記事のサムネイル

【ライターを目指しているあなたへ】有給インターンで圧倒的に成果を上げる記事づくりのコツとは?

 |  業界・職種特集
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。

そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【有給インターン ライター】そもそもライターとは?




有給インターンをしたいと思っている方も中には希望の職種が決まっている人もいるでしょう。

有給インターンの職種は様々なので、迷っている方もいると思います。

そこで、今回は数ある職種の中からライターについて解説していきます。


クライアントや編集者に依頼をされた内容に合った文章を作成する人


まずライターとは、クライアントや編集者に依頼された内容に合った文章を作成する人のことを言います。

そのため、有給インターンでは有給インターン先企業に依頼される内容の文章を書いていくことが仕事となります。



【有給インターン ライター】読者から読まれる記事を作成するには?




有給インターンのライターに興味がある方もいるでしょう。

そこで、有給インターンでライターとして働くことについて詳しく見ていきます。

ライターは記事を書くことが仕事ですが、読者に読まれる記事を作成するにはどうしたらよいのでしょうか。


読者が一番初めに見るタイトルや見出しにこだわろう!


読者から読まれる記事を書くためには、読者が一番初めに見るタイトルや見出しにこだわることが重要です。

読みたい記事を見つける時、最初に目に入るのはタイトルですよね。

タイトルが自分の求めている内容と合っていない場合は、記事を見ない人が多いでしょう。

そのため、読者に読まれる記事を書くには、タイトルが重要であるため、読者が求めるタイトル付けにこだわりましょう。



【有給インターン ライター】なぜタイトルや見出しが重要なのか?




読んでもらえる記事を作成するには、タイトルが重要だと述べました。

しかし、なぜタイトルがそんなにも重要なのでしょうか。


タイトルや見出しが重要な理由➀読者は「タイトル」や「見出し」で読むかどうか決めるから


タイトルや見出しが重要である理由の1つ目は、読者は「タイトル」や「見出し」で読むかどうか決めるからです。

何か読む記事を探している時、記事を開く前に目にするのはタイトルですよね。

もし、タイトルが求めているものと違う場合は記事を開かない人が多いと思います。

このように記事が読まれるかどうかは1番初めに目にするタイトルで決まるのです。


タイトルや見出しが重要な理由②検索エンジンで上位に表示してもらうため


タイトルや見出しが重要な理由の2つ目は、検索エンジンで上位に表示してもらうためです。

何か記事やサイトを探す際、検索して1番上にあるものから開きませんか。

大半の人は、検索した時に出てくる上から1〜5番目の記事を見ています。

そのため、多くの人に読んでもらうためには、検索した時に上位に表示してもらう必要があります。



【有給インターン ライター】タイトルや見出しを作成する前にすべき3つのことは?




有給インターンでライターとして仕事をしたい人の中には、初めて記事を書く人もいるでしょう。

そこで、ここからはタイトルや見出しを作成する前にすべきことを3つ紹介します。

有給インターンでライターとして働きたい人はぜひ参考にしてみてください。


タイトルや見出しを作成する前にすべきこと➀記事のターゲットはだれか


まずは、記事のターゲットを誰か決めましょう。

ターゲットを絞らないまま記事を書いていると、誰に向けた内容か分からなくなります。

また、ターゲットが決まっていないと内容が薄くなってしまい、読者が求める内容ではなくなってしまう可能性もあります。

なので、タイトルや見出しを作成する前に、この記事は誰に向けて書くのかを決めてください。


タイトルや見出しを作成する前にすべきこと②なにを伝えたいのか


次に、何を伝えたいのかメッセージを決めましょう。

この記事ではどんなことを読者に伝えたいのか記事のポイントがあると思います。

その内容が分かるようなタイトルや見出しをつけることが重要です。

なので、タイトルや見出しを作成する前には、記事の重要な内容を定めましょう。


タイトルや見出しを作成する前にすべきこと③検索でヒットするキーワードはなにか


最後に、検索でヒットするキーワードは何か調べましょう。

多くの人は記事を探す際、検索エンジンで知りたいことの単語を入力します。

そのため、書いている記事を読んでもらうためには、読者がどんな単語で検索をするのかを考える必要があります。

検索する言葉が分かると、その言葉をタイトルや見出しに入れることができ、その結果書いた記事が上位表示されます。



【有給インターン ライター】読者に刺さるタイトルや見出しを作成する上での2つのポイントは?




