記事のサムネイル

長期インターン|最低何ヶ月働く?期間別デメリットも解説

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

そもそも長期インターンとは?




長期インターンとは、学生が企業でビジネススキルを学びながら実務経験を積めるインターンを指します。

長期インターンの参加期間は一般的に3ヶ月以上であり、専門的なスキルを身に着け、やりたい仕事に挑戦するためには半年~1年以上の経験が求められます。

学生も実務を担当する長期インターンでは、任される仕事が労働とみなされます。

そのため、学生も企業から給与をもらうことができ、有給インターンと呼ばれる場合もあります。



長期インターンをやるメリット




長期インターンに参加しようと思っている人は、どんな目的を考えていますか。

せっかく長期インターンに参加するからには、何か得たいものがあると思います。

そこで、ここからは長期インターンをやるメリットについて見ていきます。


実務を通して働くことを経験できる


長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任されます。

多くの学生はアルバイト以外で社会に出て働いた経験がないため、長期インターンでの仕事が初めての実務経験になることでしょう。

最初は、メンターや上司に基礎的な業務を教えてもらうことから始まりますが、仕事に慣れてくると主体的な行動が求められます。

そのため、課題解決力や判断力を養うことができ、仕事の進め方や自分に合う働き方も理解できるようになりますよ。


就活前に情報収集ができる


実際に企業で働いた経験がないと、自分にどんな仕事が向いているかはっきりわからないですよね。

しかし、長期インターンに参加すれば、企業で働いた実体験から将来を考えることができます。

「自分の強みはどのような場面で活かせるのか」「どんな環境で働きたいのか」などを就活前に知ることは、自分に合った就職先を見つけることにつながりますよ。

また、実務を通して業界や職種への理解を深め、社会構造を知ることも就活に役立つ情報収集になることでしょう。


自己成長を促進させられる


長期インターンでは、学生も社員と同様の立場になるため、受動的な姿勢ではやりたい仕事を任せてもらうことは難しいです。

そのため、長期インターンの参加目的や目標を達成するには、何が必要かを考えて、自ら行動を起こす必要があります。

困難な場面であっても、目標のために工夫をした経験は自己成長につながりますよ。

学生のうちに自己成長したいと思う人は、ぜひ長期インターンに参加してみましょう。


長期インターンの最低期間の目安は?


長期インターンに参加するとき、どのくらいの期間参加すべきか悩みますよね。

授業やサークルの予定がある学生にとってまとまった時間を確保することは簡単なことではないと思います。


結論、長期インターンは最低3ヶ月は継続することが求められます。

なぜなら、社員と同様の実務を任せられるようになるためには、基礎的なビジネススキルを身に着け、仕事に慣れる期間が必要だからです。

そのため、3ヶ月以上継続することを想定して採用される場合が多いです。

しかし、求められる勤務期間は企業によって異なるため、求人情報をよく確認しましょう。

専門的な業務を担当する場合などは、半年~1年以上の継続が最低期間とされている求人もありますよ。



長期インターンの期間が短いことのデメリット




長期インターンに参加したけれど、短期間で辞めなくてはいけない状況もあります。

しかし、長期インターンを短期間で辞めてしまうことにはデメリットが存在します。

デメリットを知らないまま、短期間で辞めてしまうと後悔してしまうので、どんなデメリットが生じるのか把握しておきましょう。


自分にあっているかどうかが判断できない


長期インターンの参加期間が短いと、自分にこの会社や仕事が合っているかわからないままになってしまう恐れがあります。

働く時間が少ないと、経験する業務も多くなく、社員との交流も深められませんよね。

その状態のまま辞めてしまうと、何が自分に合っていて、何が合わなかったのかを明確にすることが難しいです。

そのため、短期間で辞めるときは辞める理由を言語化することが重要ですよ。


仕事内容を十分に理解できない


短期間で長期インターンを辞めると、仕事内容を十分に理解できていない可能性があります。

長期インターンの仕事はいきなりすべてを任されるわけではなく、基礎的な業務から徐々にできる仕事が増えていきます。

そのため、経験した仕事が少ないと、自分の業務がどこにつながっているのか、会社の取り組みなどを理解することが難しいです。

また、長期インターンの経験を話す際、担当していた仕事について深く伝えられないというデメリットもあるかもしれません。



長期インターンの期間が長いことのデメリット




長期インターンを短期間で辞めてしまうことにはもちろんデメリットがあります。

しかし、長期インターンは参加期間が長ければいいというものでもありません。

長期インターンの期間が長いことで発生するデメリットもあるので、理解しておきましょう。


視野が狭まる


長期インターンの参加期間が長いと、視野が狭まるリスクがあります。

1つの企業で働く時間が長いと、その企業で得たことがすべてだと思う恐れがあるのです。

また、入ってくる情報も変化が少ないため、視野を広げることが難しくなるでしょう。

1つの企業で長期インターンを長く継続する人は、その企業の情報だけに縛られることなく、多角度から考えることが大切ですよ。


企業によっては仕事内容に変化がない


多くの長期インターンでは、3ヶ月以上継続がすることが想定されているため、学生に任せる仕事も長期的に考えています。

しかし、企業によってはずっと同じ業務を任され、仕事内容に変化がない場合もあります。

この場合、目標や目的を達成するためにやりたい仕事に挑戦できる環境がなく、自己成長ができない恐れがあります。

ビジネススキルを身に着け、できる仕事が増えてきたにもかかわらず、ずっと仕事内容が変わらない場合は、メンターや上司に相談してみてください。


他の活動機会の損失につながることも


長期インターンは、社員と同様の実務を任されるため、週に3~5日勤務することが多いです。

そのため、まとまった休みを取ることが難しく、留学やボランティア活動などに参加することを諦めてしまう可能性があります。

長期インターンの他にも挑戦したいことがある人は、他の活動機会を損失しないため、計画を持って参加することをおすすめします。



まとめ




今回は、長期インターンの参加期間別のデメリットについて解説しました。

多くの長期インターンでは最低でも3ヶ月働くことが想定されています。

しかし、勤務期間の最低条件は、企業によって異なるため、求人情報をチェックしてください。

長期インターンを短期で辞めてしまうと、仕事内容が理解できていなかったり、合わなかった部分を明確にできないままというデメリットがあります。

また、長期インターンの参加期間が長いと、視野を広げることが難しく、留学やボランティア活動などに参加する時間が取りにくいというリスクもあるので、参加期間は慎重に計画しましょう。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
有給インターンについて
【おすすめ5選】東京で働ける短期有給インターンとは?
長期インターン体験記
株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)の長期インターン体験記③
長期インターンについて
【経験者が語る!】なぜ長期インターンに参加するのか?参加目的とメリットを徹底解剖
タイプ別おすすめ
会議での成功を実現する!初心者が実践すべき基本戦略
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!