記事のサムネイル

【実はタフ?エンタメ業界】有給インターンの難易度や実際の業務を解説!

 |  業界・職種特集
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【有給インターン エンタメ】そもそも有給インターンって何するの?




有給インターンに参加したいと考えている学生はいませんか。

今回は、有給インターンに興味を持っている人に向けて、エンタメ業界での有給インターンをご紹介します。

まずは、有給インターンがそもそもどんなインターンなのかを確認していきます。


報酬を得ながら就業体験を行う学生向けの長期インターンシップ


有給インターンとは、報酬を得ながら就業体験を行う学生向けの長期インターンを指します。

有給インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任されます。

そして、学生が行う仕事が労働とみなされ、企業から報酬をもらうことができます。



【有給インターン エンタメ】エンタメ業界の基本情報




有給インターンに参加したい人は、どの業界で働きたいか決まっていますか。

たくさんの業界から興味のある業界を絞れていない人もいるでしょう。

今回は、エンタメ業界での有給インターンについて解説していくので、ぜひエンタメ業界も視野に入れてもらえたら嬉しいです。

それでは、早速エンタメ業界の基本情報を見ていきます。


エンタメ業界のキーワードは「人を楽しませること」


エンタメ業界とは、映像やパフォーマンスなどから人を楽しませることを目的とする業界です。

たとえば、映画や音楽、ゲームなどが挙げられます。

エンタメ業界にはさまざまな事業がありますが、中でも最近はゲーム事業や動画配信事業の需要が高まってきています。


テレビや出版、レジャーなど幅広いジャンルが該当


エンタメ業界にはたくさんの業種があります。

たとえばですが、テレビや出版はもちろん、レジャーもエンタメ業界に属します。

ラジオやイベントなどもエンタメ業界の業種なので、幅が広いことが分かりますね。


時代の変化に伴いエンタメのあり方も少しずつ変化が


さまざまな業種があるエンタメ業界ですが、最近は時代の変化に伴って、VRやARなどが流行しており、Eスポーツ、サブスク型のゲームなどが浸透してきています。

エンタメ業界は流行の移り変わりが激しい業界と言えるので、マーケティングが重要になります。



【有給インターン エンタメ】インターン生の主な業務とは?




エンタメ業界に対するイメージは膨らんできましたか。

有給インターンでエンタメ業界で働きたい人もいるでしょう。

そこで、ここからは有給インターンで経験できるエンタメ業界の業務を見ていきます。


①コンテンツ制作


1つ目は、コンテンツ制作です。

コンテンツ制作では、サービスや作品の企画を行います。

他にない独創的なアイデアが求められます。

ですので、エンタメ業界でクリエイティブさを発揮したい人におすすめです。


②開発・エンジニア


2つ目は、開発・エンジニアです。

サービスや作品を制作するにあたり、システムの開発が欠かせません。

エンジニアは専門的な職種ですが、有給インターンで経験できる職種です。

エンタメ業界で流行に乗れるシステムを開発したい人は挑戦してみましょう。


③マーケティング


3つ目は、マーケティングです。

エンタメ業界は、流行りすたりの早い業界なので、流行を抑えられるマーケティングが鍵になります。

サービスや作品をどのようなルートで消費者に届けるのか、どの強みを売りにするのかなどマーケティングが重要になる場面がたくさんあります。

分析や企画などからサービスや作品の販売経路を考えたい人におすすめの職種です。



【有給インターン エンタメ】実情は難しい?インターン難易度は?




