記事のサムネイル

【華やかに見えるけど実は地道?!広告業界の長期インターン】

 |  業界・職種特集
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



そもそも広告業界の長期インターンとは?




長期インターンをはじめようと思っている方は、志望業界は決まっていますか。

決まっている人もいない人もぜひ広告業界での長期インターンを考えてみてはいかがでしょうか。

今回は広告業界での長期インターンについて解説していきます。


新・進・心の3つの「しん」に携われる業界


まず、広告業界とはどのような業界なのでしょう。

広告業界は新・進・心の3つの「しん」に携われる業界と言われています。

新:新しい文化や習慣を世の中に創る、進:世の中の変化のスピードをあげる、心:生活者の気持ちに寄り添った見せ方の追求というように新たな変化に対応できる業界です。

インターネット広告を見ると、時代に合った変化が見て取れますよね。

なので、変化を楽しみたい方、新しい価値を提供したい方におすすめの業界だと思います。



広告業界長期インターンの業態とは?




さて、広告業界で長期インターンをするにはどのような企業があるのでしょうか。

広告業界で長期インターンを実施している企業の業態を見ていきましょう。


総合広告代理店


まず、総合広告代理店という業態があります。

総合広告代理店では全ての広告媒体で企画から制作までを行っています。

企業の例としては体育会気質が強く営業力が売りであり、テレビ広告を得意として、グループ会社を多く持つマンモス企業、電通が挙げられます。

また、電通と比べてオタクだったり粒違いを大事にしたり、ロジカルとマーケティングが大きな強みであったりする博報堂/博報堂DYメディアパートナーズも総合広告代理店です。

さらに、キャラクターコンテンツに強く、コンサルのような側面の強いが雰囲気は和やかと言われているADKも総合広告代理店です。


専門広告代理店


次に、ウェブ広告等の特定分野に注力している専門広告代理店もあります。

専門広告代理店の企業としては、Abema TVやtapple、Cygamesだけでなく、AIを用いたアドテクの力で他を脅かすサイバーエージェントが挙げられます。

サイバーエージェントは最近時価総額が急上昇して、一時電博を抜いたこともあります。

また、インターネット広告事業の古参なので、新参者には負けないと言われており、デジタルが強いので、ソリューションやデータベースでも解を出せるのが強みであるopt Holdingsも専門広告代店です。


ハウスエージェンシー


最後に、ハウスエージェンシーも広告業界に該当します。

ハウスエージェンシーは、親会社の活動をサポートしており、鉄道に関する電車内/駅内広告だけでなく、ポケモンや「君の名は」など鉄道外領域も多彩であり、媒体社にも広告会社にも変幻自在であるjeki(JR東日本企画)がハウスエージェンシーの企業です。

また、ハミ出た発想を重要視しているTOYOTAグループの広告会社で車というモノの性質上、コミュニケーションよりもOne to Oneマーケが強いとされている、トヨタコニックプロのハウスエージェンシー企業の1つです。

さらに、東急グループの広告代理店であり、東急のリソースを使うことができるだけでなく、渋谷の開発やOOH広告に携わることができる東急エージェンシーもハウスエージェンシーの企業として挙げられます。



広告業界長期インターンの職種とは?




広告業界の長期インターンに参加したいと思っている人も多いでしょう。

さて、広告業界の長期インターンにはどのような職種があるのか気になりますよね。

ここからは広告業界の長期インターンでの職種を見ていきましょう。


営業


広告業界の長期インターンの職種には営業職があります。

営業では、広告主に対して広告やプロモーション企画を提案、受注することが主な仕事です。

営業はすぐに結果が出る仕事ではないことも多いですが、ビジネススキルを実践できる機会が多いため、実績を積むことができる職種と言えます。


マーケティングプランナー


次に、マーケティングプランナーという職もあります。

マーケティングプランナーは、広告主のニーズや課題、戦略に応じてマーケットを調査することが仕事です。

マーケティングプランナーは学生に人気な職種なので、長期インターンの選考倍率は他の職職種に比べて高い場合があるかもしれません。


クリエイティブ


続いて、広告業界の長期インターンにはクリエイティブがあります。

クリエイティブでは、広告表現の制作を行います。

言葉をクリエイティブするのは、コピーライター、ビジュアルイメージを制作するのはアートディレクター、デザインを担当するのが、グラフィックデザイナー、アイデア&構成をきめるのがCMプランナーです。


