記事のサムネイル

【有給インターン】せっかくなら内定も欲しい!その可能性や他のメリットを詳しく解説

 |  合格ノウハウ
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【有給インターン 可能性】そもそも有給インターンって何?




有給インターンに興味がある人がいると思います。

しかし、インターンにさまざまな種類があるので、有給インターンがどんなインターンかピンときていない方もいるでしょう。

そこで、最初にそもそも有給インターンがどんなインターンを指すのか確認しておきます。


報酬を得ながら就業体験を行う学生向けの長期インターンシップ


有給インターンとは、報酬を得ながら就業体験を行う学生向けの長期間のインターンを指します。

有給インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任されます。

そして、その仕事が労働とみなされることで、企業から報酬が得られます。



【有給インターン 可能性】インターンと内定の関係とは?




有給インターンに参加したいと思っている人は、就活や内定を意識していませんか。

実際に、有給インターンと内定にはどんな関係があるのか気になりますよね。

そこで、ここからは有給インターンと内定の関係について見ていきます。


企業目線でのインターンの目的を理解しよう


まずは、企業の目線に立って、インターンを実施する目的を理解しましょう。

インターンにはさまざまな種類があり、労働者として採用しているのか、それとも選考の一環として採用しているのかなど目的が異なります。

したがって、インターンと内定に関係あるかどうかはインターンのプログラムを確認することが重要です。


目的を判断しやすいのは『期間』


インターンを実施する目的を判断しやすいものとして期間が挙げられます。

たとえば、サマーインターンやウィンターインターンなどの短期間で、選考要素が強いものは実施期間が偏っています。

その一方で、3ヶ月以上の継続を推奨する長期インターンでは、採用や選考要素ではなく、労働者としての採用が多いです。

そのため、インターンの目的や期間や実施時期、プログラム内容から判断できます。



【有給インターン 可能性】実際内定が出る可能性はあるの?




インターンでは期間や実施時期、プログラム内容によって目的が異なることが理解できたと思います。

労働者として採用する有給インターンでは、社員と同様の仕事を任されるため、実務が経験でき、学生にとっては貴重な機会と言えます。

それでは、実際に有給インターンに参加すると内定がもらえる可能性はあるのでしょうか。


内定の可能性があるケース①ベンチャー企業


まず、内定をもらえる可能性がある企業としてベンチャー企業が挙げられます。

そもそも有給インターンを実施している企業は、ベンチャー企業が多いです。

また、ベンチャー企業は社員が少ないことが多く、労働力を必要としています。

したがって、有給インターンの成果によっては、そのまま選考に進めたり、内定をもらえたりするチャンスがあります。


内定の可能性があるケース②外資系企業


次に、外資系企業の場合です。

外資系企業では、そもそも選考に応募するためにはインターンへの参加を必須としていることが多いです。

しかし、ここでいうインターンとは、選考要素の強いものであるため、無給の短期インターンであることが一般的です。

したがって、インターンに参加したからと言って、内定がもらえるものではなく、選考に進むために1ステップだと捉えましょう。


内定の可能性があるケース③大手企業


最後に、大手企業の場合です。

大手企業では、インターンへの応募数が多いため、長期インターンではなく短期インターンを実施することが一般的です。

また、インターン参加者には、特別選考ルートがあったり、早期選考が受けれたりすることがあります。

そのため、大手企業のインターンは採用要素が強く、参加して内定がもらえるというよりは、選考の近道と言えます。


【注意】インターンの種類によっては目的に沿わないものも


インターンにはさまざまな種類がありますが、大手企業や外資系企業では選考の一部となる短期インターンがメインであるため、「自己成長がしたい」「スキルを身につけたい」と思っている学生には向いていません。

