記事のサムネイル

【お悩み解消】長期インターンは掛け持ちできる?シフトはどうする?

 |  お悩み相談
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【長期インターン シフト】長期インターンとは?




長期インターンを始めようとしている学生がいると思います。

しかし、インターンにはさまざまな種類があるので、長期インターンがどんなインターンなのか理解できていない方もいるでしょう。

そこで、まずは長期インターンがどんなインターンであるか確認していきます。


報酬を得ながら就業体験を行う学生向けの長期インターンシップ


長期インターンとは、簡単にまとめると報酬を得ながら就業体験を行う学生向けインターンと言えます。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任されます。

そのため、仕事が労働とみなされることで、給与がもらえます。



【長期インターン シフト】長期インターンの掛け持ちはできるのか?




長期インターンを始めようとしているけれど、複数気になる企業がある人もいると思います。

どの長期インターンを選んだらよいか悩みますよね。

そんな時、長期インターンの掛け持ちはできないのかと思った人もいるでしょう。

そこで、ここからは長期インターンが掛け持ちできるのかについて解説していきます。


長期インターンの掛け持ちはできる!


結論、長期インターンを掛け持ちすることは可能です。

そうは言っても、長期インターンの掛け持ちは簡単なことではありません。

せっかく2社の長期インターンに参加してしても、おろそかになってしまっては意味がないので、掛け持ちする時はこれから解説するメリットとデメリットを抑えておきましょう。



【長期インターン シフト】長期インターンを掛け持ちするときの3つのメリットとは?




長期インターンの掛け持ちは大変ですが、もちろんメリットがあります。

せっかく参加するのであれば、何かメリットがほしいと思いますよね。

そこで、ここでは長期インターンの掛け持ちでのメリットを3つご紹介します。


長期インターンを掛け持ちするときのメリット➀新たな人脈を形成できる


1つ目は、新たな人脈を形成できることです。

長期インターンと一言で言っても、企業によって会社の雰囲気や社員の人柄はさまざまなです。

したがって、長期インターンを掛け持ちすると1社目とは違った人脈を形成できます。

多くの社会人の働き方を知ることで、自分の理想の働き方を考えるきっかけにもなるでしょう。


長期インターンを掛け持ちするときのメリット②得られる経験やスキルが広がる


2つ目は、得られる経験やスキルが広がることです。

2社目の長期インターン先が1社目の業界とは違ったり、職種が違ったりすると、その分習得できるスキルの幅が広がります。

たとえ、同じ業界の同じポジションであっても、会社ごとに経験させてもらえることは違うので、異なった長期インターン経験を得られるでしょう。


長期インターンを掛け持ちするときのメリット③社会人としての視座が養える


3つ目は、社会人としての視座が養えることです。

長期インターンを掛け持ちしていると、社会人に必要なスキルやマナーを身に着ける機会が増えます。

また、接する社会人の数も多くなったり、社外の人との関わりも増えたりするため、実践の場が多くなり、社会人としての視座を養うことができます。



【長期インターン シフト】長期インターンを掛け持ちするときの3つのデメリットとは?




さて、長期インターンを掛け持ちするメリットは理解できましたか。

長期インターンの掛け持ちにはもちろんデメリットも存在するため、ここからは3つのデメリットを確認していきます。


長期インターンを掛け持ちするときのデメリット➀学業や部活など疎かになる可能性が高い


1つ目は、学業や部活などが疎かになる可能性が高いことです。

長期インターンを掛け持ちするということは、簡単に考えて、シフトが2倍になると想像してください。

たとえば週3日出勤の長期インターンを掛け持ちする場合、週6日長期インターンの予定が入ります。

学業が本業である学生にとって、平日の予定を開けることはなかなか難しいことです。

したがって、長期インターンを掛け持ちしようとしている人は、学業や部活動が疎かにならないかを確認してから参加を決めましょう。


長期インターンを掛け持ちするときのデメリット②体力的に負荷がかかる


2つ目は、体力的に負荷がかかることです。

単位を取り終わって、平日に時間を取れる場合であれば、学業を疎かにすることなく長期インターンを掛け持ちできると思います。

しかし、長期インターンの掛け持ちは先ほども述べた通り、シフトが2倍になります。

したがって、掛け持ちは可能であっても、体力的に持たない可能性があります。

掛け持ちを検討している人は、出勤時間やシフトの調整など、自分の体力に見合っているか確認してください。


長期インターンを掛け持ちするときのデメリット③扶養を超える可能性がある


3つ目は、扶養を超える可能性があることです。

多くの学生は、親の扶養に入っていると思います。

アルバイトをしている方は聞いたことがあると思いますが、1年間の所得が103万円を超えると、親の扶養から外れてしまいます。

そうなると、親が払う税金の負担が多くなってしまうため、注意しなくてはなりません。

しかし、長期インターンを掛け持ちしていると、掛け持ちの方であっても、年間所得が20万を超えることになるでしょう。

したがって、掛け持ちをする時は、事前に親へ相談することをおすすめします。



【長期インターン シフト】長期インターンを申し込むなら?




ここまでの解説で、長期インターンへの参加意欲が高まった方もいると思います。

そこで、最後に長期インターンへの申し込み方とおすすめのサイトをご紹介します。


日本で唯一の長期インターン口コミサイト「Voil」


まず、おすすめする長期インターンのサイトは、「Voil」です。

「Voil」は、日本で唯一の長期インターン口コミサイトで、長期インターンに参加した人の経験談を読むことができます。

企業HPには書かれていないような情報も掲載されているため、気になる企業の口コミをチェックしてみてください。


Voil活用法➀45分間の無料サポート面談


「Voil」を活用して長期インターンに申し込みたい人は、ぜひ45分間の無料サポート面談を受けてみてください。

無料サポート面談では、長期インターン探しのサポートだけでなく、選考対策も受けることができます。

長期インターンへの不安や心配事は、無料サポート面談で解決しましょう。


Voil活用法②経験者の口コミを読んで理解を深める


「Voil」を活用したい人におすすめなのは、やはり口コミを読むことです。

長期インターン経験者のリアルな声が掲載されているので、会社の雰囲気や任せられる仕事の具体的な内容など、事前に知っておきたいことを理解しておきましょう。


Voil活用法③ES添削&面接対策で自信をつける


最後に、長期インターンの選考は倍率が高いため、不安を感じている人も多いと思います。

そんな方は、ES添削と面接対策で自信を付けましょう。

事前に準備をして慣れておくことで、本番の選考で焦ることを防げます。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。

LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!




応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
タイプ別おすすめ
理系だからこそ長期インターンを始めるべき。その理由とは
長期インターンについて
【京都学生必見】なぜいま京都で長期インターンがおすすめなの?
就活関連
フェルミ推定とは?やり方・コツを徹底解説!
有給インターンについて
【時代の先を行く優良企業3選】有給インターンするなら要チェック!Voil厳選のおすすめ企業
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説