記事のサムネイル

【意外と知らない】良い長期インターン先の選び方には順番が大事!

 |  合格ノウハウ
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンの選び方がわからない

という悩みを抱えた皆さん。

実はそれは選び方がわからないのではなく、選ぶ基準が定まっていないからではありませんか?

長期インターンは最低でも3ヶ月以上の勤務が条件の場所が多いです。

そのため、慎重に選びたいという方も多いと思います。

そこで今回は口コミ件数日本一の長期インターン口コミサイトVoilを運営しているメンバーが、知っておくべき長期インターンの選び方について解説します!


【平均学生満足度4.4/5.0】満足度の高い厳選求人はこちら


長期インターンとは



インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】
期間:1日 内容:企業理解


2点目は【短期インターン】
期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう


3点目は【長期インターン】
期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】
インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】
アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】
アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。


失敗する長期インターンの選び方



まず始めに、失敗する長期インターンの選び方を学びましょう。


「いやいや、失敗する選び方知って、どーすんねん。」と思った方もいるかもしれません。

しかし、最初に典型的な失敗の例を見ることで、やってはいけない選び方を学ぶことができます。
そして意外にも、無意識のうちに失敗しやすい長期インターンの選び方をしてしまう人は多いです。

だからこそ、最初に失敗する選び方を学び、こうしちゃ駄目なんだと意識することで、必然的に良いインターン先を選びことができるというわけです。
では、早速みていきましょう。

なんとなく長期インターンをしたいと考える


ありがちなのが、どこでも良いからとりあえず長期インターンを探してみようとすることです。

先程もお伝えしたとおり、長期インターンは3ヶ月以上の勤務が最低条件の場合が多いです。
1年の4分の1を費やすことになるので、適当に選んでしまうのはおすすめしません。理由は主に2つあります。

1つ目は、なんとなく選んだだけでは、選考で確実に落ちるからです。
採用する企業側も、学生であれば誰でも良いというわけではありません。
お金を払って学生を採用するわけなので、じっくり選考してから学生を雇うケースがほとんどです。


2つ目は、長期インターンにも当たり外れがあるからです。
特に選考のない長期インターンなどは、気をつけた方が良いでしょう。学生を都合の良い労働力として捉えている企業も中にはあります。

このように、長期インターンを探す前に知っておいた方が良いことを確認したい場合はこちらの記事を御覧ください。


【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!


貴重な大学生活を無駄にしないためにも、まずは長期インターンシップを始める理由を考えるところから始めましょう。


勤務日数や、勤務条件を一番に考える


長期インターンシップを選ぶ際に、一番最初に勤務日数や、勤務条件から選ぶのはあまりおすすめできません。

なぜなら、時給や、勤務日数だけで言えば、バイトの方が確実に良いからです。

時給だけを見れば、バイトの方が良いケースが多いです。
理由としては、あくまで長期インターンは経験を積むものという認識が強いからです。

しかし、長期インターンでも経験を積めば積むほど、時給が上がるものもあります。
結果が認められば、バイトよりも遥かに稼ぐことはできますが、最初から時給の高いものを求めるのは厳しいでしょう。

また、長期インターンでは、最低でも週2回、ほとんどの場合は週3回以上のコミットが求められます。

これは、あなたも社員さんと同じように責任を持って仕事をすることを求められているからです。
仮に、出勤日数が少ないものがあったとしても、仕事をする以上、結果が求められていることには間違いありません。

このように、長期インターンは思っているより大変です。

そのため、勤務日数や、勤務条件を1番に選んでしまうと、長続きしません。


長期インターンを始める際は、生半可な気持ちではなく、覚悟を持って取り組む必要があります。

良い長期インターン先を選ぶステップ4つ




さて、失敗する長期インターンの選び方を学んだので、ここから本題に入りましょう。
良い長期インターンを選ぶには、選ぶためのステップがあります。具体的には、


1.長期インターンをする理由を考える
2.目的に合致している長期インターンを探す
3.勤務日数や、時給の確認
4.実際に働いている人の口コミを確認

です。

ここで大事なのは、このステップの順番に進めることです。


一つ一つステップを踏んでいかないと、途中で軸がぶれてしまい、結局どのインターンが自分に適しているのかがはっきりしなくなるからです。

例えば、3番の「勤務日数や、時給の確認」から始めてしまっては、まさに先程説明した失敗する長期インターンの選び方の典型の例になってしまいます。

大事なことなので、繰り返し言いますが、このステップの順番で進めてください。

ここからは、それぞれのステップについて細かく解説していきます。


長期インターンをする理由を考える


まず、最初のステップは長期インターンをなぜするのかを考えることです。
長期インターンシップを選ぶ上で、実はこれが一番重要です。

なぜなら、長期インターンシップと一概に言っても、業務内容やできることは企業によって、全然違うからです

まずはなんで長期インターンシップをするのか、その目的を問い直しましょう。
もし、目的が見つからないという人は、こちらからまずは良い目的設定の仕方を学んでみてはいかがでしょうか。


