徴④:業務内容
  • ・長期インターンの特徴⑤:募集している企業
  • ■長期インターンで人気な仕事の種類とは?
  • 長期インターンで人気な仕事①:マーケティング
  • ・長期インターンで人気な仕事②:エンジニア
  • ・長期インターンで人気な仕事③:営業
  • ・長期インターンで人気な仕事④:コンサル
  • ■長期インターンのメリットとは?
  • ・長期インターンのメリット①:ビジネススキルを手にすることができる
  • ・長期インターンのメリット②:業界理解が深まる
  • ・長期インターンのメリット③:就活に有利になる
  • ・長期インターンのメリット④:社会人とのつながりが増える
  • ・長期インターンのメリット⑤:自分が将来、やりたいことがい明確になる
  • ■長期インターンのデメリットとは?
  • ・長期インターンのデメリット①:大学やサークルとの両立が難しい
  • ・長期インターンのデメリット②:楽に稼ぐことはできない
  • ■長期インターンを探している方へ
  • ・Voilとは
  • ・無料の長期インターン相談やってます

長期インターンとは


インターンとは

インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い

種類は主に3点あります。
1点目は【1Dayインターン】
期間:1日 内容:企業理解


2点目は【短期インターン】
期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう


3点目は【長期インターン】
期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い

違いは主に3点あります。
1点目は【目的】
インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】
アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】
アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。


長期インターンの特徴とは?


長期インターンの特徴①:勤務期間

長期インターンの特徴一つ目は「勤務期間」です。


長期インターンは、短期インターンやアルバイトとは違い、短くても3カ月~半年ほど勤務する必要があります。

長い期間働かなければいけない理由は、最初から難易度が高い業務に参加することができないからです。

アルバイトなら採用されてからすぐに全ての業務に参加する事が出来ますが、長期インターンでは最初は簡単な業務から始め、徐々に難易度の高い業務を任せてもらう事が多いです。


そのため、企業は難易度の高い業務をするための成長期間も込みで大学生を雇っています。


長期インターンの期間について、更に詳しく知りたい方はこちら 

長期インターンの特徴②:給料

長期インターンの特徴二つ目は「給料」です。


長期インターンの給料は、基本的にアルバイトと同様に時給で支払われることが多いです。


多くの企業が時給1000円スタートとなっています。

そして、長期インターン生として成果を出すことができれば、時給1500円などに給料が上がっていくケースがあります。


また、一部の企業では、自分の業務での成果によって給料が支払われる成果報酬型になっていることもあります。

長期インターンの給料のことについて詳しく知りたい人はこちら


長期インターンの特徴③:参加学年

長期インターンの特徴三つ目は、「参加学年」です。


短期インターンは、基本的に就活生しか参加することができません。

しかし、長期インターンでは何年生でも参加することが可能です。

最近では、1年生から長期インターンを始める大学生が多くなりました。

さらに、休学して長期インターンに参加している大学生もいます。


また、募集も採用枠が埋まらない限り一年中しているので、いつでも始めることができます。

長期インターンはいつから始める人が多いのか更に詳しく知りたい方はこちら

長期インターンの特徴④:業務内容

長期インターンの特徴四つ目は、「業務内容」です。


アルバイトでは単純作業が多く、労働力として企業は大学生を雇います。


また、短期インターンは、企業がワークショップなどで選考を行うために大学生を集めています。

一方で、長期インターンでは、大学生は社員と同じ業務を行うことが多いです。

社員と同じ業務をするということで難しいイメージを持つ人もいるかもしれませんが、教育制度が整っている企業もあるので不安に思う必要はないです。

未経験でも入社できる長期インターンの募集はこちら


長期インターンの特徴⑤:募集している企業

長期インターンの特徴五つ目は、「募集している企業」です。

長期インターンを募集している企業はベンチャー企業が多いです。


ベンチャー企業が多い理由は、大手企業と比較をすると知名度が低く、新卒採用を行わないので人手不足のところが多いからです。


また、ベンチャー企業の場合、経営陣が長期インターンを経験したことがあることも大きな理由です。

さらに、大学生としてもベンチャー企業の方が色々な業務を経験することができるからです。


ベンチャー企業で働くメリットを知りたい方はこちら



長期インターンで人気な仕事の種類とは?


