記事のサムネイル

【5分でまるわかり】長期インターンシップの期間はどのくらい?

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



長期インターンとは?




長期インターンを始めたいなと思っても、長期インターンがどのようなものか詳しくは分からないですよね。

長期インターンの経験者は少ないので、周りにも聞ける人が少ないと思います。

そこで、まずは長期インターンがどういったものかを確認していきます。


学生にキャリアについて考えるきっかけを提供する職業体験


長期インターンとは、簡単にいうと学生ができる職業体験です。

なかでも、就職を考えている学生が、キャリアについて考えるきっかけであったり、仕事の向き不向きを知ったりする機会になります。

志望の業界や職種で、仕事を体験したい人や、気になる会社がある人はぜひ長期インターンをしてみましょう。

また、志望がなくても、働くとはどういうことかを具体化するためにも、ぜひ長期インターンに参加することをおすすめします。



長期インターンシップで働く学生はどれくらいの期間働くの?




長期インターンを始めたいと思っている人も多いと思いますが、長期インターンで働く学生は、どのくらいの期間働くのでしょうか。

他の長期インターン生の働く時間も参考にして、ぜひ自分の働く期間も考えてみましょう。


長期インターンシップの最低勤務期間は3ヶ月


多くの長期インターンでは、勤務期間が最低3ヶ月です。

長期インターンの求人を見ても、3ヶ月~というところが多いでしょう。

そのため、長期インターン生の大半は、3ヶ月以上働きます。

なぜなら、長期インターンでは社員と同様の仕事を行うため、最低3ヶ月はないと実務に必要なスキルや知識を身に着けられないからです。

仕事ができるだけの最低限のスキルを身に着けたい方は、3ヶ月間働くことをおすすめします。


長期インターンシップの平均勤務期間は半年(6ヶ月)以上


長期インターンの平均勤務期間は半年です。

長期インターンを実施している企業も、勤務期間として半年以上を推奨していることが多いです。

なぜなら、半年間働くと実務に活かせるスキルが身に付き、1人でやれる仕事も増えるからです。

そのため、やってみたいことにも挑戦できる可能性が高くなり、長期インターンでの経験値が上がるでしょう。

また、半年の長期インターンは、休学もしやすく、まとまった時間を作り出しやすい期間です。

ただし、半年間働いたスキルや知識では責任の大きな仕事を任せてもらえない可能性もあるので、長期インターンで成長したい人は、ぜひ1年間働くことをおすすめします。


長期インターンシップの推奨勤務期間は1年以上


長期インターンの推奨勤務期間は1年以上となっています。

それは、長期インターンの経験を次に繋げられるようになるために必要な期間と言えるからです。

半年間では、専門性が高いスキルを身に着けたり、実績を積んだりすることは難しいです。

そのため、長期インターンの経験を、キャリアアップや就職に活かしていくには、1年間以上働くことをおすすめします。

しかし、学生が1年間長期インターンをする時間を作ることは難しいこともあるでしょう。

そのため、1年間の長期インターンをする人は、ぜひ休学も視野に入れてみてください。



【期間別】長期インターンシップのメリットとは?




さて、長期インターンの勤務期間を見てきました。

それぞれの期間によって、できることや身に付くことが異なります。

期間ごとによって、メリットがあるので、ぜひ自分に合った期間で長期インターンに参加しましょう。


3カ月~半年


まず、長期インターンに3ヶ月~半年参加する場合です。

勤務期間は短いですが、業界の雰囲気を知れたり、会社で働くために最低限必要なスキルは身に着けたりできます。

そのため、興味のある業界があったり、会社の雰囲気を知りたい人に向いている期間でしょう。

また、勤務期間が短いと他の長期インターンに参加する時間も取れるので、業界が定まっていない人は、本当に興味のある業界を知るために、複数の長期インターンに参加することもおすすめです。

