【感動をもたらしたい!】ブライダル業界での長期インターンとは?

<目次>
応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



ブライダル業界とは? 【長期インターン 入門編】




長期インターンをしたいと思っている人は、志望業界は決まっていますか。

決まっている人も、悩んでいる人もいると思います。

今回は、ブライダル業界について解説するので、ブライダル業界で長期インターンをしたいと思っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

まずは、そもそもブライダル業界がどういった業界について解説します。


文字のごとく、結婚式に関わる業界


ブライダル業界とは、簡単にいうと結婚式に関わる業界です。

結婚式の内容をお客様と相談し、結婚式を作り上げていきます。

ブライダルと聞くと女性というイメージがあると思いますが、ブライダル業界では男性も活躍しています。

結婚式という人生の節目に関わる仕事をしたい、華やかな仕事がしたいと思う人は、ぜひブライダル業界も検討してみてください。


大変だが、やりがいを非常に感じられるお仕事


さて、ブライダル業界での仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

結婚式に関わる仕事と一言でいうことができますが、仕事の幅はとても広いです。

結婚式はお客様と長い時間をかけて作り上げていくものなので、体力的にも大変なことも多いですが、その分やりがいを非常に感じられる仕事と言えます。

そのため、変化を楽しみながら、より良いものを作ろうとする仕事に携わりたい方に向いている仕事でしょう。


資格がなくても活躍できる職種多数!


結婚式を作ることが仕事だと聞くと、専門的なイメージがあると思います。

しかし、ブライダル業界には特別な資格がなくても活躍できる職種が多数あります。

もちろん、専門的なスキルが必要な仕事もありますが、仕事をしながら知識やスキルを身に付けることが可能です。

ブライダル業界に興味のある人は、ぜひ今持っているスキルにとらわれず、長期インターンに参加してみましょう。



ブライダル業界とは?【長期インターン トレンド編】




ここまでの解説でブライダル業界がどういった業界か理解できましたか。

結婚式が身近なものでない学生にとって、ブライダル業界は具体的なイメージが付きにくいかもしれません。

そこで、最新のブライダル業界について理解を深めるべく、トレンドワードを確認していきたいと思います。


リゾート地での挙式がだんだんメジャーに


まず、結婚式はリゾート地で行うことがメジャーになっています。

結婚式は人生でとても大きな行事です。

なので、結婚式でないと訪れないような場所や、特別な思い出にしたい場所で結婚式を上げる人が多いです。

また、結婚式には家族や友人などたくさんの人を招待するため、参加者にも楽しんでもらえる場所を選びます。

したがって、結婚式感を味わえたり、非日常を感じられるリゾート地が人気です。


コロナ禍で「オンライン挙式」サービスが続々誕生


続いて、結婚式の在り方が新型コロナウイルスの影響によって変わってきています。

やはり、新型コロナウイルスを考えると大勢で集まることは難しいです。

そのため、「オンライン挙式」というサービスが続々と誕生してきています。

「オンライン挙式」とは遠方に住む家族や友人がオンライン上で結婚式に参加することを指します。

会場に行って参加できたいという悲しさはありますが、遠方でも気軽に参加できることや、人混みを気にせずに参加できるというメリットがあります。

また、仕事を休まなくても参加できることもあるため、従来と比較して参加してくれる人が増えるでしょう。



ブライダル業界とは?【長期インターン 職種編】




ブライダル業界に興味を持ってきた方もいると思います。

ここからは、ブライダル業界での長期インターンについて見ていきましょう。

先ほど述べたようにブライダル業界には特別な資格が無くても活躍できる職種がたくさんあります。


ウェディングプランナー


1つ目は、ウェディングプランナーです。

ウェディングプランナーは、その名の通り、結婚式を企画する人を指します。

この職種は経験とスキルが必要なため、長期インターンでは1人で仕事をすることは難しいです。

なので、アシスタントとしての職務がほとんどになります。


サービススタッフ


2つ目は、サービススタッフです。

サービススタッフは、結婚式に関わるさまざまな仕事を担当するため、仕事の幅が広いです。

具体的には、結婚式の準備をしたり、披露宴で料理を運んだりといった仕事があります。

サービススタッフもウェディングプランナーと同様に、長期インターンではほとんどがアシスタントとして働くことになります。


カメラマン


3つ目は、カメラマンです。

カメラマンは、披露宴での撮影を行います。

カメラマンも経験とスキルが必要になるため、長期インターンではアシスタントとして働くことが一般的です。

カメラが趣味の方、将来カメラマンとして活躍したい方は、ぜひ長期インターンでカメラマンを経験してみてください。



ブライダル業界とは?【長期インターン 魅力編】