記事のサムネイル

【営業以外もあります】長期インターンの職種は何がある?

 |  業界・職種特集
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

そもそも長期インターンとは




長期インターンとは、学生が企業でスキルを身につけながら、実務経験を積むことができる、参加期間が1ヶ月以上のインターンを指します。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任されます。そして、その仕事が労働とみなされることで、給与をもらうことができます。

そのため、長期インターンは有給インターンと呼ばれる場合もあります。



営業のインターンは辛い?




結論、営業職であれば、どの企業のインターンでも辛いというわけではありません。確かに、営業は他の職種と比べてノルマがあったり、顧客に合わせた勤務時間だったりします。しかし、ノルマや外回りがない営業のインターンもあります。そのため、一概に営業だから辛いとは言えないのです。営業のインターンがきついと思っている人は、まずは業務内容を詳しく見てみてください。



長期インターンの職種は何がある?




各職種の簡単な仕事内容を記載お願いします


長期インターンでは、営業がメインの職種だというイメージがあります。

しかし、長期インターンではさまざまな職種を経験することができるため、求人も幅広いです。

ここでは、長期インターンで経験できる職種を5つ紹介します。

どの職種に応募しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。


①企画・マーケティング


企画・マーケティング職では、自社の商品やサービスをより多くの人に届けるために戦略を立てたり、分析を行ったりすることが主な仕事です。

また、チーム業務が基本となることも特徴の1つで、情報を読み取る力や分析力を養うことができます。


新商品を企画したり、販売経路を拡大するために分析をしたりすることに興味のある人におすすめの職種です。


②ライター・編集


ライターや編集職では、WEBサイトの記事を書いたり、サイトを制作したりすることが主な仕事です。

多くの人に読んでもらえるWEBサイトを作るためには、相手のニーズを汲み取って考える力が求められるため、伝える力を養えます。


また、WEB関連全般のスキルやマーケティングスキルも身に付けることができますよ。


③採用


採用職は、いわゆる人事や総務を指しており、採用活動が主な仕事です。

具体的には、学校で講演をしたり、就職活動のイベントを実施したりします。


採用の業務に携わると、企業が求める人物像が理解でき、採用の判断基準を知ることができます。就活で面接官が見ているポイントがわかるため、就活時に採用目線での考えを活かせますよ。


④事務


事務職は、経理や総務など会社を支えるための仕事をおこなっています。

一見地味な職種に見えますが、会社を運営していくためには欠かせない縁の下の力持ちのような存在です。


そのため、担当する業務の多岐に渡っており、会社がどのようにして成り立っているのかを理解できます。


⑤デザイナー・エンジニア


デザイナーやエンジニア職は、専門職に当たります。

デザイナーは、自社の商品やWEBサイトをデザインすることが主な仕事です。

エンジニア職では、WEBサービスやアプリなどの設計やコーディングをおこないます。


どちらも専門的なスキルが必要となるため、長期インターンでは一定のスキルを有していることが応募条件となることが多いです。



自分にあった職種の見つけ方は?




どの職種を選べばいいか迷っている人がいると思います。

選択肢が多いと、どれが自分に合っているのか決めるのが難しいですよね。

そこで、ここでは自分に合った長期インターンの職種の見つけ方を解説します。


まずは職種への理解を深める


長期インターンで経験できる職種は、一般的な職種から専門的な職種まで幅広いです。

そのため、まずはどのような職種があるのか理解を深めましょう。


珍しい職種もあるため、どのような仕事をするのかをイメージを持つことが大切です。さまざまな求人を見比べて、業務内容を照らし合わせてみてもいいですね。


これからやってみたいことをベースに選ぶ


長期インターンで経験できる職種がわかったら、やってみたいことから気になる職種を選んでみましょう。

これからやってみたいことをベースに職種を絞っていくことで、自分に合っている職種を見つけられます。興味から選ぶことで、新しい選択肢に出会えるチャンスがあるかもしれませんよ。


また、やってみたい仕事や身に付けたいスキルがある人は、それが実現できる職種を探してみてください。


自分の得意なことをベースに選ぶ


長期インターンで、実務に活かせるスキルを習得し、目標を達成するためには、最低でも3ヶ月以上継続しなければなりません。

そのため、働くことが苦にならないように、得意なことをベースに職種を選ぶこともおすすめです。


得意なことが仕事になると、基礎的な業務で大きな壁にぶつからないため、継続しやすくなります。


興味から職種を絞るのが難しい人は、今持っているスキルや得意なことに合致する職種を見つけましょう。


自己分析をきちんと行うのがおすすめ


長期インターンの職種を選ぶときは、自己分析をきちんとおこなってください。

自己分析ができていないと、自分の強みや性格を理解できないため、自分に合っている企業を見つけることが難しくなります。


また、間違った自己理解をしていると、企業のミスマッチが起こってしまい、継続することも厳しくなる恐れがあります。

したがって、自己分析を深めて、自分の特徴や目標にマッチしている職種が何かを探すことが大切です。



まとめ




今回は、長期インターンの職種について解説しました。

長期インターンと言えば、営業とイメージがありますが、実は一般的な職種から専門的な職種まで幅広い職種が経験できます。


したがって、やってみたい仕事や得意なことから自分に合った長期インターン先を見つけることが大切です。

メジャーではない職種の求人もあるので、まずは求人を見比べて業務内容をチェックしてみてください。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンについて
【通勤楽ちん】駅チカだと通いやすい!長期インターン企業の探し方とは?
タイプ別おすすめ
【愛知勢必見】愛知県で長期インターンを探したい方
長期インターンについて
長期インターンの勤務に割くべき期間と時間は?勤務を始めるおすすめ時期も!
業界・職種特集
エンジニアも活躍できる!?人材業界での長期インターンとは?
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!