2021年10月27日

【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!

応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

長期インターンを経験している学生や長期インターンを探している学生にとって、長期インターンは本当に意味があるのか?

という疑問を持つ人は少なくないと思います。


実際、長期インターンをやる中で、雑用チックなものも多く、本当にこれで良いのかと思う瞬間は多々あると思います。


しかし、結論から言うと、長期インターンをしていて意味がないことは存在しません。


今日は業界唯一の口コミサイトであるVoilの運営メンバーがその理由を徹底的に解説していきたいと思います。


  • ■長期インターンとは
  • ・インターンとは
  • ・長期インターンと短期インターンの違い
  • ・長期インターンとアルバイトの違い
  • ■意味のない長期インターン例2選
  • ・長期インターンに参加することを目的にする
  • ・就活のためだけに長期インターンを始める
  • ■意味のある長期インターンにするための目的設定3選
  • ・目的その1: 特定のスキルを学ぶ
  • ・目的その2: 働くという経験を学ぶ
  • ・目的その3: 起業をするために、社長直下で学ぶ
  • ■意味のある長期インターンとは
  • ■長期インターンを探している方へ
  • ・Voilとは
  • ・無料の長期インターン相談やってます

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】

期間:1日 内容:企業理解


2点目は【短期インターン】

期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう


3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】

インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】

アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】

ルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。


長期インターンの事をさらに詳しく知りたい人はこちら

意味のない長期インターン例2選




意味のない長期インターンとは、ざっくりいうと、参加する目的がわからない、もしくはずれているものです。


ここでは、意味のない長期インターンの具体例を2つご紹介します。少しでも心当たりのある方は、今一度長期インターンの目的を考えることをおすすめします。


長期インターンに参加することを目的にする


1つ目の具体例は、長期インターンをすること自体を目的にすることです。


なぜなら、長期インターンは目的ではなく、あくまで手段だからです。

つまり、長期インターンを始めることではなく、始めて何を学ぶかが大事だということです。

確かに、長期インターンに合格するのはとても大変なので、長期インターンを受かるだけで満足する気持ちもわからなくはありません。それまでに頑張ったことは確かでしょう。

ですが、長期インターンは自分を成長させる「機会」であって、いるだけで成長する魔法のような場所ではありません。

この長期インターンって意味あるのかな?と感じたら長期インターンに参加することそのものが目的になっていないか確認してみましょう。


就活のためだけに長期インターンを始める


よく就活を有利にすすめるために長期インターンをしたほうが良いと書かれている記事を見ますが、長期インターンをしているから就活が有利になるというわけではありません。

これは、先程の長期インターンをすることが目的になっているケースと非常に似ています。

就活を有利に進めたいというのも、目的ではなく、手段です。


行きたい企業先が明確であり、その企業に行くために就活をするのであって、とりあえずどこでも良いから就職したいと考えるのは良くないですよね。
志望する業界や職種によって、必要なスキルや知識はまちまちです。

長期インターンをすることが目的になってしまうのが良くない理由の一つがこれです。

とはいえ、最初から志望業界や、行きたい企業が固まっている人は少ないと思います。

なので、長期インターンを通して、いろんな業界や職種を経験することを目的とするのはOKです。


大事なのは、長期インターンをするだけで、就活を有利に進められるといいう勘違いをしてはいけないということです。

意味のある長期インターンにするための目的設定3選




さて、ここまでで長期インターンをする上で、適切な目的を設定することが大事なことはお分かりいただけたと思います。
ここからは、長期インターンを始める目的として、どのようなものが良いかを見ていきましょう。


目的その1: 特定のスキルを学ぶ


おそらく長期インターンをする上で一番多い目的が、この特定のスキルを学ぶことだと思います。

例えば、営業やマーケティング、エンジニアリングやデザインなどが挙げられます。

学生のうちにビジネススキルを学べる機会はそう多くありません。
やりたい職種がある場合はとことん熱中する良い機会となるでしょう。また、自分にどの職種が合っているかわからない学生や、マーケティングにはなんとなく興味があるけど、実際にどんな仕事をやっているのかを知りたいという場合にも最適です。

