記事のサムネイル

【始める前必読】長期インターンの期間はどれくらい?勤務時間は?

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは?




長期インターンとは、学生が企業で実務経験を積むことができる、実践的なインターンを指します。

学生も社員と同様の仕事を任されるため、その仕事がろうどうとみなされます。その結果、学生も給与をもらうことができ、長期インターンは有給インターンと呼ばれることもあります。



長期インターンの期間




長期インターンに参加しようとしている人は、どのくらいの期間参加しようと考えていますか。長期インターンは1ヶ月以上参加するインターンであるため、参加期間を迷っている人が多いと思います。

ここでは、長期インターンの期間について解説していくので、参加期間を迷ってる人はぜひ参考にしてみてください。


最低3ヵ月以上が多い


長期インターンの求人は、最低3ヶ月以上のものが多いです。なぜなら、社会で働いたことがない学生が社員と同様の実務を担当するには、教育期間が必要だからです。

仕事を任せられるようになるために、未経験者には1から教えなければなりませんよね。したがって、長期インターンに参加しようとしている人は、最低でも3ヶ月以上は続けられるように期間を確保しましょう。


6ヵ月以上続けられるとベター


長期インターンで職種ごとの専門的なスキルを身につけるには、6ヶ月以上の継続が求められます。なぜなら、徐々にスキルを身につけ、実務経験を積んでいかないと、専門的なスキルを身につけることは難しいからです。


それから、長期インターンで挑戦したい仕事がある人も、できる仕事を増やしていき、1人で仕事を任せてもらえるようになるには、6ヶ月以上の継続が推奨されていますよ。

※画像67枚目挿入※


基本は年中で募集している


長期インターンの求人は年中掲載されており、1年を通して応募できることが多いです。そのため、他のインターンと比較して、応募するタイミングがたくさんあります。

実務経験を積むためには最低6ヶ月以上の継続が必要となるため、始めるべきかを見据えて逆算して動けるといいですね。また、就活で忙しくなる時期や卒業研究なども考慮することをおすすめします。


【参考】【これから長期インターンを探す人必見!】選考ステップとポイントとは?



長期インターンの勤務時間はどれくらい?




社会に出て働いたことがなく、社員と同じように働けるか心配な人がいると思います。

ここでは、長期インターンの勤務時間を解説します。長期インターン生はどのくらい働いているのかイメージしてみましょう。う。


1日5~8時間が多い


長期インターンは、企業の営業時間に実施されます。そのため、平日9時〜18時で働くことが多く、1日あたり5~8時間勤務になります。


授業やサークルの予定がある学生は、平日の日中に働くことは難しいですよね。

したがって、大学の授業が半休や全休の日に働くことがおすすめです。


※画像69枚目挿入※


最低でも週に10時間は確保しよう


長期インターンでは、実務に活かせるスキルを身につけるために最低でも週に10時間は働くことが推奨されています。

週に10時間勤務だと、週2日で5時間ずつ働くことになります。


しかし、専門的なスキルを習得したい人は、教えてもらったことを忘れないように週3〜4日勤務することをおすすめします。



大学と両立させることは可能?




長期インターンを始めると忙しくなりそうですよね。そのため、授業や学業の予定が詰まっている人は不安だと思います。


ここでは、長期インターンと大学は両立できるかどうかを見ていきます。


学生はあくまでも学業優先


まず、学生の本文は学業であるため、長期インターンを始めても優先は学業です。


長期インターンに一生懸命に取り組むのは大事ですが、学業を疎かにしては意味がありませんよね。長期インターンに集中して単位を落としてしまっては本末転倒です。

したがって、学業を最優先で長期インターンに参加しましょう。


勤務時間や時間割を工夫する


大学と長期インターンは両立できます。しかし、うまく両立していくには、勤務時間や時間割を工夫しなくてはなりません。


たとえば、週に2〜3日勤務する場合、通学前や授業後に出勤できる時間割を考える必要があります。半休や全休を作れるように、シフトに合わせた時間を作ることが大切ですよ。



まとめ




今回は、長期インターンの参加期間と勤務時間について解説しました。


長期インターンは、社員と同じ仕事を担当できるようになるために、最低3ヶ月以上の継続が必要です。また、専門的スキルを身につけたり、やりたい仕事に挑戦したりするには6ヶ月以上の勤務が推奨されています。


そして、大学と両立し、週10時間以上勤務できる時間割を作るようにしましょう。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
業界・職種特集
【感動をもたらしたい!】ブライダル業界での長期インターンとは?
有給インターンについて
有給インターンは稼げる?時給や税金について解説!
初心者向けコンテンツ
【初心者必見】3倍有意義な長期インターンにするために!目的は必須
長期インターンについて
【初心者さん要チェック!】初めての人におすすめのインターンシップの探し方
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!