データサイエンティスト/エンジニア


最後に、データサイエンティスト・エンジニアという職種もあります。

主な仕事は、広告主の課題を解決するための調査統計、ビッグデータやインターネット広告の効果の解析です。

データサイエンティスト、エンジニアと聞くと専門的な職種かと思う方が多いと思いますが、文系理系関係なく応募できる長期インターンも多いのでぜひ求人情報を見てみましょう。



広告業界長期インターンのトレンドとは?




広告業界の長期インターンに興味を持ち始めた方もいるのではないでしょうか。

長期インターン先の業界がどのような業界で、どういった動向にあるのか気になりますよね。

そこで、広告業界の長期インターンのトレンドを確認したいと思います。


【トレンドワード➀】アドテクノロジー


1つ目にアドテクノロジーです。

アドテクノロジーは、広告とテクノロジーを掛け合わせた造語です。

意味は、広告配信を高度にシステム化したもの全般を指します。 

少し前のトレンドワードですが、テクノロジー化が進む現在においては知っておくべきワードでしょう。


【トレンドワード②】運用型広告


2つ目に、運用型広告です。

運用型広告とは、掲載枠が固定されておらず、予算や掲載するサイトと広告内容との関連度に応じてリアルタイムで最適な広告枠に出稿する方法を指します。

運用型広告は、掲載枠が固定されていないという特徴があり、従来の広告方式である準抗告と比較するとその違いが分かりやすいでしょう。


【トレンドワード③】動画広告


3つ目は、動画広告です。

動画広告とは、その名の通り静止画ではなく、動画を使用した広告を指します。

例えば、テレビCMや屋外広告、乗り物内で流れる動画です。

駅前のエキシビションに流れているものも動画広告の1つです。

普段の暮らしの中で何気なく見ている方も多いでしょう。



広告業界長期インターンに向いている人材とは?




ここまで広告業界での長期インターンについて見てきました。

さて、広告業界での長期インターンにはどうような人が向いているのでしょうか。

最後に広告業界での長期インターンに向いている人材を見ていきます。


発想力のある人


まず、発想力のある人が広告業界での長期インターンに向いています。

広告業界での長期インターンではクリエイティブな仕事が多いため、発想力が活かされる場面が多いでしょう。

また、発想力が豊かな人ほど、やりたい仕事を任せてもらえるチャンスも大きいと言えます。

発想力があり、クリエイティブな仕事に携わってみたい人は、ぜひ広告業界での長期インターンをしてみましょう。


忍耐力がある人


次に、忍耐力がある人です。

広告業界での長期インターンでは忍耐力が活かされる仕事が多いでしょう。

変化の激しい業界であり、新たな価値を生み出していかなくてはならないからです。

忍耐力に自信があり、広告業界に興味のある方は、ぜひ長期インターンに挑戦してみてはいかがでしょうか。


周りを巻き込める人


最後に、周りを巻き込める人も広告業界の長期インターンに向いています。

さまざまな職種の人が集まってプロジェクトを進めていく場面も多いので、周りを巻き込める力が重要です。

周りを巻き込める力があると、仕事の幅が広がりますし、やりたい仕事もできるようになります。

なので、周りを巻き込める力を付けたい、もしくは活かしたいと思っている人は、ぜひ広告業界の長期インターンに参加することをおすすめします。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!

面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!

職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンについて
【これだけは押さえておきたい】長期インターンで自分を圧倒的に成長させる4つの成長要因とは?
お悩み相談
有給インターンを始めたいけど●●が不安...よくある不安と解消法を解説します
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社FUNDINNOのインターン体験記
就活関連
【必見】長期インターンを就活ネタにしたいあなたへ
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!