記事のサムネイル

落ちる人は●●が言語化できていない?長期インターンに受かるためにできること

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは?




長期インターンとは、学生が企業で実務経験を積むことができ、参加期間が最低1ヶ月以上のインターンを指します。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任され、その仕事が労働とみなされます。そのため、長期インターン生にも給与が支払われます。



長期インターンの面接に受からない原因




長期インターンの選考は倍率が高いため、合格できないことに悩んでいる人がいると思います。選考に落ち続けると自信をなくしてしまいますよね。


しかし、長期インターンの面接に受からないことにはいくつかの原因があるため、それを解決することが重要です。

ここでは、長期インターンの面接で落ちる人が抱えている原因を解説していきます。


目的や動機が不明瞭でふわっとしている


長期インターンの面接では、志望動機を聞かれることが多いです。

特に、なぜ長期インターンに参加しようと思ったのか、どうして数ある企業の中から自社を選んだのかを聞かれます。


そのため、参加目的や志望動機があやふやなままの人は明確な回答ができずに、意欲が低い人だと思われてしまいます。したがって、長期インターンの面接では、能動的な動機と他社と比較した志望理由を伝えましょう。


礼儀やコミュニケーション力の不足


長期インターンの面接では、質問の回答だけでなく、礼儀やコミュニケーション能力も見られています。そのため、社会人として求められる礼儀やルールが守れていないと評価が下がってしまいます。


また、質問の意図に合った回答ができていなかったり、会話のラリーができないと相手を思ったコミュニケーションが取れない人と判断される恐れがあります。


したがって、長期インターンの面接を受けるときは、回答の内容だけでなく、礼儀作法や相手を思った会話を忘れないように注意しましょう。企業によっては、面接のフィードバックをしてくれる場合があるので、可能からフィードバックをもらって面接を振り返ってみてください。


(特に理系)スキル不足


長期インターンの面接に落ちる人は、そもそも企業が求める人物像にマッチしていない場合があります。


特に、理系職や専門職の場合は、一定のスキルを保持していることを応募条件にしている求人が多いです。そのため、スキル不足で応募条件を満たしていない場合は、選考に落ちてしまいます。


長期インターンに参加する際は、応募要項をきちんと確認しましょう。



長期インターンの面接前に言語化すべき3つのこと




長期インターンの面接に受かるには事前対策が必要です。予想できる質問の回答を考えておくことで、自分の考えが整理され、予想外の質問を聞かれても慌てずに答えることができますよ。


ここでは、長期インターンの面接前に言語化すべき3つの質問を解説します。明確な理由が答えられるように、自分の言葉で言語化しておきましょう。


①なぜ長期インターンをやりたいと思ったのか


長期インターンに参加したい理由には、以下のような理由が挙げられます。


自己成長したい

自己分析を深めたい

仕事の適性を知りたい

スキルを身につけない

業界理解を深めたい

働く経験を積みたい


参加理由を明確にするのも大事ですが、企業はなぜその目的を叶えるために長期インターンを選択したのかを知りたいと思っています。そのため、さまざまな選択肢がある中で長期インターンを選んだ理由が必要です。


長期インターンでしか経験できないことを考えて、言語化してみましょう。


②なぜその企業が良いと考えたのか


長期インターンを実施している企業はたくさんあります。

そのため、数多くの企業の中からなぜその企業を選んだのかを明確にしなければなりません。


同業他社の長期インターンと比較して、その企業ならではの理由を考えましょう。企業を選んだ理由が見つけられると、入社意欲の高さも伝えることができますよ。


③自己アピール


長期インターンの面接では、自己PRを聞かれることが多いです。

そのため、自己アピールを自分の言葉で用意しておきます。


志望企業が求める人物像を理解して、その企業にマッチした強みやスキルをアピールしましょう。仕事での再現性を想像してもらうために、具体的な経験をもとに、強みを仕事でどう活かしたいのかまで述べることがポイントですよ。



今からでもできる!長期インターンの面接に受かるためにやるべき対策




長期インターンの面接に受かるためには、質問の回答を考えること以外にもやるべき対策があります。


ここでは、長期インターンの面接に受かるためにやっておくべき対策を3つ解説します。

長期インターンの面接に落ちることに悩んでいる人は、今からすぐにできる対策なので、ぜひ実践してみてください。


➀基本的な礼儀やマナーは調べる


長期インターンの面接では、入退室やメール対応などの基本的なマナーが守れているかどうかも見られています。

そのため、長期インターンの面接で守るべき基本的なマナーもおさらいしておきましょう。


礼儀が身に付いていると、一緒に働きたい人と思ってもらえる可能性が高いため、失礼のないようにマナーを覚えることが大切です。

また、基本的なことができていると自信にもつながり、合格に近づくことができますよ。


➁業界と企業に対する理解を深める


長期インターンの面接を受ける前には、業界や企業の理解を深める必要があります。

なぜなら、志望動機や自己PRを話すには企業のことを理解していないといけないからです。


特に、「なぜその企業を選んだのか」「やりたい仕事は何か」を聞かれたときに、企業理解があいまいだと明確な回答ができません。

企業研究をして、同業他社と比較した考えを準備しておきましょう。


➂他己分析をやってみる


長期インターンの面接を受けるときは、他己分析をやってみることもおすすめです。

他己分析とは、友人や両親など周りの人に自分がどういう人間かを聞くことを指します。


他己分析では、客観的な意見をもらうことができるため、自己分析では気づけなかった自分の特徴を知ることができます。

自己分析を深めるためにも、他己分析をして強みや性格を理解しましょう。



まとめ




今回は、長期インターンの面接に落ちる人の特徴を解説しました。

長期インターンの面接に落ちる人は、よく聞かれる質問の回答を自分の言葉で言語化できていない場合が多いです。

そのため、長期インターンの面接を受けるときは、参加目的や志望動機を明確にし、なぜ数多くの選択肢の中から長期インターンを選んだのかをはっきりさせましょう。

そのほかにも、基本的なマナーを調べ直したり、他己分析をしたりすることもおすすめです。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンに関する知っておきたい知識
これから就活する人こそ有給インターンを!圧倒的成長を果たすためのポイントとは?
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社FUNDINNOのインターン体験記
就活関連
【25卒から改定】内定獲得のためには5日間のインターンが必須に
有給インターンについて
有給インターンの面接の服装はスーツ?それとも私服?
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!