記事のサムネイル

長期インターンの交通費は支給?定期って作れるの?知っておきたい交通費問題を解説!

 |  長期インターンに関する知っておきたい知識
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

そもそも長期インターンとは?




長期インターンとは、学生が企業で働き、実務経験を積めるインターンのことを指します。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任され、その仕事が労働とみなされます。

その結果、企業に給料を支払う義務が発生し、学生も給料をもらうことができます。

長期インターンの参加期間は一般的に3ヶ月以上であり、専門的なスキルを身に就けるためには、半年もしくは1年以上の継続が求められています。



長期インターンでも交通費が支払われるケースが多い




長期インターンにこれから参加する人は、交通費の有無が気になるところですよね。

自宅や大学などさまざまな場所から通勤する学生もいると思います。

そこで、ここからは長期インターンの交通費について解説していきます。


都度精算か定期券が一般的


長期インターンでは、多くの場合交通費が支給されます。

なぜなら、長期インターン生の交通費も経費の一部であるからです。

支払い方法は企業によってさまざまですが、その都度清算もしくは定期券が一般的です。

長期インターンに参加する人は、交通費がどのように支給されるのか面接の時に確認しておきましょう。


基本的には費用が安い方が適用される


長期インターンの出勤日数は、企業や学生によってさまざまです。

そのため、月あたりの出勤日数によっては定期券よりもその都度清算した方が安い場合があります。

基本的には費用が安い方が適用されるため、定期券ではない場合があることをおさえておきましょう。

また、電車やバス、自家用車など複数の交通手段が取れる人は、企業が最も適切な出勤方法を選択する場合もあります。



交通費精算のやり方は?




長期インターンの出勤でかかった交通費はどのように清算するのか知りたいですよね。

交通費は人によって異なるため、個人個人で清算する必要があります。

ここでは、交通費の清算方法について解説するので、これから長期インターンに参加する人は、ぜひ参考にしてみてください。


社内ツールで申請することが多い


交通費の清算は社内のツールで申請することが一般的です。

使用するツールは企業によるため、具体的な使い方はメンターや上司に教えてもらいましょう。

また、交通費は月末にまとめて申請することが多いので、最終出勤日に申請を忘れることがないように注意してください。


出社回数に応じて自動で振り込まれるパターンも


長期インターンの交通費は、自分で申請する以外に会社が出勤日数に応じて振り込んでくれる場合もあります。

たとえば、自宅から職場まで毎回決まった電車で出勤するなど、出勤1回にかかる交通費が一定である場合です。

出勤1回あたり交通費が定まっている場合は、個人的に清算する必要はないですよね。

社内ツールで申請するだけでなく、一定額の交通費が自動で振り込まれるパターンもあることをおさえておきましょう。


場合によっては領収書が必要


長期インターンでかかる交通費を支給してもらうためには、領収書が必要な場合があります。

自宅や大学、アルバイト先など出勤方法が定まっていない場合、領収書を求められることが多いです。

それから、天候や緊急事態などの事情で、普段の出勤方法とは異なる手段で出勤した場合も領収書が必要になります。

バスやタクシーなど普段とは違う交通手段を使った日は、必ず領収書をもらっておきましょう。



定期券はどこで作れる?




長期インターンでは、出勤日数に応じて定期券が必要な場合があります。

出勤のための定期券はどこで作ったらいいのでしょうか。

ここでは、長期インターンのための定期券の作り方を解説します。


基本的には自分で駅で発行する


長期インターンのための定期券は、個人で駅で発行するのが一般的です。

基本的にどの駅でも定期券は発行できるため、最寄りの駅などでつくりましょう。

路線によっては、通勤のための定期券があります。

企業が定期券の種類を指定することもあるため、どの定期券を発行すべきか事前に確認しておきましょう。


領収書が必要なことが多い


長期インターンのための定期を買った場合、その費用を支給してもらうには領収書が必要になります。

そのため、定期券を発行したときは領収書をもらいましょう。

適切に申請するためには、領収書の宛名が必要なので、会社名を忘れず記入してもらってください。



まとめ




今回は、長期インターンの出勤にかかる交通費について解説しました。

ほとんどの長期インターンでは交通費が支給されます。

交通費の申請は、自分で社内ツールで申請する場合や、会社が振り込んでくれる場合などさまざまです。

また、支給方法も定期券やその都度清算など企業によって異なります。

どの交通手段を使って出勤するのか、面接時に相談しておきましょう。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
海外長期インターンについて
~おすすめ海外長期インターン【東南アジア編】~
長期インターン体験記
株式会社OTONARIの長期インターン体験記
タイプ別おすすめ
議事録で会議を100倍有効に!書き方と効率化ツール
長期インターン体験記
株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)の長期インターン体験記③
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!