2021年05月08日

【忘れがち】長期インターンの面接に受からない原因はココにあった!

「長期インターン始めたいけど、面接に受からない。」

「初めての面接で受かる自信がない。」

といった悩みを抱えているみなさん。今日はそんな悩みを持った皆さんに実際に倍率20倍の長期インターンに受かった筆者が長期インターンに合格するノウハウを解説します。


長期インターンとは



インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。

長期インターンについてさらに詳しく知りたい人はこちら!


【面接前】自分にあった企業を受けているか



志望動機は明確に


まず、大前提ですが、応募する企業が本当に自分にあったインターン先なのかを再検討しましょう。長期インターンといっても業界から職種まで幅広くあります。その中で、自分がなぜその企業を選んだのかを説明できずに合格するのは厳しいでしょう。

まずは、自分がなぜそのインターンが良いのかを考え直し、言葉に落としてみましょう。


長期インターン先選びならVoilにおまかせ


「志望動機を明確にする」とはいっても、自分の長所なんてわからないし、やりたいことなんてわからないという皆さんも中にはいるのではないでしょうか。Voilは長期インターンに興味がある皆さんと面談を行い、一人ひとりにあったインターン先をご紹介します。もし、上記のような悩みをお持ちの学生はVoilで一度、面談をしてみてはいかがでしょうか。

長期インターンを探すならVoil!!


【面接準備1】企業目線で考えられているか



志望動機が明確になったら次は企業目線で考えることを意識しましょう。企業側が考えるのは、インターン生がその企業にとってどのような価値を見出してくれるかです。

自分が企業の採用担当者になることをイメージしてください。企業について何も知らない学生を取りたいとは思いませんよね?今日は皆さんが企業目線で考える際に、押さえておきたい点をいくつかご紹介します。


企業のミッション・ビジョン・バリューを確認する


これは意外と知られていないのですが、この3つは必ず押さえておきましょう。なぜ大事かというと、これがその企業の原点だからです。このミッションやビジョンなくして新しい企業は生まれません。その企業がどのような企業なのか、そしてどのような世界を目指しているのかを知ることで、その企業の世界観を知ることができます。

基本的には企業のホームページに3つすべて書いてあります。暗唱できるくらいのレベルまで頭に入れておければ、完璧です。


業務内容に自分が適していることを伝える


皆さんは業務内容(募集要項)をどこまで細かく見ているでしょうか。この質問をするということは、お気づきの通り業務内容は選考において非常に重要です。募集要項に書かれていることは企業が欲しい人材についてです。

やる気のある学生募集中!と書いてあるのにお金のためならなんでもやります!と言っても企業には全然良さが伝わりません。自分がその企業にとっていかに適任かを伝える必要があります。例えば、ライターを採用する際に実際に自分でブログを書いている人と、書いてない人ではどちらをとりたくなるでしょう?当然書いている人を取りたくなりますよね。

実際に経験した実績があると企業側にとって非常に魅力的な存在になります。もしどうしても入りたいインターンがある場合は予め自分でやってみると良いのではないでしょうか。


事業内容を細かいところまで確認する


企業の業務内容を確認するところまでは多くの学生がしていると思いますが、それに加えてホームページから最近の企業の動向や、過去の実績をサラッと面接で出せると強いです。企業側はよく調べてくれていることに関心するでしょう。加えて、話の内容が必然的にその企業の内容になるので、詳しい話を聞くことができます。

募集要項と事業内容を照らし合わせ、その企業ではどんな事業をやるのかを自分なりに考えられれば、ベストです。例えば、Voilで働きたいなと思った場合、業務内容に「学生との面談」がありますが、Flamersの企業ホームページを見てみると、「ワクワク」という言葉が頻繁に使われています。それを踏まえて、「学生一人ひとりがワクワクできるようなインターンを紹介してあげることが大事だと思うんです。」と自分なりに考察できると素晴らしいですね。


【面接準備2】やる気を見せられているか



企業はなぜ長期インターンで学生を雇うのでしょうか。それは、優秀な人材を獲得して、囲い込みたいからです。言い換えると、若さと柔軟さを兼ね備え、なによりやる気がある学生を戦力として獲得するためです。では、どうやってやる気を見せるのか、今日は具体的に3つご紹介いたします。


返事の速さで勝負せよ


友達と集合の約束で、多少遅刻することはあっても、それと同じノリで面接に遅刻するのは厳禁です。長期インターンは主にベンチャー企業が募集していることが多いですが、ベンチャー企業の社員さんはとても忙しいです。その貴重な時間を面接の時間にさいているので、1分でも遅刻したらその時点でアウトです。そのメリハリはしっかりと付けておきましょう。

また、友人とのLINEのやり取りは、多少返事が遅くても成り立っていることもあると思いますが、企業とのやり取りは基本的に早ければ早いほうが良いです。後で返せばいいや、ではなく来たらすぐ返すことをできるだけ心がけましょう。


