記事のサムネイル

【実はメリットも】長期インターンしながら就活する3つのポイントを解説

 |  就活関連
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは?




長期インターンとは、学生がキャリアについて考えるきっかけとして企業が提供する職業体験を指します。

長期インターンでは学生も社員と同様の実務を任されます。

そして、その実務が労働とみなされるため、企業には学生に報酬を支払う義務が発生します。

そのため、長期インターンでは報酬がもらえることが多く、有給インターンと呼ばれることもあります。


【参考】就活を成功させたい人へ。長期インターン、本気でやると人生が変わる!



長期インターンしながら就活を両立させるコツ




長期インターンに参加する学生の中には、長期インターンと就活を両立する人も多いと思います。

しかし、長期インターンだけでも忙しいのに就活も同時並行となるとすごく大変そうで不安ですよね。

そこで、今回は長期インターンをしながら就活を両立させるためのコツを解説します。


大体のスケジュールを洗い出す


1つ目のコツは、大体のスケジュールを洗い出すことです。

長期インターンの勤務時間と就活の選考スケジュールが被ってしまわないように、スケジュールを書き出して漏れのないようにすることが大切です。

スケジュールを洗い出すことで視覚的な情報を得られるため、まずは予定を洗い出して、実行可能かどうか判断しましょう。


インターン先の企業に事前に相談をしておく


2つ目のコツは、インターン先の企業に事前に相談しておくことです。

就活選考に参加するために、長期インターンを休まなくてはいけないこともあると思います。

しかし、いきなり長期インターンを休むと言われても企業は急に対応できないことがあります。

そのため、就活選考のピークを迎える前に、いつ頃から忙しくなりそうなのかを社員に相談しておくことが大切です。

また、就活選考スケジュールを想定して、長期インターンのシフトを減らしたり、時間をずらしたりなどの調整をしておくこともおすすめです。


目標を定める


3つ目のコツは目標を定めることです。

長期インターンと就活を両立するためには、目標を改めて見直して、逆算した行動を取ることが大切です。

行き当たりばったりになってしまうと、目標達成どころか両立すらできなくなってしまいます。

長期インターンと就活のそれぞれの目標をもう一度定めて、余裕を持った行動を取りましょう。


【参考】就活生があえて長期インターンシップをはじめるのはあり?なし?〜長期インターン経験者4名の実体験からの考察~



長期インターンをしながら就活するメリットは?




長期インターンと就活を両立させるのは決して簡単なことではありません。

しかし、長期インターンと就活を両立することで得られるメリットもあります。

そこで、ここからは長期インターンをしながら就活をするメリットを解説していきます。


自己分析に役立てられる


1つ目のメリットは自己分析に役立てられることです。

就活では志望動機や自己PRをESに書いたり、面接で話したりします。

しかし、自分の強みや得意なこと、仕事に対する考えが理解できていないと回答することができません。

そのような時に、長期インターンを通して実務経験を積んでいると、自分の強みや仕事に対する考えを実体験から語ることができますよ。


【参考】【就活生必読】長期インターンは就活準備するうえで本当に有利なの?!


働くことがよりイメージしやすくなる


2つ目のメリットは、働くことがよりイメージしやすくなることです。

多くの学生はアルバイト以外で社会に出て働いた経験がないと思います。

実際に働いた経験がないまま、就活に臨むとどんな働き方が理想なのか、自分に合っている仕事は何かを考えることが難しいです。

ですが、長期インターンでの実務経験があると働くことがどのようなことか実体験を通して理解することができます。

また、業界や職種についてのイメージもより鮮明なものになります。


企業にアピールができる


3つ目のメリットは企業にアピールできることです。

目的や目標を持って長期インターンに参加することで、そのゴールを達成するためにどう工夫したのかをエピソードとして取り上げられます。

また、就活をしながらでも長期インターンを頑張っていることもアピールポイントになります。

長期インターンを通して働くことへのイメージもついていることや身に着けたスキルなども伝えるとよりアピールできますよ。



就活を理由に長期インターンを辞めるのはあり?




長期インターンと就活を両立したいけれど、やっぱり大変そうだと思う方が多いでしょう。

そのため、就活を理由に長期インターンを辞めようかと悩んでいる人もいると思います。

そこで、ここでは就活を理由に長期インターンを辞めるのはありかどうか解説していきます。


辞め方さえきちんとしていれば問題ない


結論、就活を始めることを機に長期インターンを辞めることは問題ありません。

しかし、長期インターンの辞め方がきちんとしていないと問題になってしまいます。

就活のために辞める時期を早めに相談したり、自分の仕事の引継ぎをしたりと早めに行動を取りましょう。

急に長期インターンを辞めると言われても企業は対応できない場合があるので、早くから動き、長期インターン先に迷惑をかけないようにすることが大切です。


【参考】長期インターンを辞めることは悪いことではない!円満退職する方法とは


まとめ




今回は、長期インターンをしながら就活を両立させるコツ、メリットを解説しました。

長期インターンと就活の両立は簡単なことではありませんが、スケジュールを徹底管理してそれぞれの目標を見直すことで両立できます。

就活が始まるからと言って長期インターンを諦めようと思っている人は、両立させるコツを理解して、長期インターンを継続してみませんか。

長期インターンと就活を両立させることにはたくさんのメリットがありますよ。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンについて
【長期インターン】最強のビジネススキルを身につける5つの方法とは?
就活関連
【文系就活】何社受けるのが良いの?平均エントリー数と複数応募のメリデメを解説
初心者向けコンテンツ
【リアルなクチコミから学ぶ】長期インターンのメリット6選・デメリット3選
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社AISのインターン体験記
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
就活関連
【26卒必見!】多ければいいってものじゃない!サマーインターンは何社応募すべき?
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説