2021年06月17日

【合格率が2倍に】長期インターン合格のための志望動機の書き方のポイント4選

この記事を読んでくれているあなたは、長期インターンの面接前で
・長期インターンの志望動機ってどう書けばいいの?
・志望動機を書くことが初めてで書き方がわからない
・書くときのポイントが知りたい
と悩んでいますよね。

長期インターンの合格率はわずか10%ほどしかないので、行きたい企業の面接前に志望動機の書き方を確認したいというのはよくわかります。

そこで、今回は長期インターンのES通過率が80%以上で、多くの長期インターン合格者を出してきた長期インターン口コミサイトVoilの運営メンバーが、長期インターンの志望動機の書き方のポイントをお伝えします。


  • ■長期インターンとは
  • ・インターンとは
  • ・長期インターンと短期インターンの違い
  • ・長期インターンとアルバイトの違い
  • ■長期インターンで志望動機が聞かれる理由
  • ・理由①:学生とのミスマッチを防ぐ
  • ・理由②:大学生の長期インターンに対する熱量を知りたい
  • ■長期インターンの面接やESで志望動機を答える時のポイント4選
  • ・ポイント①:長期インターンの参加理由を明確にする
  • ・ポイント②:応募する企業にあった志望理由を書く
  • ・ポイント③:やりたい業務を伝える
  • ・ポイント④:企業が求める人材を意識する
  • ■長期インターンを探している方へ
  • ・Voilとは
  • ・無料の長期インターン相談やってます


長期インターンとは


インターンとは

インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い

種類は主に3点あります。
1点目は【1Dayインターン】
期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】
期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】
期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い

違いは主に3点あります。
1点目は【目的】
インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】
アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】
アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。

長期インターンについて詳しく知りたい方はこちら


長期インターンで志望動機が聞かれる理由


理由①:学生とのミスマッチを防ぐため

長期インターンで志望動機が聞かれる理由1つ目は、学生とのミスマッチを防ぎたいからです。

企業は、大学生が長期インターンを始めてからやりたいことと違ったと思う状況になることを防ぐために、先に長期インターンに求めることを聞いておく必要があります。なぜなら、長期インターンは最低でも3ヶ月以上の期間働いてもらうことを前提に採用するからです。

スポーツで例えるならば、点を決めるストライカータイプに、守りを任せてもうまくいかないケースが多いですよね。また、全く興味がない人から告白されたら困ると思います。そうならないためにも、スポーツでは、事前にポジションを決めたり、恋愛では付き合う前にお互いの相性をみます。

長期インターンンも同じで、面接前に相性をチェックしておくことで、本当にこの会社にマッチしているかをチェックするために志望動機を聞いています。

理由②:長期インターンに対する熱量を知りたいから

長期インターンで志望動機が聞かれる理由2つ目は、「大学生の長期インターンに対する熱量を知りたい」ということです。

多くの大学生は未経験から長期インターンを開始するため、企業側はスキルがないことを前提に採用します。
そのため、働くことを通して成長してくれる学生を採用します。熱量があると、この学生は仕事に対しても責任を持ってやってくれそうだなという印象を与えることができるため、好印象につながります。


また、長期インターンを募集している企業の多くはこれから企業を大きくしていこうとしているベンチャー企業です。
ベンチャー企業は、スキルより一緒に働く人の熱量を重要視している傾向が特に強いです。

まとめると、面接で志望動機を聞いてあなたの長期インターンに対する熱量を知ろうとしているのです。

熱量を見せるためにも、ポイントがいくつかあります。面接官に熱量を伝える自信がないという方はこの記事もおすすめです。


【忘れがち】長期インターンの面接に受からない原因はココにあった!

長期インターンの面接やESで志望動機を答える時のポイント4選


ポイント①:長期インターンの参加理由を明確にする

長期インターンの面接やESで志望動機を答える時のポイント1つ目は、「長期インターンの参加理由を明確にする」事です。

意外と多くの人が忘れてしまいますが、長期インターンに参加したい理由を明確にする事は大切です。企業はなぜアルバイトではなく、長期インターンに参加したいと考えているのか知りたいと考えています。
また、長期インターンに参加しようとする大学生は少ないのでどんな理由でも、採用担当者にとって好印象になりやすいです。

しかし、「友達がやっているから」などの受動的な理由は避けるようにしましょう。受動的な理由だと採用担当者からすると意欲的に感じないからです。もし、きっかけが友達からの誘いだったとしたら、自分で長期インターンを探す過程で自分でもやりたくなったということを忘れず伝えましょう。


