2021年09月20日

長期インターンをするならベンチャーで!そのメリットとは?

応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

近年、長期インターン生を募集する企業が続々と増えてきています!


中でも、インターン開催が多く、募集人数も多いのがベンチャー企業の特徴です!


しかし、実際ベンチャー企業で働くってどんな感じなんだろう?と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は長期インターンへ参加したいと考えている方に、ベンチャー企業のインターンに参加するメリットとデメリットをご紹介します。


  • ■長期インターンとは
  • ・インターンとは
  • ・長期インターンと短期インターンの違い
  • ・長期インターンとアルバイトの違い
  • ■そもそもベンチャー企業って何?
  • ・ベンチャー企業に明確な定義は存在しない
  • ・ベンチャー企業で働くのは大変?
  • ・これからはベンチャー企業の時代
  • ■ベンチャー企業で長期インターンするメリット
  • ・裁量権が大きく挑戦できる環境に身をおける
  • ・独立や起業へ役立つ経験を積める
  • ・高い志を持った仲間と出会える
  • ■ベンチャー企業で長期インターンするデメリット
  • ・学業や部活との両立が大変
  • ・教育制度が整っていない
  • ・やりたい仕事以外も任される場合がある
  • ■ベンチャー企業で長期インターンをしている学生のリアルな感想
  • ・裁量は大きいが、その分慣れるまでに時間がかかる
  • ・遠慮はしなくて良い・能力に応じて仕事を任せられる
  • ・教育制度は整っていないが、質問には丁寧に答えてくれる
  • ■長期インターンを探している方へ
  • ・Voilとは
  • ・無料の長期インターン相談やってます


長期インターンとは


インターンとは

インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。
目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い

種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】


期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】


期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】
期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い

違いは主に3点あります。

1点目は【目的】
インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイト

は、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】
アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】
アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。


長期インターンの特徴・メリット・デメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。


【大学生なら知っておくべき】長期インターンとは?特徴、メリット、デメリットを徹底解説!!


そもそもベンチャー企業って何?


ベンチャー企業に明確な定義は存在しない

皆さんは、ベンチャー企業という言葉を聞いたとき、どのような企業を思い浮かべるでしょうか?


創業して間もない小さな会社でしょうか?それとも、大手企業ではない、すべての会社でしょうか?

答えはどちらでもありません。なぜなら、ベンチャー企業に明確な定義はないからです。


もともと、ベンチャー企業という言葉は和製英語であり、日本から生まれた言葉だそうです。


一般的には、独自の技術やアイデア活かし、事業を成長させていく会社という意味で捉えられています。したがって、必然的に会社の規模は小、中規模の場合が多いです。しかし、中にはメガベンチャー企業と呼ばれるような大企業なみに大きくなった会社も存在します。


大事なのは、ベンチャー企業とは、独自のアイデアや技術で事業を成長させている会社ということです。

ベンチャー企業で働くのは大変?

結論からいうと、ベンチャー企業で働くのは大変です。ベンチャー企業は成長過程の会社が多いため、やるべき仕事が山のようにあります。


また、資源も限られているため、いかに少ない資源で成長していくかが大事になります。

つまり、個人でカバーする範囲する業務が非常に多岐にわたり、自分で考えてやらなければいけないことがたくさんあるということです。

これからはベンチャー企業の時代に?

一個前の説明を受け、ベンチャー企業で働くのは大変そうだからやめようかな…と思われた方もいるのではないでしょうか。


しかし、これからはベンチャー企業の時代です。

なぜなら、世界が目まぐるしく変化していく中で、もはや今までの常識は常識ではなくなってきています。

今では当たり前のように使われている、iPhoneも、最初に登場したのは2007年です。


このように、テクノロジーの進歩によって人々の生活は変化し続けています。

だからこそ、これからの世の中では新しいアイデアや技術で世界に革新にもたらす、ベンチャー企業の時代と言えるでしょう。


ベンチャー企業で長期インターンするメリット


裁量権が大きく挑戦できる環境に身をおける

ベンチャー企業は、社員数が少ないことが多く、インターン生1人1人に対する裁量権が大きいです。

企業側はインターン生を戦力として採用する傾向にあるため、自分で課題を発見し解決するための仮説検証力や論理的思考力など、圧倒的なスキルが身に付きます。

何よりも、裁量が大きいと、働いていて楽しさややりがいに繋がります。

独立や起業へ役立つ経験を積める

ベンチャー企業では社員や経営陣との距離が近く、学生のうちから経営視点を身につけることができます。

起業を経験している経営者と一緒に仕事をすることで、起業のためのノウハウを吸収できます。仕事だけでなく、人生の考え方や価値観においても刺激を受けることは間違いなし!

経営者の近くで働ける長期インターンに興味がある人はこちら!