企業研究をしたい人、向いている業界や仕事を探したい人は、ぜひ3ヶ月~半年の期間長期インターンを続けてみましょう。

しかし、「長期インターンで実績があります」を言いたい人は、もう少し長い期間長期インターンに参加する必要があります。


半年~1年


続いて、半年~1年長期インターンを続けた場合です。

この期間勤務すると仕事に必要な最低限の知識に加えて、業界の特徴やその業界内で通用するスキルを身に着けることができます。

さらに、信頼関係を構築することで長期インターン生ながらに1人で仕事を任せてもらえる可能性もあります。

ただし、半年間の長期インターンで得られるものは微々たるものです。

なので、長期インターン経験があると胸を張って言えるよう、半年以上継続することをおすすめします。


1年以上


最後に、長期インターンを1年以上続けた場合です。

1年以上の長期インターンでは、アルバイトの代わりとしてお金を稼ぐだけでなく、社会人経験をいち早く積むことができます。

社内の人だけでなく、社外の人や幹部、人事の人と関わることも増えるため、会社のことをより理解できます。

また、人事の人との交流があると、採用試験や面接などでも落ち着いて望むことができるようになります。

長期インターン先での就職を考えている人や、就活でアピールできるレベルのスキルを身に着けたい人は、ぜひ1年以上働くことをおすすめします。



長期インターンシップを始めるには?~Voil応募の流れ~




長期インターンを始めようと思っても、求人探しが大変ですよね。

そこで、最後にVoilでの応募の流れをご紹介します。

求人探しで困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。


ステップ➀45分間の無料サポート面談


最初に、45分間の無料サポート面談を受けましょう。

長期インターンへの疑問の解決や、自分に合った長期インターン先の紹介をしてもらえます。

また、気になる長期インターンがあれば、選考のポイントなども聞けます。

長期インターン探しが初めての人は、気軽に相談できるので、ぜひ面談を受けてみてください。

長期インターン経験者でも、より自分に合った長期インターンを見つけるべく無料サポート面談を活用してみましょう。


ステップ②面談後、気になる企業へESを提出


面談を受けたら、気になる企業にESを提出します。

ESを初めて書く人は、ぜひ無料サポート面談の際にESの書き方も相談してみましょう。

また、企業ごとに特殊な質問がある場合もあるので、そのような場合はぜひその企業の長期インターンに参加したことのある人の話を聞いてみることをおすすめします。


ステップ③ES提出後、人事の方との面接


ESを提出し終わったら、いよいよ人事の方と面接です。

面接は回数を重ねることで、慣れていくので、ぜひ面接対策や練習を受けて慣れることから始めましょう。

また、長期インターンの面接はある程度質問が予測できるので、伝えたいことをまとめておくことをおすすめします。


ステップ④2週間以内に合否


最後、面接後2週間以内に合否連絡が来ます。

合格だった方は、長期インターンの目的が達成できるように頑張ってください。

不合格だった場合は、次にESを出したい企業を探しましょう。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!

面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!

職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!

応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
関連するコラム
就活関連
就活関連
2022年07月30日
【2024年卒必見】サマーインターンとは?目的や参加メリットを徹底解説!
今回はサマーインターンに参加するうえでの4つの目的とメリットについて徹底解説していきます!
就活関連
有給インターンについて
有給インターンについて
2021年08月17日
有給インターンを探すなら東京で!探し方から注意事項まで解説!
この記事を見ている皆さんは東京で有給インターンを始めたいが、どこから探せば良いか分からない方が多いでしょう。 自分で起業を目指しており、その際に役に立つ経験を有給インターンで得たい人もいれば、働くことのイメージがわかないので、バイトの代わりにインターンを始めたいという人もいるでしょう。 この記事では有給インターンを探すなら、なぜ東京が良いか。そして、どのように探せばよいかを解説していきます。
有給インターンについて
タイプ別おすすめ
タイプ別おすすめ
2021年06月29日
外資系内定を目指す人に長期インターンをおすすめする理由とは?
この記事を読んでくれている皆さんはおそらく ・外資系に内定したく、そのために長期インターンを始めようとしている人 ・外資系の長期インターンを探している人 なのではないでしょうか。 そこで、今回は外資系の長期インターンのコツと、そもそも外資系内定と長期インターンの関係について解説していきます!
タイプ別おすすめ
タイプ別おすすめ
タイプ別おすすめ
2021年06月29日
地方学生が長期インターンをするメリット・デメリットと、探し方について解説!
この記事を読んでいる皆さんはきっと、地方に住んでいて、長期インターンについて疑問がたくさんあると思います。 実際、今の長期インターンは、東京に集中しており、地方の学生が長期インターンを探すのはとても大変です。
タイプ別おすすめ
おすすめ記事
有給インターンについて
【有給インターン初心者必見!】有給インターンに必要なスキルとは?
長期インターン体験記
株式会社リアステージの長期インターン体験記
業界・職種特集
【法人向け(BtoB)編】食品業界の長期インターンとは?
合格ノウハウ
【忘れがち】長期インターンの面接に受からない原因はココにあった!
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説