そのため、インターンを探す際は参加目的とマッチする内容であるか確認し、取捨選択を行いましょう。



【有給インターン 可能性】内定以外にもいいことだらけ!有給インターンならではのメリットとは




インターンは目的によって内容や期間がさまざまであることが理解できたと思います。

早く有給インターンに参加したいと思った方もいるでしょう。

そこで、ここからは内定以外にもいいことだらけである有給インターンのメリットを解説していきます。


メリット①就活に役立てることができる


1つ目は、就活に役立つことです。

有給インターンでの実務経験は、将来やりたいことや仕事の得意不得意を実体験から考えられるきっかけになります。

また、有給インターンの選考経験があると、就活におけるESや面接などの選考準備がしやすいです。

有給インターンの実体験から、希望職種やその企業を選んだ理由が話せると実務経験のない学生と比べて説得力が増しますよね。


メリット②他の学生と差をつけることができる


2つ目は、他の学生と差をつけられることです。

有給インターン参加者は増えてきていますが、まだまだ少数派なので、有給インターンで身につけたスキルや実務経験は周りと差をつけられるものになります。

ひと足先に社会人として必要となる基礎スキルを得ておくことで入社後も早いスタートを切ることができますよ。


メリット③基礎的な社会人経験を積むことができる


3つ目は、基礎的な社会人経験を積めることです。

学生が社会に出て働ける機会は有給インターンの他にアルバイトなどがあります。

しかし、アルバイトでは社員とバイトの仕事が区別されているため、責任の大きい仕事は任されません。

ですので、社員と同様の仕事を任せてもらえる有給インターンは社会人としての基礎スキルを身につけられる絶好の機会です。


メリット④お金をもらいながら学ぶことができる


4つ目は、お金をもらいながら学べることです。

お金を稼ぐことであればアルバイトでも可能ですが、実務に活かせるスキルや専門スキルを身につけられるのは有給インターンならではの強みです。

また、有給インターンは学生向けであるため、未経験でも問題ありません。

未経験者でもスキルを身につけながら報酬が得られる有給インターンはとても貴重な経験と言えますよね。


メリット⑤人脈を広げることができる


5つ目は、人脈を広げられることです。

有給インターンでは、社員さんはもちろん、他のインターン生とも出会うことができます。

多種多様な働き方を知ったり、同世代から刺激をもらったりと人脈が広がることで新しい考えを得ることも可能です。


【有給インターン 可能性】目的に合わせてインターンを取捨選択しよう




有給インターンへの興味は高まってきましたか。

早速、目的に合っている有給インターンを見つけたいと思った方もいるでしょう。

そこで、最後に有給インターンを探すのにおすすめのサイトをご紹介します。


日本で唯一の有給/長期インターン口コミサイト「Voil」


おすすめするサイトは、日本で唯一の有給、長期インターン口コミサイトである「Voil」です。

「Voil」には、有給インターン経験者のリアルな体験談が掲載されています。

そのため、企業HPなどでは知ることのできない学生目線での情報を知ることができます。

また、「Voil」では求人も掲載しているので、複数の求人を比較検討して自分に合った企業探しをすることが可能です。


Voil活用法➀45分間の無料サポート面談


さて、「Voil」を活用して求人を探したいという方には、45分間の無料サポート面談を受けることをおすすめします。

無料サポート面談では、条件や理想に合った企業を紹介してもらえます。

これまで出会ってこなかった業界や職種に出会えるチャンスです。

求人探しを始めた人は、ぜひ「Voil」で面談を受けてみましょう。


Voil活用法②経験者の口コミを読んで理解を深める


さらに、「Voil」を活用したいという方には、やはり口コミを読むことをおすすめします。

有給インターンの口コミを読むことができるサイトは、「Voil」だけです。

参加したからこそ分かることや感じたことを参加前に知れるのは貴重ですよね。

気になる企業の口コミを検索して、イメージと合っているかどうか確かめてみましょう。


Voil活用法③ES添削&面接対策で自信をつける


最後に、有給インターンに参加する人は、ES添削面接対策を受けて自信をつけておくことが重要です。

有給インターンの選考は倍率が高く、不安や心配が大きいと思います。

しかし、事前に準備できることも多いので、選考対策が鍵を握ります。

「Voil」で選考対策を受けて、自信を持って選考に臨んでください。



長期インターンを探している方へ