なぜなら、長期インターンを通して、思っているのと違うという場合、就職先を選ぶ際に非常に活きてくるからです。

漠然と長期インターンをしたいと思っている人は、とりあえず興味のあるスキルを見つけ、そのスキルを学ぶことを目的として長期インターンをしてみてはいかがでしょうか。


目的その2: 働くという経験を学ぶ


2つ目の目的として、おすすめなのが、働くという経験を学ぶために長期インターンをすることです。


日本の学生の多くは、一度も働くという経験をせずに、新卒で会社に入ってはじめて働くという経験をします。

もちろんバイトなどで、働いた経験がある人はいます。しかし、あくまでも「バイト」であり、「社員」として働くことができるのは、長期インターンならではの経験です。

また、実際に働いている社員さんの隣で働く経験をすることはなかなか普通に生活をしていてできるものではありません。

このように、働くということを感じるのを目的に長期インターンを始めるのはありだと思います。


しかし、気をつけてほしいのは、働くという経験を志望動機にするのはあまり良くないということです。

志望動機を書く際には、あくまでも自分がその企業にとって何を与えられるかを考えることが必要です。


志望動機に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。


【合格率が2倍に】長期インターン合格のための志望動機の書き方のポイント4選


目的その3: 起業をするために、社長直下で学ぶ


3つ目の方法として、社長直下で学ぶことで経営者の視点を学ぶという目的が挙げられます。
これは、だいぶ限定的ではありますが、特に将来起業を志している学生などであれば、経営者の視点を学ぶのは、絶対に必要でしょう。

長期インターンをする際に一つ重要な指標としてあるのが社長の経歴です。会社の意思決定をするのは社長なので、どのような視点で物事を捉えているのか、そして会社の雰囲気なども社長の人柄が出てくるでしょう。

経営者の近くで長期インターンをすることで、学べるものはたくさんあります。これは、長期インターンならではの経験でしょう。


経営者の近くで働ける長期インターンはこちら


意味のある長期インターンとは




最後に、意味のある長期インターンにするために、大切なことをまとめてみました。


まず、意味のない長期インターンにするためには、まず正しい目的設定をすることが必要です。そして、その目的がどこのゴールに結びつくかを考えるのも大切でした。

これから始める皆さんも、絶賛長期インターン中の皆さんも、意味のある長期インターンにするために、もう一度、自分なりに長期インターンをする目的を考え直してみてはいかがでしょうか。

また、こちらの記事でも長期インターンを無駄にしないためのポイントを解説しています。


【経験者が教える】長期インターンを無駄にしないためのコツ4選


また、有意義な長期インターンにするためには、長期インターンの選び方が大切です。適切な長期インターンの選び方を知りたい方はこちらの記事もおすすめです。


【意外と知らない】良い長期インターン先の選び方には順番が大事!


長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

コラムカテゴリーから選ぶ

関連する記事
求人特集
【特集】起業家直下・起業家と密に関わり、自身の起業に直結するインターン
2021年10月26日
test
長期インターン体験記
株式会社シードの長期インターン体験記
2021年10月26日
株式会社シードの長期インターン体験記です。 今回はシードのインターン生にインターン先の魅力や、インターンを始めたきっかけを聞いてみました! 大学在学中に起業を目指している学生や、裁量権を持った長期インターンを探している方におすすめの体験記です。
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
2021年10月27日
皆さんはブラックインターンという言葉を聞いたことがありますでしょうか? ブラックインターンとは、無給で働かされたり、最低賃金を下回る給与分しか払われていない場合を指します。 結論、このブラックインターンは違法です。今回は、その理由と見分ける方法、そして日本で主流の短期インターンとの違いをご紹介します。
合格ノウハウ
倍率が高くても長期インターンに受かる人の特徴とは?
2021年10月26日
長期インターンの倍率は、5−10%程度と言われることが多いです。もちろん、企業によって倍率は違いますが、この狭き門を突破するにはどうすればよいか気になりますよね?そこで今回は、長期インターンの高い倍率でも合格するような人はどういう人なのかを解説していきます。
有給インターンについて
有給インターンとは?他のインターンとの比較やメリットを解説!
2021年10月24日
最近、大学生の間で広まりつつある、有給インターンとは。 給料を貰いながら、実務経験を積めることができ、一石二鳥なイメージが強いですが、メリットもあればデメリットもあります。 今回は有給インターンとはなんなのか、メリット・デメリットや給料についてを解説していきます。
求人特集
【完全図解】外コン・メガバンを相手に、データ作成/CSに取り組むインターンに迫る
2021年10月26日
SPEEDA・Excelを駆使して、外資コンサルやメガバンクの社員などを相手に仕事に取り組むコンサルインターンです。
おすすめ記事
長期インターン体験記
株式会社アーキベースの長期インターン体験記②
タイプ別おすすめ
エンジニアインターンを始めるまでの道のり
有給インターンについて
有給インターンの面接の服装はスーツ?それとも私服?
タイプ別おすすめ
不動産業界での長期インターンとは?仕事内容メリット・デメリットを徹底解説!
求人特集
【特集】マーケティングに興味ある方!ここから選べば間違いなし!
タイプ別おすすめ
口コミ評価の高いおすすめの長期インターン徹底解説!
人気の記事ランキング
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
合格ノウハウ
長期インターンの面接を対策!よくある質問5つと回答方法をご紹介!
初心者向けコンテンツ
長期インターンはいつから?迷ったら今すぐ始めるべき理由を徹底解説!!
就活関連
長期インターンはガクチカになる?メリットと伝わるガクチカを解説
こんな募集もいいかも?