有給インターンでライターとして働くからには、読者に読まれる記事を書きたいですよね。

そこで、ここからは読者に刺さるタイトルや見出しを作成するポイントを2つ解説していきます。


読者に刺さるタイトルや見出しを作成するポイント➀記事のテーマがわかる


1つ目のポイントは、記事のテーマが分かるタイトルや見出しを作成することです。

タイトルや見出しから記事の重要な内容が分かると、検索した時に読者に開いてもらいやすくなります。

す. す. そのため、タイトルや見出しには読者にとってメリットとなる内容が分かる言葉を入れましょう。

また、タイトルや見出しに記事のターゲットを入れることもおすすめです。

例えば、「大学生になったばかりのあなた」「アルバイトを探している方」などです。

ターゲットがタイトルや見出しから分かると、読者は記事を開きやすくなります。


読者に刺さるタイトルや見出しを作成するポイント②鮮度の高い情報が読み取れる


2つ目のポイントは、鮮度の高い情報が読み取れるものにすることです。

読者は常に新しい情報を求めています。

なので、情報が刻々と変化する現代においては、数か月前、数週間前の情報ではもう古いということがあります。

したがって、記事を書く時は最新の情報を書くようにしましょう。

また、タイトルや見出しには「2022年最新」「2022年春」など具体的な年月を入れることをおすすめします。



【有給インターン ライター】読者に刺さるタイトルや見出しの5つの特徴は?




ここまでの解説で、タイトルや見出しの作成がいかに重要か分かったと思います。

さて、実際に読者に刺さるタイトルや見出しはどのようなものなのでしょうか。

ここからは読者に刺さるタイトルや見出しの特徴を5つ解説していきます。


読者に刺さるタイトルや見出しの特徴➀読み手の特徴を入れる


1つ目の特徴は、読み手の特徴を入れることです。

ターゲットの特徴をタイトルに入れることで、ピンポイントで読者の特徴を押さえることができ、タイトルを読んだだけで自分に関係のある記事かどうか判断できます。

例えば、「Photoshopの初心者必見」「子育て中のママ」など、タイトルからターゲットが分かるものです。

す. す. このようにタイトル作成においては、読み手の特徴が分かるものを取り入れましょう。


読者に刺さるタイトルや見出しの特徴②記事内容の要約を入れる


2つ目の特徴は、記事の内容の要約を入れることです。

タイトルに記事の要約があると、タイトルを見ただけでその記事が伝えたいことが分かります。

そのため、読者は自分に合っている記事がどうか判断しやすくなり、記事を開いてもらいやすくなるのです。

例えば、「不動産投資 リスク」というキーワードの場合は、想定読者は「不動産投資を始めたいがリスクが心配な人」、記事のゴールは「不動産投資のリスクについて理解でき、リスクを意識しながら不動産投資を検討できるようになること」です。


読者に刺さるタイトルや見出しの特徴③記事の結論を入れる


3つ目の特徴は、記事の結論を入れることです。

タイトルがどんな記事か分かるものが読者に読まれやすい記事となります。

なので、記事の結論をタイトルに持ってくることが効果的です。

結論全部を盛り込むことは難しいので、「○○の方法は3つある」「○○は可能だ」などおおまかな結論を入れることを意識してみましょう。


読者に刺さるタイトルや見出しの特徴④数字などの定量的な情報を示す


4つ目の特徴は、数字などの定量的な情報を示すことです。

タイトルでは、具体的な言葉や数字を使うほど、想定読者にヒットしやすくなります。

例えば、節約したい人に向けて「がんばれば節約はできる」というタイトルを付けても、具体的に何をすべきかはタイトルからは判断できません。

しかし、「電気代を30%節約する方法」など具体的な方法が書かれているタイトルなら、読者が節約のためにすべきことが分かります。

す. す. 読者がタイトルを見ただけで次に取るべき行動が分かるようなタイトルをつけましょう。


読者に刺さるタイトルや見出しの特徴⑤疑問形などの問いかけを用いる


5つ目の特徴は、疑問形などの問いかけを用いることです。

記事の結論をタイトルに入れる場合、問いかけにすると読者は結論が知りたいと思うようになります。

なので、「家計管理で節約しよう」というタイトルよりも、「家計管理だけで節約できるのか?」とすれば読者の興味をひくことができます。



【有給インターン ライター】ライターへ応募するには?