長期インターンで人気な仕事①:マーケティング

長期インターンで人気な仕事の1つ目は、「マーケティング」です。


マーケティングも就活で人気な仕事の一つなので聞いたことがあるのではないでしょうか。

マーケティングの業務内容は、消費者に製品やサービスの魅力を伝える方法を考え、実行する事です。

長期インターン生として業務にかかわる場合、ターゲットの消費者の選定、宣伝企画の立案、実行、SNS運用、広告運用、SEO対策などを行うことが多いです。

マーケティングの長期インターンの募集はこちら


長期インターンで人気な仕事②:エンジニア

長期インターンで人気な仕事の2つ目は、「エンジニア」です。


エンジニアの業務内容としては、プログラミング言語を使ってWebサイトやサービスなどの作成、運用を行うことです。

そのため、長期インターンでエンジニアをやる場合は、事前にプログラミングの知識が必要になることが多いです。

学生の内からエンジニアとしての実務経験を得ている人は少ないので、将来エンジニアになろうとしている大学生にはとてもおすすめの仕事です。

エンジニアの長期インターンの募集はこちら


長期インターンで人気な仕事③:営業

長期インターンで人気な仕事の3つ目は、「営業」です。


営業の業務内容は、自社のサービスや製品を個人や企業に対して売り込むことです。

長期インターンでは、社員の営業の支援から始まり、慣れてきたら自分一人で営業をしにいくことになります。


また、電話でアポイントを取る仕事もあるので、ビジネスマナーを身に付けることができます。

営業の長期インターンの募集はこちら


長期インターンで人気な仕事④:コンサル

長期インターンで人気な仕事の4つ目は、「コンサル」です。


コンサルは就活で人気な仕事でもあるので聞いた事がある人が多いかもしれません。

コンサルの業務内容としては、企業の事業課題をデータ分析などを用いて解決策を提案する事が主なものです。

長期インターン生として業務にかかわる場合、IR資料や論文、国内外の企業やサービスのリサーチ、資料作製などが最初の業務内容になることが多いです。

コンサルの長期インターンの募集はこちら


長期インターンのメリットとは?


長期インターンのメリット①:ビジネススキルを手にすることができる

長期インターンのメリットの一つ目は、「ビジネススキルを手にすることができる」事です。


前述したように、長期インターンでは社員と同様の業務をこなすことになります。

そのため、社会人としてのビジネスマナーやビジネススキルを身に付けることができます。また、働いた長期インターンの業界・職種ならではの専門知識・スキルを身に付けることができます。

長期インターンのメリット②:業界理解が深まる

長期インターンのメリットの二つ目は、「業界理解が深まる」事です。


前述しましたが、長期インターンに参加することで、就活ではわからないリアルな業界の知識を手に入れることができます。
なぜならば、長期インターンでは社員と同じ業務を行うことになるからです。長期インターンに参加した後に、志望している業界が変わる可能性もあります。


長期インターンのメリット③:就活に有利になる

長期インターンのメリット三つ目は、「就活に有利になる」事です。


社会人経験のない大学生が語るサークルやアルバイトの話やESより、企業で働いた経験がある人の話やESの方が採用担当者の人の印象に残りやすいです。実際に、人事部の人も長期インターンのことが書いてあるESは印象に残りやすいと言っていました。

また、長期インターンを経験している大学生は全体のわずか3~5%程度しかいないので、長期インターンに参加しただけでも他の大学生と差別化する事ができます。

就活時、長期インターンに役立つことが詳しく知りたい人はこちら


長期インターンのメリット④:社会人とのつながりが増える

長期インターンのメリットの四つ目は、「社会人とのつながりが増える」事です。

長期インターンは、社会人と一緒に仕事をすることになるので、自然と社会人とのつながりが増えます。

普通の大学生活では、社会人との接点があまりないので社会人とのつながりを持つことが難しいです。

社会人とのつながりが増えると、「どのように仕事を決めたか」、「どのように仕事をしているか」などの実際の話を聞くことができます。

なので、就活や今後生きていくうえでとてもメリットが大きいです。


長期インターンのメリット⑤:自分が将来、やりたいことがい明確になる

長期インターンのメリット5つ目は、自分が将来、やりたいことが明確になる事です。

長期インターンでは、企業で実際に働くことができるので


・どんな会社で働きたいか
・どんな人と働きたいか
・どんな業務が楽しいか


などが明確になります。

長期インターンのメリットについてより詳しく知りたい人は、大学生のリアルな口コミからメリットをまとめたこちらの記事もおすすめです。


【リアルなクチコミから学ぶ】長期インターンのメリット6選・デメリット3選



長期インターンのデメリットとは?


