記事のサムネイル

長期インターンの面接・出勤時の服装を徹底的に解説!

 |  合格ノウハウ
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンの無料相談実施中!長期インターンを探している人はこちら


初めての長期インターンの面接では、どんな服装で面接に望めばよいかわからない場合も多いと思います。


そこで、今回は長期インターンの口コミサイトVoilが、面接時の服装について、解説していきます!


長期インターンの服装は企業毎に違う



ベンチャー企業と大手企業で違う


長期インターンはアルバイトとは異なり、組織に所属し正社員と同じように実務に関わって就業します。


そのため自分の好きな服装で、(いつも自分の服装はジャージなのでジャージを着用したり、ミニスカートが好きだからミニスカートを履いていくなど)自由に出勤するのは好ましくありません。

節度をもったビジネスのシーンにふさわしい服装で出勤することが求められます。


基本的に長期インターンにおける服装については、スーツ着用かビジネスカジュアルな私服で出勤することが一般的です。


しかし出勤時の服装については、インターン先の企業や業界の風土によってもかなり違いがあります。


例えば従業員の少ない中小企業やベンチャー企業では、スーツよりも私服での出勤が推奨される場合があります。


特にベンチャー企業においては、どんどん新しいことに挑戦しながらスピード感を持って事業を成長させていくといった傾向が強く、このような特徴も相まってベンチャー企業の社風は大手企業などと比べて比較的自由であることが多いです。


それにより、服装についてもスーツの着用が必須と決められていることよりも、ビジネスカジュアルなどある程度の自由を効かせられる私服での出勤を認めていることが多いのです。


またベンチャー企業の多くはIT系の事業に関連しており、プログラマーやエンジニアといった職種のためにお客様と会う機会が少ない事も私服出勤が多い理由のひとつとなっています。


職種によっても違う


インターン先の企業によって出勤時の服装が異なるように、職種によっても求められる服装は異なります。


出勤する際にスーツが必須なのか私服で良いのか、さらに私服OKの中でさえも違いはあります。


一般的にスーツを着て出勤する職種としてあげられるのは営業職です。他にもコンサル職や銀行などの金融関係の場合もスーツ着用が基本となります。

このスーツ着用が基本となる職種の特徴はお客様と直接会って仕事をするという点です。
直接会ったお客様にとっては自分が企業の顔であり代表なので、誰に見られても失礼のない格好をすることが求められます。


またビジネスマンにとって第一印象はとても重要なもので信頼感にも繋がります。
そのため自由が効いて個性を出しやすい私服よりも、スーツのようなきっちりとした印象を与えられる格好が好まれるのです。


そしてスーツ着用が必須ではなく、ビジネスカジュアルなどの私服での出勤が多い職種もあります。例えばプログラマーやエンジニア、デザイナー、マーケター職、企画職、内勤の営業、事務などです。


先ほどのスーツ着用の職種と異なる点は、オフィス内であってもお客様と直接会って仕事をする機会がほとんどないということがいえます。


一方アパレルなど華やかさが求められる職種においては、センスを活かした私服のコーディネートが求められるため、ビジネスカジュアルとは異なり比較的華やかなアイテムでも許容されやすいのが特徴です。


わからない場合は聞いてみよう


企業や職種によって、求められる長期インターンの出勤時における服装が異なる事もわかりました。

出勤時の服装がスーツ指定だとわかっていればスーツを着ていけば良いです。


もし指定がなければ基本的に初日はスーツで出勤し、周りが私服だった場合は後日周りの人に合わせた服装を選べば問題無いです。


指定はないけれどもスーツで行ったら浮いてしまう可能性が高く、自分のインターン先の服装の検討が付かないといった場合は、インターン先の企業に合わせた服装にしましょう。

例えば私服OKの企業を比べた場合、それぞれの企業で私服とされるラインは様々です。なかには同じ企業内でも職種の違いによって、ジャケットの有無にもバラつきがある企業もあります。


また、スーツが一般的だと言われている営業職の中でもビジネスカジュアルで良い企業があったり、お客様と直接お会いする職種でなくてもスーツ着用を求める企業もあります。


良くわかっていないけれども私服でOKだと聞き、自分が持つ私服のイメージだけで選んだ服装だと、場合によっては周りの方の私服と大きく差が出てしまうかもしれません。

もしくは思った以上に自分だけがラフすぎる格好で出勤していたがために、気まずい思いをしたり周りの社員の方に良くない印象を与えてしまう可能性もあります。


何を着ていけば良いのかイメージを掴めていない、わからない場合はすでに働いている周りの方の服装を参考にして選ぶと良いです。
周りの人の服装は、オフィス訪問時や求人サイト、企業のホームページなどで知ることができます。


長期インターン面接時の服装は?



