記事のサムネイル

【採用責任者が語る!】長期インターン生に飛躍的に活躍する人材とは?

 |  合格ノウハウ
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【長期インターン 責任】長期インターンとは?




長期インターンを始めようとしている学生がいると思います。

しかし、インターンにはさまざまな種類があるので、長期インターンがどんなインターンなのかイメージが湧いていない方もいるでしょう。

そこで、まずは長期インターンがどんなインターンかを確認していきます。


実務経験を積みながら給与が支給されるインターンシップのこと


長期インターンとは、実務経験を積みながら給与が支給されるインターンを指します。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任されます。

そのため、仕事が労働とみなされることで、給与が発生します。



【長期インターン 責任】採用責任者が語る!長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点は?




長期インターンに参加したいと思っている人は、どんな目的を持っていますか。

さまざまな目的があると思いますが、せっかく参加するなら活躍したいと思っている人が大半でしょう。

そこで、ここからは長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点について解説していきます。


長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点➀能動性


1つ目は、能動性です。

長期インターンでは、指示を待っていても、自分のやりたいと思っていることに挑戦できません。

長期インターンでやってみたいことや、学びたいことに挑戦するには、自分から行動を起こすことが重要になります。

そのため、分からないことであっても、自ら質問をして、能動的に動いていきましょう。


長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点②構造化力


2つ目は、構造化力です。

社会に出て働いた経験がない学生にとって、企業で働くことは、想像しているよりも大変なことです。

実務を遂行するには、特に、他社との繋がりや、他業界との接点など社会構造を把握することが必要になります。

しかし、ビジネスの場では複雑な構造を捉えることは簡単なことではないため、長期インターンで活躍するには、構造化力が求められます。


長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点③分析力


3つ目は、分析力です。

仕事上での分析ももちろん必要ですが、自分に何を求められているのかを分析することや、自分の成長段階を分析することも長期インターンでは必要です。

特に、長期インターンでの目的を達成するためには、今自分がどの状態にいるのかを把握し、次に必要なアクションを考えなければなりません。

その際には、主観的な要素も大事ですが、客観的目線での分析が欠かせないのです。


長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点④提案力


4つ目は、提案力です。

先ほども述べたように長期インターンでは待っているという受け身状態では活躍することは難しいです。

したがって、やりたいことを実践するためには、考えを提案していくことが必要なアクションになります。

長期インターンでの目的を達成するためには、今何が必要なのか、どんな行動を起こすべきかを考え、そのうえで新たな価値創造のために、学生目線での提案を物怖じせずにしていきましょう。


長期インターンで飛躍的に活躍する人材の共通点⑤実行力


5つ目は、実行力です。

分析力や提案力があっても、最終的な行動を起こすことができなければ、長期インターンでの目的達成は難しいです。

したがって、やりたいことや目標がある人は、初めてのことで自信がなくてもどんどんアクションを起こしていってみてください。

壁にぶつかった時こそ、成長するチャンスです。

動いている人には、応援や支援が付いてくるので、分からないことであっても、質問しながら挑戦することが重要と言えます。



【長期インターン 責任】能動性を身につけるために必要なことは?




ここからは、長期インターンで活躍する人の共通点を1つずつ詳しく見ていきます。

1つ目は、能動性についてです。

さて、能動性を身に着けるには何が必要なのでしょうか。


自らの仕事だけでなく、会社や事業全体の成果のために必要な仕事を自ら実行しようとする姿勢


能動性を持って長期インターンに参加するには、自分の仕事だけではなく、会社に貢献できることを自ら実行する姿勢が必要と言えます。

会社にとって即戦力といえる人材は、会社や事業の成果を上げてくれる人です。

したがって、長期インターンで成果を残したり、即戦力として認められたりするためには、能動的に行動を起こすことが求められます。



【長期インターン 責任】構造化力を身につけるために必要なことは?




2つ目は、構造化力についてです。

構造化力がどのようなものかイメージがついていない人もいると思います。

そこで、ここでは構造化力を身に着けるために必要なことを解説します。


思考の目的や事業上のKPIを意識し、その目的やKPIの構成要素を過不足なく適切に分解し、理解する姿勢


構造化力を身に着けるには、思考の目的や事業上のKPIを意識することがまず必要になります。

そして、その目的やKPIの構成要素を過不足なく適切に分解して理解する姿勢が欠かせません。

目的やKPIを理解するには、全体像を捉えていないといけないので、全体を見れるだけの余裕を持ちましょう。



【長期インターン 責任】分析力を身につけるために必要なことは?