長期インターンのデメリット①:大学やサークルとの両立が難しい

長期インターンのデメリットの一つ目は、「大学やサークルとの両立が難しい」事です。


長期インターンでは、平日週3~5日、一日6~8時間勤務する事が求められます。

もちろん、一部の時間はリモート勤務することが可能な企業が多いですが、それでも大学やサークルをする時間を少し削る必要があるでしょう。


長期インターンのデメリット②:楽に稼ぐことはできない

長期インターンのデメリットの二つ目は、楽に稼ぐことができないことです。

長期インターンでは、社会人と同じ業務を行うことになるのでアルバイトよりも業務に対して責任を持つことが求められます。


長期インターンは、企業での実務経験を通じて自己成長をする場所なので、稼ぐ目的で長期インターンを始めることは止めましょう。


長期インターンを探している方へ


Voilとは

Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!

無料の長期インターン相談やってます

500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

コラムカテゴリーから選ぶ

関連する記事
有給インターンについて
【地方学生必見】地方で有給インターンを探す方法
2021年09月20日
地方の大学生にとって、有給インターンを始めたくても、なかなか最初の一歩を踏み出すのが難しいと思います。 そこで今回は、そんな学生が一歩踏み出せるように、有給インターンのメリットと、探し方を詳しく解説していきます。
タイプ別おすすめ
【アパレル業界】で長期インターンしたいあなたへ!
2021年09月20日
学生のみなさんの中には、ファッションが好きな方、服にこだわりを持っている方も多いと思います。そこで、洋服を取り扱うアパレル業界とはどのようなものなのでしょうか? 今回はアパレル業界の長期インターンについて徹底解説していきます!
長期インターン体験記
株式会社PECOの長期インターン体験記
2021年09月20日
株式会社PECOの長期インターン体験記です。 今回はPECOのインターン生にインターン先の魅力や、インターンを始めたきっかけを聞いてみました! アウトプットの質を求めている方や、拡大中の組織で、正社員と同じレベルで働きたい方は必見の体験記です!
初心者向けコンテンツ
英語力を活かした有給インターンの探し方を解説!
2021年09月20日
自分の英語力を活かした有給インターンシップがしたいけど、どうやって探せばよいか分からない。 皆さんは、このような悩みを抱えていませんか? 今回は長期・有給インターンシップの口コミサイトを運営するVoilが英語力を生かしたインターンシップの探し方を解説します!
有給インターンについて
有給インターンは就活に本当に有利?メリット・デメリットを解説!
2021年09月20日
有給インターンは就活のときに本当に有利なのか?という疑問は就活生であれば誰もが思う疑問だと思います。 実際に、周りの友達がはじめていて、自分も興味があるな。と思う方もいると思います。 結論から言うと、有給インターンをやっているからという理由で就活に有利になるわけではないです。 ただ、有給インターンでできる経験は就活に有利に働きます。 どういうことか。それでは本文を御覧ください。
就活関連
【なぜ長期インターンは就活に有利なのか】役立つ理由を解説
2021年09月20日
「長期インターンって就活に有利になるの?」という疑問があるあなたに向けて、この記事では就活時、長期インターンが役に立つことを教えます。大学生の中で参加する人が増えている長期インターンがどのように役に立つのか知りたい人はぜひ読んでください!
おすすめ記事
初心者向けコンテンツ
長期インターンはいつから?迷ったら今すぐ始めるべき理由を徹底解説!!
合格ノウハウ
長期インターンの面接・出勤時の服装を徹底的に解説!
合格ノウハウ
【徹底解説!】長期インターンの面接で落ちる4つの理由
長期インターン体験記
株式会社アーキベースの長期インターン体験記②
タイプ別おすすめ
外資系内定を目指す人に長期インターンをおすすめする理由とは?
有給インターンについて
有給インターンの面接の服装はスーツ?それとも私服?
こんな募集もいいかも?