記事のサムネイル

学生でも読みやすい!長期インターン中におすすめしたいビジネス本5選

 |  長期インターンに関する知っておきたい知識
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

そもそも長期インターンとは?




長期インターンとは、学生が企業でビジネススキルを身に付けながら、実務経験を積むことができるインターンを指します。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任され、最低でも3ヶ月以上継続することが求められています。

そして、任される仕事が労働とみなされることで、企業から給与をもらうことができます。

そのため、有給インターンと呼ばれる場合もあります。



長期インターン中に読むべきおすすめの本




長期インターンに参加したからには、目標に向かって努力し、成果を得たい人が大半だと思います。

長期インターンで成果を上げるためには、本を読むことがおすすめです。

ここでは、長期インターン中に読むべきおすすめの本を5つ紹介します。


『社会人1年目の教科書』 岩瀬大輔


この本では、誰にも教えてもらえない、仕事に取り組む姿勢や動き方を紹介しています。

社会人として「勝負どころ」となるのは、入社1年目、着任初日など、最初に訪れる機会です。

今後の印象は、初めての機会によって決まるといっても過言ではないため、最初に訪れるチャンスを掴むために必要な準備を理解しましょう。

社会入門者向けの内容なので、学生でも読みやすいですよ。

(参考)『社会人1年目の教科書』


『1分で話せ』伊藤羊一


この本では、世界のトップが絶賛した大事なことだけをシンプルに伝えるための技術を伝えています。

会議・交渉・報告など会社ではさまざまな場面において、自分の言葉で話すことが求められます。

しかし、90%の人は、1分で話すことができず、損をしているというのです。

では、スッキリとした文章で1分で話すにはどうしたらいいのでしょうか。

就活選考でも役立つ知識や技術が知れるので、ぜひ読んでみてください。

(参考)『1分で話せ』


『苦しかったときの話をしようか』森岡毅


この本は、「何をしたらいいかわからない」と悩んでいる人に向けた、必勝ノウハウを伝える本です。

USJ復活の立役者が「自分をマーケティングする方法」について解説しています。

長期インターンの仕事や就活で悩んでいる人は、10年に1冊と呼ばれるこの本から働くことの本質を掴んでみてください。

(参考)『苦しかったときの話をしようか』


『コンサル1年目が学ぶこと』大石哲之


まず、この本はコンサルタントのためだけの本ではありません。

業種を問わず、15年後に役立つ普遍的なスキルを、社会人1年目の基礎的なレベルから理解することを伝える本です。

各界で活躍する元コンサルタントへの取材から、厳選した今日から使えるスキル30選をお届けします。

ビジネス書を1冊しか読めないと言われたならば、「この1冊を」とおすすめできる本です。

(参考)『コンサル1年目が学ぶこと』


『アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』スティーブン E. ルーカス


この本は、ハーバード大学をはじめとする1,000校以上のアメリカの大学で20年以上使い続けられているアメリカでもっとも定評のある教科書を初翻訳したものです。

「なぜ日本人は話すのが下手なのか」

それは、もう子どものころから教えられていることが違う、つまりは根本に違いがあるのです。

長期インターン中に自分の伝え方を根本的なところから劇的に変えられるノウハウをつかみ取りましょう。

(参考)『アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』



長期インターン中に本を読むことをおすすめしたい理由




長期インターンで成果を出すためにできることは本を読む以外にもあります。

そのため、なぜ本を読むことが長期インターン中に大事なことなのか気になりますよね。

ここでは、なぜ本を読むことがおすすめなのか、その理由を解説していきます。


読んだことをアウトプットする良い機会になる


本を読むことは、新しい知識や考え方を得ることにつながります。

本を読むことで吸収したものは、アウトプットしないと身に付きません。

そこで、アウトプットの機会となるのが、長期インターンです。

長期インターンでは、社員と同様の仕事を任され、学生にも裁量権があります。

社会人と同じように働ける環境だからこそ、本から得た知識や考え方を仕事に活かすことができるのです。

インプットしたものを実践でアウトプットできる機会は貴重ですよ。


スキル習得を学生のうちから習慣化することができる


本を読んで吸収したことを長期インターンでアウトプットする習慣ができれば、アウトプットしたものが自ずと自分のスキルになります。

このように、インプットとアウトプットの方法が習慣化できれば、社会に出てからも、習得したスキルを実務で活かす手順がわかっているため、早く成長することができるのです。

長期インターンをしている人は、本を読んで得たことをスキル化できるように、学生のうちから、インプットとアウトプットの習慣を付けましょう。



まとめ




今回は、長期インターン中に読むべきおすすめの本を紹介しました。

一見社会人向けのビジネススキル書であっても、学生でも読みやすいものがあります。

長期インターンに参加している人は、学生のうちにアウトプットの習慣を付けるためにも本を読んで得たことを長期インターンで実践してみてください。

どの本を読めばいいか迷っている人は、ぜひおすすめの本を手に取ってみてくださいね。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
合格ノウハウ
1人でもできる!面接練習の効果を高める3つのコツを解説します
合格ノウハウ
【必見】内定を勝ち取る!履歴書作成の究極ガイド
長期インターンについて
【まずは知っておきたい】初心者向け | 長期インターン開始までの5ステップを詳しく解説!
長期インターン体験記
株式会社PECOの長期インターン体験記
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
就活関連
【26卒必見!】多ければいいってものじゃない!サマーインターンは何社応募すべき?
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説