高い志を持った仲間と出会える

長期インターンに参加する学生の中でも、特に成長したいと思っている学生はベンチャーに集まる傾向が高いです。

志を高く持つ意識の高い学生と切磋琢磨できる環境に身を置くことで、自分自身をさらにスキルアップさせることができるでしょう。

ベンチャー企業で長期インターンするデメリット


学業や部活との両立が大変

インターン生は戦力としてみなされる場合が多く、シフトを多く提出するよう求められる場合もあります。

インターンを優先し、単位を落としてしまった、、という先輩も中にはいます。

学業や部活と両立できるか、という視点で長期インターンを探すことをおすすめします。

教育制度が整っていない

ベンチャー企業では詳細な業務マニュアルやフローが固まっておらず、教育制度が整っていないケースも少なくありません。

もし研修制度が整ったインターン企業を探したい場合、インターン受け入れ実績の豊富なベンチャー企業を見てみることをおすすめします。

未経験者でも入れる長期インターンの募集はこちら!

やりたい仕事以外も任される場合がある

ベンチャー企業は少人数規模で運営しているため、自分の専門分野以外の仕事も任されることがあります。

しかし、幅広いビジネス経験は多角的な視点が養われるだけでなく、将来における選択の幅を広げてくれます。

さまざまな実務経験を通して、たくさんのノウハウを蓄積することにより、飛躍的に成長できるでしょう。

ベンチャー企業で長期インターンをしている学生のリアルな感想




裁量は大きいが、その分慣れるまでに時間がかかる


「基本的に裁量が大きく、何より自由だったため非常に満足しています。全く指導が入ることがなく、自分のやりたいことは自分で全部調べ、自分で責任を取るスタイルだったので、社会人の仕事の臨み方を非常によく学ばさせていただきました。ただ、想像以上に放り投げられるので、慣れるまでに少し時間がかかりました。」


遠慮はしなくて良い・能力に応じて仕事を任せられる


「会社の業務フロー改善に社員さんと共に取り組んだり、マニュアルの作成をしたり、審査業務に携わらせていただいたりと、インターン生にも大きな裁量が与えられます。そのため、自分で考えて行動して会社をよくしていく、というベンチャー企業ならではの経験ができると思います。」


教育制度は整っていないが、質問には丁寧に答えてくれる


「制度として教育制度がきちんと整っているわけではないですが、自分から聞きにいったことは丁寧に教えてくれます。営業職のインターンですが、そこまで詰められるようなことはなく、質問はしやすい雰囲気です。」 もっと口コミを見たい方はこちら

長期インターンを探している方へ

Voilとは

Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!

無料の長期インターン相談やってます

500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください! 「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!

応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

コラムカテゴリーから選ぶ

関連する記事
初心者向けコンテンツ
長期インターンの気になる期間と勤務時間を徹底解説!
2021年09月20日
長期インターンはどのくらいの期間働く必要があるのでしょうか?継続して働く期間や、週の最低出勤日数は確認してから応募しないと合格できません。この記事では長期インターンに割くべき期間と時間に関する疑問を解決します。
お悩み相談
不安になるのはまだ早い。長期インターンが怖いと思う原因と対処方法
2021年09月20日
「長期インターンって就活に有利って聞くけど、自分にはスキルがなくて成果を出すことができなかったらどうしよう…」 そんな不安を抱えている大学生必見です! この記事を読むことで長期インターンに関する不安を解消して長期インターンに望むことができます!
長期インターン体験記
株式会社アーキベースの長期インターン体験記③
2021年09月19日
株式会社アーキベースの長期インターン体験記です。 今回はアーキベースのインターン生にインターン先の魅力や、インターンを始めたきっかけを聞いてみました! アポ取りから商談まで一貫して業務を体験したい方や、大学院生で長期インターンを探している方は必見の体験記です!
タイプ別おすすめ
文系学生が長期インターンをするべき理由とは?
2021年09月20日
文系学生の皆さん、長期インターンについて悩んだ経験はありませんか?今回は、文系学生の皆さんへ長期インターンをおすすめする4つの理由を徹底解説していきます!!
タイプ別おすすめ
理系だからこそ長期インターンを始めるべき。その理由とは
2021年09月20日
理系学生の皆さん、長期インターンについて悩んだ経験はありませんか?今回は、理系学生の皆さんへ長期インターンをおすすめする4つの理由を徹底解説していきます!!
初心者向けコンテンツ
英語力を活かした有給インターンの探し方を解説!
2021年09月20日
自分の英語力を活かした有給インターンシップがしたいけど、どうやって探せばよいか分からない。 皆さんは、このような悩みを抱えていませんか? 今回は長期・有給インターンシップの口コミサイトを運営するVoilが英語力を生かしたインターンシップの探し方を解説します!
おすすめ記事
タイプ別おすすめ
【愛知勢必見】愛知県で長期インターンを探したい方
就活関連
【必見】長期インターンを就活ネタにしたいあなたへ
初心者向けコンテンツ
英語力を活かした有給インターンの探し方を解説!
長期インターン体験記
株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)の長期インターン体験記②
長期インターン体験記
株式会社シードの長期インターン体験記
有給インターンについて
ベンチャー企業で有給インターンをするメリット・デメリットを解説!
こんな募集もいいかも?