ポイント②:応募する企業にあった志望理由を書く

長期インターンの面接やESで志望動機を答える時のポイント2つ目は、「応募する企業に合った志望理由を書く」事です。

多くある長期インターンを募集している企業の中で、なぜ自分の企業を選んだのかということは採用担当者にとって最も気になる事柄です。応募する企業にあった志望理由がないと、別に自分の企業じゃなくてもいいのではないかと思われていしまい不合格の原因になってしまいます。

応募する企業にあった志望理由を書くときのポイントを紹介します。

・その企業の良いところ、悪いところを知る
応募する企業のHPやSNSアカウントなどを見て、その企業の良いところ、悪いところを知りましょう。

・自分がその企業で得たいことを明確にする
業務内容などはある程度わかるので、その業務の中で得られるスキルの中で自分が得たいものを明確にしましょう。また、自分が企業に貢献できることが何か考えられたらよりいいと思います。


ポイント③:やりたい業務を伝える

長期インターンの面接やESで志望動機を答える時のポイント3つ目は、「やりたい業務を伝える」事です。

やりたい業務を伝えることで、採用担当者に自分がその企業の長期インターンで何をしたいのかが明確に伝わります。やりたい業務が明確になっていないと採用担当者に本当に自分の企業に興味があるのか怪しまれる要因になります。
また、採用した後、あなたが活躍している姿も想像する事ができるので採用担当者として採用しやすくなります。

また、やりたい業務を伝えることで、ポイント②で紹介した応募する企業にあった志望動機に自然となります。


ポイント④:企業が求める人材を意識する

長期インターンの面接やESで志望動機を答える時のポイントの4つ目は、「企業が求める人材を意識する」事です。

企業が求める人材を意識していると、採用される確率が高くなります。当たり前ですが、採用担当者は企業が求める人材とマッチしている大学生が募集してきたら採用したくなります。
例えば、営業の長期インターンに募集している場合、カフェでアルバイトをしていて人とコミュニケーションを取ることが得意な事をアピールできるといいと思います。


長期インターンを探している方へ


Voilとは

Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます

500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!

応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策
関連する記事
求人特集
【特集】マーケティングに興味ある方!ここから選べば間違いなし!
2021年05月04日
マーケティングのインターン先の特集記事です!
長期インターンについて
不安になるのはまだ早い。長期インターンが怖いと思う原因と対処方法
2021年06月17日
「長期インターンって就活に有利って聞くけど、自分にはスキルがなくて成果を出すことができなかったらどうしよう…」 そんな不安を抱えている大学生必見です! この記事を読むことで長期インターンに関する不安を解消して長期インターンに望むことができます!
長期インターンについて
【経験者が教える】長期インターンを無駄にしないためのコツ4選
2021年06月09日
就活で長期インターンの経験を話しても内定をもらうことができずに長期インターンの経験が無駄になってしまう人がいます。このように長期インターンの経験を無駄にしないためのコツを紹介します。
長期インターンについて
【必見】長期インターンを就活ネタにしたいあなたへ
2021年06月22日
長期インターンシップでの経験を就活で活用したいと考えているみなさん!しかし、「実際就活ではどう役立つの?」と疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は長期インターンが就活のネタになる2つの場面と、話す際に意識したい2つのポイントについて徹底解説していきます!
求人特集
【特集】起業家直下・起業家と密に関わり、自身の起業に直結するインターン
2021年04月28日
test
長期インターンについて
意味のない長期インターンにしないために!正しい目的設定とは
2021年06月16日
長期インターンを経験している学生や長期インターンを探している学生にとって、長期インターンは本当に意味があるのか?という疑問を持つ人は少なくないと思います。 実際、長期インターンをやる中で、雑用チックなものも多く、本当にこれで良いのかと思う瞬間は多々あると思います。
おすすめ記事
長期インターンについて
長期インターンはいつから?迷ったら今すぐ始めるべき理由を徹底解説!!
長期インターンについて
長期インターンをするならベンチャーで!そのメリットとは?
長期インターンについて
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
長期インターンについて
【合格率が2倍に】長期インターン合格のための志望動機の書き方のポイント4選
長期インターンについて
【大学生なら知っておくべき】長期インターンとは?特徴、メリット、デメリットを徹底解説!!
求人特集
【特集】マーケティングに興味ある方!ここから選べば間違いなし!
こんな募集もいいかも?