【みんなの憧れ!エンタメ業界の長期インターンとは?】

<目次>
応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



そもそもエンタメ業界の長期インターンとは?




長期インターンに参加したいと思っているみなさんは志望業界は決まっていますか。

志望業界がある方も、まだ悩んでいる方もいると思います。

そこで、今回はエンタメ業界についてご紹介したいと思います。


人を楽しませる仕事


エンタメ業界とは、そもそもどういった業界なのでしょうか。

エンタメ業界とは、簡単にいうと人を楽しませる仕事をしている業界です。

エンタメ業界の仕事としては、作品、商品、サービスを利用する人をパフォーマンスで楽しませる、作品、舞台を裏方で支える企画・演出、知ってもらうための企画・宣伝などを行っています。



エンタメ業界長期インターンの業態とは?




エンタメ業界と言っても、どういった企業があるのかピンとこない方もいるでしょう。

エンタメ業界にはさまざまな業態があるので、ここでは業態を確認していきます。


ゲーム・玩具


まずは、ゲーム・玩具です。

ゲームや玩具に携わっている企業には、Switchやスーパーマリオブラザーズなど、キャラクターが確立していることが強みであり、巣籠需要で国内・海外ともに需要を伸ばし、今後まだまだ拡大していく任天堂が該当します。

その他、キャラクタービジネスで高いシェアを誇り、他社が新規キャラクターがほとんどであるのに対して、テレビアニメのキャラが中心のバンダイナムコHDがあります。


映像・音楽


次に、映画・アニメ・音楽に携わる映像・音楽です。

企業の例としては、歴代興行収入1位を独占し、歴代の作品としては「千と千尋の神隠し」など。また不動産事業も行っている、配給会社の東宝があります。

また、ダンス系音楽で成長するライブ・イベントなど非CD分野を強化し、アニメ制作。映像配信も手掛ける、avexもエンタメ業界の企業です。


レジャー施設


最後に、エンタメ業界にはレジャー施設も含まれます。

企業の例としては、入園者数世界有数の東京ディズニーランド・シーを運営しており、他にもホテルや商業施設を含めたリゾートを展開しているオリエンタルランドが挙げられます。

また、東急系の総合不動産大手で、ビル賃貸を中心に、リゾート開発から東急ハンズなど多様さが特徴の東急不動産もエンタメ業界の企業です。



エンタメ業界長期インターンの職種とは?