記事のサムネイル

【5分でわかる!】有給インターンのおすすめ勤務時間・期間・時期を一挙に解説!

 |  有給インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【有給インターン 勤務】有給インターンの勤務期間は?




有給インターンを始めようとしている学生がいると思います。

始めようとしている方はどのくらいの勤務期間を考えていますか。

初めての有給インターンだと分からないことも多いと思うので、今回は有給インターンの勤務期間について解説していきます。


有給インターンシップの最低勤務期間は3ヶ月


まず、有給インターンの最低勤務期間は3ヶ月です。

有給インターンを実施している企業の多くが、有給インターンの応募条件として最低3ヶ月以上働くことを課しています。

なので、有給インターンを始める際は、最低でも3ヶ月続けられるようにしておきましょう。


有給インターンシップの平均勤務期間は半年(6ヶ月)以上


次に、有給インターンの平均勤務期間は半年以上です。

有給インターンに参加している多くの学生が半年以上継続して勤務しています。

半年ほど有給インターンに参加すると、実務に活かせるスキルも身に付くので、できる仕事が増えます。

有給インターンに参加する際は、半年以上継続することを目標にしましょう。


有給インターンシップの推奨勤務期間は1年以上


最後に、有給インターンの推奨勤務期間は1年以上です。

多くの学生は半年以上有給インターンを継続しますが、スキルを身に着けたり、やってみたい仕事をやったりするには、やはり1年は継続すべきです。

1年間継続すると、できる仕事が増えるので、責任のある仕事も任せてもらえます。



【有給インターン 勤務】なぜ有給インターンの勤務期間は平均6ヵ月以上求められるの?




有給インターンの勤務期間は平均6か月以上が求められると述べました。

しかし、なぜ6ヶ月なのでしょうか。

ここからは有給インターンの勤務期間が平均6ヶ月以上求められる理由を解説していきます。


勤務期間が平均6カ月以上求められる理由①育成~1人立ちするまでの期間として設定している


1つ目の理由は、育成~1人立ちするまでの期間として設定している期間が6ヶ月だからです。

社会に出て働いたことがない学生が有給インターンで実務を担当するには、スキルや知識を身に着けなくてはなりません。

しかし、1度教えられたからと言ってすぐに実務に活かせるものとはならないので、時間が必要です。

そのため、有給インターンで学生を育成し、1人立ちできるほどになるまでには半年以上かかります。


勤務期間が平均6カ月以上求められる理由②内定直結を見込んでいる企業もある


2つ目の理由は、内定直結を見込んでいる企業もあるからです。

有給インターンを半年続けていると、できる仕事が増えるので、企業の即戦力となることができます。

また、企業はこのように即戦力となる人材を求めています。

また、自社の雰囲気や考え方と合う社員を求めているので、有給インターンを半年以上続けていて、自社への理解がある有給インターン生を採用しようと考える企業も多いです。



【有給インターン 勤務】有給インターンの勤務時間は?