長期インターンの目的設定をしたい人はこちら


目的に合致している長期インターンを探す


次に、上の理由が明確になったら、その目的を達成できるような長期インターン先を探します。

探すときのコツとしては、業界や、職種を絞ることです。

例えば、この記事を書いている筆者の場合、
「大学生にもっと長期インターンの良さを知ってもらいたい。」
「どうすればもっとみんなが長期インターンを知ってもらえるだろうか。」

といったことを考えていたため、長期インターンサイトを運営しており、皆さんに直接良さを伝えられるような記事を書くことができるライターという職種を選びました。

ここまではっきりと決まっている必要はありません。
少なくとも業界や職種のどちらかは、目的を決めた時点で決まると思います。

逆に決まらない場合は目的の設定の仕方が良くないケースが考えられます。

その場合は、まずは一度、詳しい人に相談してみることをおすすめします。


長期インターンについて相談したい方はこちら

勤務日数や、時給を確認する


目的に合致している長期インターンシップを見つけたら、次に時給や勤務日数を確認します。

大学の授業やサークル等の関係で、勤務日数をあまり増やせないと言う場合もあると思います。
しかし、先程お伝えしたように、最低でも週15時間は入れるのが望ましい状態です。

また、時給は最低賃金の場合が多いです。
長期インターンはあくまでも経験を学ぶ場として、お金に関してはあまり重きを置かないほうが良いでしょう。



経験者の口コミを確認する


最後に、実際に長期インターンをしている人の口コミを確認しましょう。

どんなに自分にあっているなと思う求人でも、求人内容と実際の実務内容が違うという場合は稀にあります。
可能であれば、その企業で実際に長期インターンをしている人のリアルな声を聞いてみましょう。


Voilは唯一の長期インターン口コミサイトなので、自分の行きたい企業の口コミを是非検索してみましょう!


Voilで長期インターンのリアルな口コミをみてみる


長期インターンを探している方へ



Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
関連するコラム
長期インターンについて
長期インターンについて
2021年12月20日
【徹底比較】長期インターンとアルバイトは何が違うの?
今回は長期インターンとアルバイトの違いについて「概要」「業務」「求められる人材」「採用難易度」「得られるスキル」5つの視点から解説していきます。
長期インターンについて
長期インターン体験記
長期インターン体験記
2021年09月16日
株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)の長期インターン体験記③
株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)の長期インターン体験記です。 今回はJCCのインターン生にインターン先の魅力や、インターンを始めたきっかけを聞いてみました! 自分を試したい方や、将来起業を考えており、ファイナンスを勉強したい方におすすめの記事です!
長期インターン体験記
タイプ別おすすめ
タイプ別おすすめ
2021年01月19日
理系だからこそ長期インターンを始めるべき。その理由とは
理系学生の皆さん、長期インターンについて悩んだ経験はありませんか?今回は、理系学生の皆さんへ長期インターンをおすすめする4つの理由を徹底解説していきます!!
タイプ別おすすめ
初心者向けコンテンツ
初心者向けコンテンツ
2021年01月16日
【リアルなクチコミから学ぶ】長期インターンのメリット6選・デメリット3選
長期インターンをやったことが無い方にとっては実際どんなメリット・デメリットがあるかわからず、始めるのが不安という方もいると思います。 そこで今日は、長期インターンを2年に渡り4社経験してきた佐藤が感じた長期インターンのメリット、デメリットをお話しします。
初心者向けコンテンツ
おすすめ記事
長期インターン体験記
株式会社Flamersの長期インターン体験記
タイプ別おすすめ
【愛知勢必見】愛知県で長期インターンを探したい方
長期インターン体験記
株式会社アーキベースの長期インターン体験記②
業界・職種特集
【感動をもたらしたい!】ブライダル業界での長期インターンとは?
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説