記事のサムネイル

【必見】長期インターンを就活ネタにしたいあなたへ

 |  就活関連
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンシップでの経験を就活で活用したいと考えているみなさん!

しかし、「実際就活ではどう役立つの?」と疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は長期インターンが就活のネタになる2つの場面と、話す際に意識したい2つのポイントについて徹底解説していきます!

長期インターンとは



インターンとは

インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。

長期インターンと短期インターンの違い

種類は主に3点あります。
1点目は【1Dayインターン】

期間:1日 内容:企業理解


2点目は【短期インターン】

期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう


3点目は【長期インターン】

期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする

長期インターンとアルバイトの違い

違いは主に3点あります。
1点目は【目的】

インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】

アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】

アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。


長期インターンが就活のネタになる2つの場面




面接やグループディスカッションで活きる


長期インターン経験者は実務経験の中で社会人との関わりが多いため、ビジネスマナーの基礎や一定のコミュニケーション能力が身につきます。


しかしなぜ長期インターンで培ったスキルが就活で活きるのか。

その理由は、面接やグループディスカッションなどは限られた時間の中で自分をアピールし、端的にものごとを伝える必要があるからです。


以下の例を見てみましょう。


結論ファースト:「結論から言うと、、」


三点話法:「伝えたいことは3点あります」


上記のように自分の意見を簡潔に述べることができると、意図が伝わりやすく、面接やグループディスカッションの際にも役立ちます。

普段から長期インターンでこのような言葉遣いに慣れておくと、就活でも有利になるでしょう。

ESの内容でほかの学生と差別化が図れる


ESではよく
「学生時代に力を入れたこと」が問われます。


そこでは、アルバイトや部活での経験を書く学生が多く見受けられます。

たしかに、これらのエピソードもいいですが、長期インターンの経験を記載したESは、働いたときの再現性がより高まります。

以下の例を見てみましょう。


➤「アルバイトでお客さまの満足度向上のために、、、」というエピソード

➤「インターン先で新しい事業を立ち上げて、、、」「営業インターンで◯◯万円売上を上げて、、、」というエピソード


人事の立場からすると、どちらが内容が深く読み応えのあるESでしょうか。

圧倒的に後者ですよね。

やはり、働く人の立場になって考えたときに「どのように活躍してくれるのか」がわかりやすくイメージできる長期インターンのエピソードはうってつけです!

その他にも長期インターンが就活で役に立つことはいくつかあります。詳しく知りたい方はこちらの記事のおすすめです!


【なぜ長期インターンは就活に有利なのか】役立つ理由を解説


就活ネタで長期インターンを使用する際に意識すること2選




長期インターンを始めた動機・課題・成果を言語化できるようにする


長期インターンを就活ネタとして使いたいと考えている方は、「なぜその長期インターンを始めたのか」、「そのインターンを経験して直面した課題・得た成果」をしっかりと言語化できる必要があります。


その理由は、就活ではその子自身がどのような目的意識を持って、そのことに取り組んだのか、スタンスやスキルを評価したいと考えているからです。


最後に、長期インターン経験の中で学んだことが、その企業において「どのように活かすことができるのか」まで言えると非常に戦闘力の高い就活生と言えるでしょう。


長期インターンを始めた目的について振り返るのにはこの記事がおすすめです!


意味のない長期インターンにしないために!正しい目的設定とは


定量的なデータを提示する

長期インターンを経験している方で、自分の経験を定量化できる場合はしっかりとその情報を提示しましょう。

「お客様の満足度を高める施策を行ないました!」のように定性的な情報だと評価がしにくいというのが実情です。


一方で、やはり定量的な情報があると、企業側と学生側の認識のすり合わせが容易になり、評価がしやすくなります。


「インターンのイベントで○○人集客し、結果的に○○万円売り上げました」のように、企業がわかりやすく評価できる「数値」を提示することで自分にも箔がつくので、ぜひ実践してみてください。

長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンに関する知っておきたい知識
【実は勘違い?】長期インターンに行ったのに落ちた!内定とインターンの関係を解説
求人特集
【厳選】大学生必見の優良有給インターンの探し方とは?おすすめサイトもご紹介!
業界・職種特集
【コンサル志望おすすめ】コンサルティングの長期インターンの業務内容と身につくスキルを解説
長期インターンに関する知っておきたい知識
【有給インターン】受付の流れは?何分前に行けばいい?初出勤の受付で知っておきたい流れとマナー
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!