記事のサムネイル

【長期インターンの志望理由4選】面接官から高評価を得るためのポイントと例文!

 |  合格ノウハウ
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【長期インターン 理由】そもそも長期インターンとは?




長期インターンを始めようとしている学生がいると思います。

しかし、長期インターンについて詳しく知る機会ってあまりないですよね。

そこで、まずはそもそも長期インターンがどんなものかを確認していきましょう。


学生へキャリアについて考えるきっかけを提供する職業体験


長期インターンとは簡単にいうと、学生が企業で職業体験をすることを指します。

具体的には、学生がキャリアについて考えるきっかけを企業が提供することを言います。

長期インターンでは学生であっても社員と同様の仕事を任されます。

なので、仕事が労働とみなされ、給料をもらうことができます。



【長期インターン 理由】長期インターンの面接官が志望理由を問う3つの意図は?




長期インターンを受ける際に選考が不安だと思っている方もいると思います。

長期インターン選考では多くの企業がある中でその企業を選んだ理由となる志望理由が重要です。

では、なぜ企業は長期インターンで志望理由を問うのでしょうか。


面接官が志望理由を問う意図➀志望度の高さを知りたい


1つ目の理由は、志望度の高さを知りたいからです。

長期インターンを実施している企業は数え切れないほどあります。

その中でなぜ自社を選んだのか面接官は知りたいのです。

なので、他の長期インターンを比較して何が違うのかを、明確にしておきましょう。


面接官が志望理由を問う意図②長期インターンでどんな業務に携わりたいのか知りたい


2つ目の理由は、長期インターンでどんな業務に携わりたいのかを知りたいからです。

長期インターンと一言で言っても、企業によって職種によって経験できる仕事が異なります。

なので、どんな仕事をやってみたいのかをできるだけ具体的に伝えましょう。

面接官は学生がやってみたい仕事が自社でできるかを判断して、自社の長期インターンとの相性を見ています。


面接官が志望理由を問う意図③長期インターンを通してなにを得たいのか知りたい


3つ目の理由は、長期インターンを通して何を得たいのかを知りたいからです。

長期インターンは企業によって仕事内容が異なりますし、裁量権の大きさも違います。

なので、長期インターンを通してどんなことを得て、何を学びたいのかを知ることで、自社とのマッチ度を判断しています。

どんなに良い長期インターン先でも、学びたいことや得たいことができない企業では、学生と会社はマッチしません。

したがって、長期インターン選考では志望理由が重要となるのです。



【長期インターン 理由】長期インターンの面接官から高評価を得る4つの志望理由のポイントは?




長期インターンで志望理由が聞かれる理由は理解できましたか。

長期インターン選考において志望理由は重要となるので、どんな志望理由が良いのか気になりますよね。

そこで、長期インターンの面接官から高評価を得る4つの志望理由のポイントを解説していきます。


長期インターンの志望理由ポイント➀長期インターンを始める目的


1つ目のポイントは長期インターンを始める目的です。

志望理由ではなぜ長期インターンを始めようと思ったのかを伝えることが重要です。

学びたいことがある人はなぜそれを学ぼうと思ったのか、身に着けたいスキルがある人はなぜそれを身に着けたいのかなどを明確にしましょう。

ただ参加してみたい、就活のガクチカがほしいだけでは長期インターンを続けていくのは難しいので、長期インターンを始める際は目的が重要となります。


長期インターンの志望理由ポイント②長期インターンで携わりたい業務


2つ目のポイントは、長期インターンで携わりたい業務を具体的にすることです。

スキルや知識がなくても、やってみたい仕事や興味のある仕事があると思います。

長期インターン選考では、携わりたい業務をできるだけ具体的にして、どんな仕事に挑戦したいか伝えましょう。

また、複数の職種を募集している企業ではその職種を希望する理由も話すことがポイントとなります。


長期インターンの志望理由ポイント③その企業を長期インターン先として選んだ理由


3つ目のポイントは、その企業を長期インターン先をして選んだ理由です。

長期インターンを実施している企業は他にもたくさんあります。

ですが、数多くの企業からその企業を選んだのには理由があるはずです。

他の企業の長期インターンと違う点やより魅力に感じたことを伝えましょう。


長期インターンの志望理由ポイント④その長期インターンをぜひやりたいという熱意


4つ目のポイントは、その長期インターンをぜひやりたいという熱意です。

長期インターンで学びたいことや得たいことがある人は、長期インターンに対する熱意があります。

熱意がないと長期インターンを継続して目標を達成するのが難しくなるため、長期インターンを

やりたいという熱意を伝えることが長期インターン選考では最も重要と言えます。



【長期インターン 理由】長期インターンの面接官に刺さらない4つのNG志望理由は?




