記事のサムネイル

【初心者さん要チェック!】初めての人におすすめのインターンシップの探し方

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

インターンシップとは?




インターンシップに参加しようとしている学生がいると思います。

しかし、インターンシップにはさまざまな種類があるため、初めて参加する人は、どのインターンシップに参加すべきか悩みますよね。

そこで、まずは短期インターンシップと長期インターンシップがどんなインターンシップであるか解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。


短期インターンシップ


まずは、短期インターンシップについてです。

短期インターンシップとは、1日から2週間程度の期間のインターンシップを指します。

短期インターンシップでは、会社見学をしたり、学生同士でグループワークをしたりして、会社について知っていきます。

参加期間が短いため、まとまった時間を確保しづらい学生でも気軽に参加できる点がおすすめです。


【参考】短期インターンの参加メリットとは?【注意点やおすすめの探し方を合わせて紹介】


長期インターンシップ


続いては、長期インターンシップについてです。

長期インターンシップとは、一般的に1ヶ月以上の期間、企業で働くインターンシップを指します。

長期インターンシップでは、学生も社員と同様の実務を任されます。

そして、その仕事が労働とみなされるため、学生は企業から給与をもらうことができます。

そのため、長期インターンシップは有給インターンシップと呼ばれることが多いです。


【参考】【大学生なら知っておくべき】長期インターンとは?特徴、メリット、デメリットを徹底解説!!


インターンシップはどうやって探すの?




インターンシップへの参加を考えている人は、求人探しをしていると思います。

しかし、インターンシップを実施している会社は山ほどあるため、自分に合っている企業を見つけるのは大変ですよね。

また、条件に合った求人を上手く見つけられなくて悩んでいる人も多いと思います。

そこで、ここからはインターンシップのおすすめの探し方を5つご紹介します。

求人探しをしている人は、ぜひ参考にしてみてください。


大学のキャリアセンターなどで探す


おすすめの探し方1つ目は、大学のキャリアセンターで探す方法です。

大学のキャリアセンターには、大学と繋がりのある企業のインターンシップ求人情報があります。

業界や職種を絞れていない人は、どんな求人があるのか知るためにも大学のキャリアセンターを活用してみてください。

OBOGがいる企業であれば、会社の雰囲気や実際の仕事について情報を得られやすく、選考のポイントなども知ることができますよ。


【参考】公立大学法人 島根県立大学


掲載サイトで探す


おすすめの探し方2つ目は、掲載サイトで探す方法です。

インターンシップの求人は、さまざまなサイトに掲載されています。

長期インターンシップに参加したい人は、長期インターンシップの求人がまとめられているサイトを活用してみてください。

サイトを活用すると、条件を絞って探すことができたり、人気の企業を知ることができたりしますよ。


【参考】【内定者が選んだ】インターンシップを探せるサイトおすすめ16選!長期,短期別に紹介


エージェントで探す


おすすめの探し方3つ目は、エージェントで探す方法です。

エージェントとは、面談などを通して学生一人ひとりに合った求人を紹介するものです。

業界や職種が決まっている人や勤務時間、勤務地にこだわりがある人などある程度の条件が決まっている人は、エージェントを活用しておすすめの求人を紹介してもらいましょう。

自分1人では見つけられなかった新たな企業に出会えるチャンスがあるかもしれませんよ。


【参考】【初心者向け】長期インターンはどうやって探すの?応募するの?


気になる企業のサイトで直接探す


おすすめの探し方4つ目は、気になる企業のサイトで直接探す方法です。

気になる企業がある人は、その企業のHPサイトを見てみましょう。

インターンシップを実施している場合は、インターンシップの求人情報が掲載されています。

インターンシップは、求人サイトを通さなくても応募できるので、気になる企業の求人を見つけた際は募集が終わってしまわないよう、できるだけ早く応募することをおすすめします。


SNSで探す


おすすめの探し方5つ目は、SNSで探す方法です。

最近は、InstagramやTwitter、TikTokなどのSNSでインターンシップについて発信している企業が増えてきています。

業界や職種などのキーワードを用いて、SNSで求人情報が投稿されていないか検索してみましょう。

気になる求人や企業を見つけた人は、DMなどを通してコンタクトを取ることもおすすめです。


【参考】Leverage Social Media to Find the Right Internship for You


初めてインターンを探している人はエージェントを上手く活用しよう




ここまで、インターンシップのおすすめの探し方を解説してきました。

初めて求人を探す人は、不安や心配などが多いと思います。

そのため、やはりエージェントを活用してインターンシップを探すことが1番おすすめの方法です。

そこで、最後に初めてインターンシップを探している人に向けて、おすすめのエージェントサイト「Voil」を活用して求人を見つける方法をご紹介します。


まず、「Voil」が実施している45分間の無料サポート面談を受けましょう。

面談では、条件や希望職種などからあなたに合った企業を紹介しています。

また、ESの書き方や面接のポイントなどのアドバイスも行っています。

そして、「Voil」ではインターンシップに参加した人のリアルな声である口コミを掲載しています。

そのため、会社の実際の雰囲気や任された具体的な仕事内容など、他のサイトではなかなか知ることができない情報を得ることができます。

初めての長期インターンシップ探しで、戸惑っている人はぜひ「Voil」を活用して、自分にぴったりの求人と出会ってみてください。


まとめ




今回は、インターンシップの探し方について解説しました。

最近は、インターンシップ求人がさまざまな媒体で掲載されています。

そのため、数多くある求人から自分に合っている企業を選ぶことが難しくなっています。

したがって、エージェントサイトを活用して、プロが紹介する条件や希望職種などに合った求人と出会うことがおすすめです。

求人探しで迷っている人、初めて求人探しをしている人は、まずは「Voil」の無料サポート面談を受けてみましょう。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
有給インターンについて
有給インターンの面接の服装はスーツ?それとも私服?
合格ノウハウ
【その嘘7割バレる】長期インターンをガクチカで伝えるときの注意!
就活関連
【24卒必見!】多ければいいってものじゃない!サマーインターンは何社応募すべき?
長期インターンに関する知っておきたい知識
有給インターンで差をつける!大学2年生向けの成功の秘訣を解説
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!