因果関係をはっきりさせよ


よく、「主体的に行動した経験が大事だ」と言われていますが、ただ単に「留学してました」や、「生徒会長でした」といっても何も伝わりません。大事なのは、その結果何を得たかです。

「留学によって、多様な角度から物事を見ることができ、新しい価値観にふれることができた。その機会を生かして、新規事業の立ち上げでも一つの視点からでなく、多角的に捉えていきたいです。」と言えれば、因果関係がはっきりとしているので良いですし、必ずしも成功体験でなくても良いわけです。

「高校では、いろんな機会がありましたが、何もできていませんでした。というのも、一歩踏み出す勇気がなかったからです。しかし、大学ではこの一歩踏み出す、何事もチャレンジしてみることの大切さを学びました。だからこそ、御社では様々なことにチャレンジして行きたいと思っています。」といえば、何もできていなかった原因がわかっていて、そこを改善しようとしている努力が垣間見れます。このように、因果関係をはっきりさせることで、面接官に変化の過程を伝えることができます。


最後は逆質問でやる気をみせよ


ここまできたらあとは最後の一歩です。それが、「最後になにか聞きたいことある?」と聞かれたときです。間違えても「特にないです。」とは返さないようにしましょう。ここでもやる気の見せ所です。「募集要項には、〇〇と書いてありましたが、もっと詳しく教えて下さい。」と、詳しく聞きたいオーラを全開にします。そうすることで、企業側からしても、この子やる気あるなと思ってもらえることでしょう。ただ、ここで気をつけなければいけないのが質問の内容です。ここで給与に関する質問や、勤務時間に関する質問はあまり好ましくありません。あくまでやる気を見せるための質問を心がけましょう。


長期インターンに受からなくても凹まないこと!



人によって、受からなかった理由はそれぞれ違うはずです。もしかしたら企業側の都合でどうしても受け入れられないケースもあるでしょう。なので、一回受からなかったからと言って、凹まなくても大丈夫です。長期インターンの合格率は10%弱ぐらいだと言われています。落ち込まずに、次の長期インターンを是非Voilで探してみましょう!


長期インターンを探している方へ



Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます

500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!

応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策
関連する記事
長期インターンについて
大学生の長期インターンの実態とするべき理由を徹底解説!
2021年04月27日
「コロナのせいで大学生活が台無しだ」 「サークル活動もできないし、大学生活何すればいいかわからない」 そんな大学生におすすめなのが、長期インターンシップ。 今回は業界初の長期インターンシップの口コミサービス「Voil」の運営メンバーが実際の大学生のリアルな声を交えながら、長期インターンシップをしている大学生の割合やメリットについて解説します!
長期インターンについて
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
2021年03月03日
「長期インターン始めてみたけど、思ってたのと違うから辞めたい」という悩みを持った大学生の皆さん。また、「そろそろ辞める時期が近づいてきて、どうすれば円満に長期インターンを辞めれるか」と悩んでいる大学生の皆さん。今回はそんな悩みを持った学生に、業界初の口コミサイトVoilが辞めたい学生目線で辞めるときに考えることを一から詳しく解説します!
企業まとめ
【完全図解】外コン・メガバンを相手に、データ作成/CSに取り組むインターンに迫る
2021年04月14日
SPEEDA・Excelを駆使して、外資コンサルやメガバンクの社員などを相手に仕事に取り組むコンサルインターンです。
求人特集
【特集】起業家直下・起業家と密に関わり、自身の起業に直結するインターン
2021年04月28日
test
長期インターンについて
【プロが教えます】長期インターンとは?特徴、メリット、デメリットを徹底解説!!
2021年04月27日
「長期インターンに興味があるけどどんなものかわからない…」そんなあなたのために、日本一の長期インターン口コミサイトVoilを運営しているメンバーが長期インターンの特徴、仕事の種類、メリット・デメリットをお伝えします。
長期インターンについて
【就活生必見】長期インターンからそのまま就職するメリット、デメリットを徹底解説!!
2021年04月27日
長期インターンをやっているとこの企業にそのまま就職をしたいと思うことありますよね。でも、それは不安。今回はそんな疑問を持っているあなたのために,長期インターンからそのまま就職するメリット,デメリットを紹介します!
おすすめ記事
長期インターンについて
大学生の長期インターンの実態とするべき理由を徹底解説!
長期インターンについて
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
企業まとめ
【完全図解】外コン・メガバンを相手に、データ作成/CSに取り組むインターンに迫る
求人特集
【特集】起業家直下・起業家と密に関わり、自身の起業に直結するインターン
長期インターンについて
【プロが教えます】長期インターンとは?特徴、メリット、デメリットを徹底解説!!
長期インターンについて
【就活生必見】長期インターンからそのまま就職するメリット、デメリットを徹底解説!!
こんな募集もいいかも?