長期インターン選考においてどんな志望理由が良いのか理解できましたか。

自分が考えている志望理由が良いのか不安な方もいると思います。

そこで、ここでは長期インターンの面接官に刺さらない4つのNG志望理由を紹介するので、考えた志望理由とぜひ照らし合わせてみてください。


長期インターンのNG志望理由➀家から通いやすいから


1つ目は、家から通いやすいという理由です。

出社が必要な長期インターンにおいて家からの通勤のしやすさはもちろん大切です。

ですが、通勤のしやすさだけが長期インターンの志望理由だと長期インターンに対する熱意が感じられません。

なので、通勤のしやすさが魅力的な企業である場合、家との距離の他にやってみたい仕事や共感した企業理念なども志望理由として取り上げましょう。


長期インターンのNG志望理由②給料が高いから


2つ目は、給料が高いという理由です。

長期インターンをするからにはできるだけ高い給料をもらいたいと思います。

しかし、給料額だけが長期インターンの志望理由だと熱意どころか、その企業を選んだ理由も伝わりません。

なので、給料が高い企業を選んだ場合でも、学びたいことや身に着けたいことを明確して、その企業で挑戦したいことを伝えましょう。


長期インターンのNG志望理由③求人サイトでたまたま見つけたから


3つ目は、求人サイトでたまたま見つけたからという理由です。

いいなと思う求人をたまたま見つけることはあるでしょう。

しかし、たまたま見つけたからという理由では、その企業を選んだ理由にはなりません。

これまで見てこなかった業界や職種に興味を持った理由や、その企業が他の企業よりも魅力的に感じていることも伝えることがポイントです。


長期インターンのNG志望理由④週1~2日と少ない勤務からでも始められるから


4つ目は、週1~2日と少ない勤務でも始められるからという理由です。

授業があると平日の昼間に働くことはなかなか大変なので、出勤日は少なくしたいと思います。

しかし、出勤日が少ないことを志望理由にするのは、熱意が伝わらないため、おすすめできません。

授業と両立をしながら長期インターンに励みたいこと、出勤日が少ない中でも目標に向かって頑張りたいことを伝えましょう。



【長期インターン 理由】長期インターンの面接で実際に使える4つの志望理由は?




ここまでの解説で、長期インターン選考における志望理由の良し悪しが理解できたと思います。

実際に志望理由を考えるにあたって、どのような内容にすべきか知りたいですよね。

そこで、最後に長期インターン面接で実際に使える4つの志望理由をご紹介します。


長期インターンの志望理由 具体例➀組織の理念・目的(Philosophy)への魅力


具体例1つ目は、組織の理念・目的(Philosophy)への魅力です。

その企業を選んだ理由として、組織のビジョンや目的への共感や魅力を伝えましょう。

例えば、日本の産業力を強くしたい、人の健康を支えたいなどです。

企業のビジョンと自分の考えが合っていると、企業とのマッチ度が高くなります。

また、社員やインターン生との考え方も似ていると思うので、働きやすい環境で長期インターンができるでしょう。


長期インターンの志望理由 具体例②組織の専門性・商品・業務内容(Profession)への魅力


具体例2つ目は、組織の専門性・商品・業務内容(Profession)への魅力です。

その企業を選んだ理由として、組織の専門性や商品、業務内容に対する魅力に触れましょう。

他の企業とは違うことを取り上げることがポイントです。

例えば、美容製品で人々の美しいを叶えたい、自分のサポートによって忘れられない旅行を届けたいなどです。


長期インターンの志望理由 具体例③組織の風土・人People)への魅力


具体例3つ目は、組織の風土・人(People)への魅力です。

仕事するうえではやはり人間関係が大きなポイントとなります。

なので、企業の雰囲気や社員の人柄を志望理由に取り上げることもできます。

例えば、仕事を楽しんでいる人と働きたい、お客様を大切にしている人と一緒に仕事がしたいなどです。

自分の仕事に対する考えを踏まえて、どんな人とどんな環境で働きたいのかを伝えましょう。


長期インターンの志望理由 具体例④組織の待遇・年収・有給(Priviledge)への魅力


具体例4つ目は、組織の待遇・年収・有給(Priviledge)への魅力です。

その企業独自の待遇や特別な権益がある場合、それも志望理由となります。

他の企業にはないものを取り上げることがポイントです。

例えば、社内での勉強会や資格取得のサポートなどです。

長期インターンへの参加意欲を踏まえて伝えることをおすすめします。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!

面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!




応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
就活関連
フェルミ推定とは?やり方・コツを徹底解説!
有給インターンについて
【地方学生必見】有給インターンの機会を掴みに行くには?!探す方法やメリット・デメリットも
長期インターン体験記
株式会社LITALICOの長期インターン体験記
初心者向けコンテンツ
【リアルなクチコミから学ぶ】長期インターンのメリット6選・デメリット3選
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説