エンタメ業界で働きたいけれど、難易度が高そうだと不安になっている方もいると思います。

実際に、有給インターンでエンタメ業界で働くのは難しいのでしょうか。

ここからは有給インターンの難易度を見ていきましょう。


基本的にはベンチャー企業が多い


まず、エンタメ業界で有給インターンを実施している企業は、基本的にベンチャー企業が多いです。

エンタメ業界には大手企業ももちろんありますが、有給インターンを受け入れている企業はベンチャー企業がほとんどです。

なぜなら、立ち上げ時の企業が即戦力となる学生を求めているからです。

しかし、メガベンチャーであるサイバーエージェントやSHOWROOMなどでも有給インターンに参加できるチャンスはあります。


難易度はさまざま!対策をしてまずは応募してみよう


結論ですが、エンタメ業界での有給インターンの難易度は企業によってさまざまです。

しかし、有給インターンの選考は業界を問わず、倍率が高いと言われています。

そのため、選考対策が欠かせません。

「Voil」を活用して、選考対策を受けて、気になった企業には果敢に応募していきましょう。



【有給インターン エンタメ】エンタメ業界に向いている人はどんな人?




有給インターンでエンタメ業界に挑戦してみたいと思った学生がいると思います。

さまざまな業界があるので、どんな人がエンタメ業界に向いているのか知りたいと思います。

ここからは、エンタメ業界に向いている人の特徴を解説していきます。


①人を楽しませることが好きな人


1つ目は、人を楽しませることが好きな人です。

エンタメ業界の1番の目的は、サービスや作品を通して、人を楽しませることです。

そのため、自社のサービスや作品から人を楽しませたいという気持ちを持っている人に向いています。


②地道な作業が苦でない人


2つ目は、地道な作業が苦でない人です。

エンタメ業界はキラキラしているイメージがあるかもしれませんが、入稿前の確認や業者間での調整など割と地道なことが多いです。

そのため、エンタメ業界に入って、やりたいことと何か違ったというギャップを防ぐためにも、企業理解を深めることが重要になります。


③体力と精神力においてタフな人


3つ目は、体力と精神力がタフな人です。

エンタメ業界の業務では、締め切り前やリリース前にかなり忙しくなります。

そのため、有給インターン生でも社員と同様の成果を求められる企業であれば、体力と精神力が欠かせません。

このような環境で成長していきたい人にとっては、良い経験になることでしょう。



【有給インターン エンタメ】Voilなら無料で対策サポートが受けられます




今回は、有給インターンに興味を持っている学生に向けて、エンタメ業界での有給インターンをご紹介しました。

エンタメ業界のイメージは付きましたか。

エンタメ業界で有給インターンに参加したいと思った学生もいるでしょう。

そこで、最後に求人探しや選考対策が受けられるおすすめのサイトをご紹介します。


日本で唯一の有給/長期インターン口コミサイト「Voil」


おすすめのサイトは、日本で唯一の長期インターン口コミサイトである「Voil」です。

「Voil」は、長期インターン経験者の口コミを掲載しています。

そして、エージェントとして求人を紹介したり、選考対策も行ったりしています。


Voil活用法➀45分間の無料サポート面談


「Voil」を活用して、エンタメ業界の求人を探したい人は、まず45分間の無料サポート面談を受けましょう。

45分間の無料サポート面談では、自分に合った求人を教えてもらえます。

また、有給インターンに関する疑問や不安なことも相談できます。


Voil活用法②経験者の口コミを読んで理解を深める


さらに、「Voil」を活用したい人は、やはり企業の口コミを読むことをおすすめします。

有給インターン経験者の口コミには、リアルな声が掲載されているため、事前に知りたい情報が詰まっています。

企業理解を深めるためにも、応募前に口コミを読んでおきましょう。


Voil活用法③ES添削&面接対策で自信をつける


最後に、有給インターンの選考は倍率が高いと言われています。

そのため、「Voil」でES添削と面接対策を受けるのがおすすめです。

自分に合った企業で有給インターンに参加するために、選考対策を行って自信を付けましょう。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。

LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!




応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンについて
【メール例文あり】1dayインターンでやらかしてしまった!よくある例と対処法
就活関連
【なぜ長期インターンは就活に有利なのか】役立つ理由を解説
長期インターンについて
【長期インターン】成功するには1年生から?おすすめの開始時期を解説!
お悩み相談
【長期インターンでお金を稼いでいる人は知っておきたい!源泉徴収ってなに?】
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説