わからない場合は面接前に連絡してみる


面接を受ける際にも服装に悩むことがありますよね。


基本的には面接時の服装はスーツか私服のどちらかであることが多いです。
おおむね面接案内時のメールや書類などに、服装についての記載があるのでまずはそういった案内を確認をしましょう。

「スーツでお越しください」と明確に書かれていればスーツを着て面接に向かいます。


しかし「私服可」や「私服OK」「私服でお越しください」など私服が関連すると、本当に私服で行ってもいいの?私服ってどんな服装?といった具合に悩んでしまうことがたびたびあります。


私服でも構わないとしている企業なのであれば、スーツと私服のどちらでも自分の着やすい方で構いません。

一方で「私服でお越しください」とわざわざ私服を指定している企業であれば、スーツではなくきれいめの私服で面接に挑むのが無難です。


なんとなくスーツの方が安心感がある、本当に私服で参加している人なんていないのでは、と不安になった結果スーツで面接に向かってしまう方も少なからずいます。

ですが「私服で」とあえて指定されているにも関わらずスーツで参加してしまうことで、企業側の意図を汲み取れていない学生だと判断されてしまう可能性が出てきてしまいます。


万が一面接時の服装についてスーツや私服の記載が特になく、何を着ていけば良いのか判断がつかずわからない場合は、余裕を持って面接前に担当の方にメールで確認しておきましょう。


私服OKの場合も派手なものは控える


面接時の服装は私服でOKだと言われた場合であっても、ビジネスの場に相応しい清潔感のある服装を心がけましょう。

インターンシップの面接もビジネスの場です。

この場合の「私服」はいわゆるビジネスカジュアルを指しています。

ビジネスカジュアルとはスーツと同様に、お客様と会うにあたり失礼のない格好といえます。

そのため面接時の服装として私服がOKであっても、普段着ているような「普段着」は望ましくありません。

友達と遊びに行くようなジーンズにパーカー、スニーカーにキャップといった格好は選ばないようにしましょう。

たとえジーンズ着用が大丈夫な企業であっても、ダメージやウォッシュ加工がほどこされているラフ過ぎるものはNGです。
私服OKの面接時の場合の服装として、例えば男性の場合、襟付きのシンプルな明るいシャツにチノパンやスラックス、足元は革靴といった服装が無難です。

女性はシンプルなシャツやブラウス、カットソーといったトップスに、シルエットの緩くないスカートやパンツ、足元は低めのパンプスが一般的です。向かうのは面接ですから、男女ともにジャケットの用意はしておきましょう。


ジャケットも柄物のような派手なデザインではなく、ブラックやグレー、ネイビーなど落ち着いたカラーが好ましいです。

また複数のピアスや過剰なデザインのアクセサリー類は外しておき、半ズボンにミニスカート、サンダルといった肌を露出した装いも控えます。

私服で面接に臨む場合はシンプルで清潔感があり、面接時の服装でもお客様に会えるような格好を目指すと良いですね。


長期インターンを探している方へ



Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
関連するコラム
長期インターン体験記
長期インターン体験記
2021年07月22日
ブルーマーリンパートナーズ株式会社の長期インターン体験記
ブルーマーリンパートナーズ株式会社の長期インターン体験記です。 今回はブルーマーリンパートナーズのインターン生にインターン先の魅力や、インターンを始めたきっかけを聞いてみました! 経営コンサル志望の学生や、経済や金融を学んでいて、実践で活かしたい学生はぜひ一度読んでみてください!
長期インターン体験記
お悩み相談
お悩み相談
2021年09月23日
【春休み】長期インターンを始めたいあなたへ
就活を控えた3年生の春、長期インターンをそろそろ始めた方が良いのかな…なんて思う方もいるのではないでしょうか。 実際、就活において長期インターン経験はうまく活用すれば大きなメリットとなります。 今回は具体的にどのようなメリットがあるのか、有給インターンを始める前にやるべきことをご紹介します。
お悩み相談
お悩み相談
お悩み相談
2022年01月23日
【就活生必読】長期インターンは就活準備するうえで本当に有利なの?!
今回の記事は「長期インターンは就活に有利になるのか?!」徹底解剖していきます!
お悩み相談
求人特集
求人特集
2022年05月25日
【エンジニア志望者必見】関東エリアの長期インターン企業一覧!
エンジニアを目指す方大注目!今回は関東エリアの長期インターン企業をご紹介していきます!
求人特集
おすすめ記事
合格ノウハウ
【意外と知らない】良い長期インターン先の選び方には順番が大事!
業界・職種特集
【5分で解説!】商社業界の長期インターンとは?
長期インターンについて
【周りと差をつけたい!プログラミング長期インターンとは?】
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説