【地方学生必見】有給インターンの機会を掴みに行くには?!探す方法やメリット・デメリットも

<目次>
応募前に相談したい方へ!
長期インターン相談
Voilの運営メンバーが徹底サポートします!
・長期インターンって?
・企業の紹介
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【有給インターン 機会】そもそも有給インターンとは?




有給インターンを始めようとしている学生がいると思います。

しかし、有給インターンについて詳しく知れる機会ってあまりないですよね。

そこで、まずは有給インターンがどんなインターンなのかを確認していきます。


学生にキャリアについて考えるきっかけや機会を提供する職業体験


有給インターンは、簡単にいうと学生が企業で職業体験をすることを指します。

具体的には、学生がキャリアについて考えるきっかけや機会を提供することを言います。

有給インターンでは、学生も社員と同様の仕事を行うため、仕事の対価として給料をもらうことができます。

また、有給インターンは裁量権が大きく、自分がやりたい仕事をできる機会が多いでしょう。



【有給インターン 機会】地方学生が有給インターンを探す方法は?




有給インターンに参加しようと思っても、求人を探すのはなかなか大変ですよね。

特に、地方学生の場合、首都圏と比較して求人数も少ないので、悩むことがあると思います。

そこで、地方学生が有給インターンに参加するために、求人を探す方法をご紹介します。


有給インターン 探し方➀有給インターンをHPで検索する


1つ目の探し方は、有給インターンHPで検索することです。

有給インターンの求人は、企業のサイトに掲載されています。

なので、気になる企業がある方は、企業のHPを検索して採用やリクルートの欄を見てみてください。

地方学生でも有給インターンに参加する機会はたくさんあるので、企業名が分かる企業はHPから検索することをおすすめします。


有給インターン 探し方②大学のキャリアセンターへ相談に行く


2つ目の探し方は、大学のキャリアセンターで相談をすることです。

大学のキャリアセンターには、大学と繋がりのある企業やOBOGがいる企業の有給インターンがあります。

なので、インターネットには掲載されていない有給インターン求人を知ることが可能です。

有給インターン求人探しに困っている人は、ぜひ大学のキャリアセンターを活用して有給インターンに参加する機会をゲットしましょう。


有給インターン 探し方③東京へ上京して有給インターンを探す


3つ目の探し方は、東京へ上京して有給インターンを探すことです。

地方でも有給インターンをすることは可能ですが、やはり首都圏と比べると有給インターンを実施している企業は圧倒的に少ないです。

なので、自分にあった企業で有給インターンをしたいと思っている人、気になる企業が東京にある人は、ぜひ上京も選択肢に入れてみてください。


有給インターン 探し方④エージェントを活用する


4つ目の探し方は、エージェントを活用することです。

エージェントでは、有給インターンの求人を紹介してもらうことができます。

希望の条件をいうとそれに合った企業を教えてもらえたり、選考のアドバイスをもらえたりもします。

おすすめのエージェントは、長期インターンサイト「Voil」です。

「Voil」では、無料サポート面談を行っており、自分に合った企業の有給インターンを紹介してもらうことができます。

有給インターンに参加する機会を探している人は、ぜひエージェントを活用してみてください。


有給インターン 探し方⑤有給インターンで働いた経験のある人に紹介してもらう


5つ目の探し方は、有給インターンで働いた経験がある人に紹介してもらうことです。

有給インターン経験のある友人や知人がいる人は、有給インターン先企業を紹介してもらいましょう。

実際の体験談を聞けたり、企業の雰囲気を知れたりするので、不安を解消して有給インターンに望むことができます。

また、選考で気を付けたことや聞かれたことも情報を得ることができるため、対策がしやすいです。



【有給インターン 機会】地方学生が有給インターンの機会を掴みにいくには?




有給インターンに参加したいと思っている地方学生が、有給インターンの機会を掴みにいくにはどうしたら良いのでしょうか。

地方学生が有給インターンに参加するために、やるべきことは、「will-can-must」のフレームワークに沿って「自分がモチベーション高く、成果を出せる最適な仕事」を書き出すことです。

それでは、具体的なやり方を解説していきます。


有給インターン 機会の掴み方➀自分ができることを洗い出し、スキルやニーズと合致する企業や職種を見つける(can)


まずは、自分ができることを書き出してみましょう。

得意なことや強みを洗い出していくと、自分に向いている仕事が見えてきます。

そうすると、スキルやニーズに合致する企業や職種を見つけることができます。

書き出すことで自分が気づいていなかった強みが分かるので、有給インターンに参加しようとしている学生は、ぜひ(can)を整理してみてください。


有給インターン 機会の掴み方②自分がやりたいことを客観視するために、知識量を増やし興味の範囲を拡張する(will)


続いては、興味関心を広げていきます。

社会に出て働いたことがない学生は、まだまだ知らない仕事が多いです。

なので、知識量を増やして、今まで見ていなかった企業や職種にも目を向けましょう。

そうすると、自分がやりたいことを客観視することができ、新たな興味関心を見つけることができます。

興味関心を広く持っていると、有給インターン求人も探しやすいです。


有給インターン 機会の掴み方③社会課題や社会で求められる人材像を理解し、自分がやらなければならないことを認識する(must)


最後に、自分がやらなければならないことを確認していきます。

選考を突破するためには、有給インターンを実施している企業がどんな学生を求めているかを知る必要があります。

そのため、社会課題や社会で求められる人材像を理解しなくてはなりません。

有給インターンに参加したい場合、自分がやるべきことを認識し、仕事へのイメージを具体化させていきましょう。



【有給インターン 機会】地方学生が有給インターンを始めるメリットとは?




有給インターンの求人が少ないため、地方学生が有給インターンに参加できる機会は、首都圏と比べて少ないです。

ですが、地方学生だからこそ、有給インターンに参加するメリットがあります。

せっかく有給インターンに参加するのであれば、メリットがあった方がいいですよね。

それでは、地方学生が有給インターンに参加するメリットを見ていきましょう。


有給インターン メリット➀キャリアの解像度が高まる!


まずは、キャリアの解像度が高まることがメリットです。

有給インターンに参加すると、自分のキャリアを考える時間が増えます。

また、近くで社会人が実際に仕事をしているところを見ることができるため、働くことへの考えも具体化できます。

キャリアのイメージが抽象的な学生は、ぜひ有給インターンに参加して、自分のキャリアを明確に考えてみませんか。


有給インターン メリット②首都圏の企業との接点が生まれる!


次に、首都圏の企業との接点ができることもメリットです。

地方に住んでいると首都圏企業と出会う機会が少ないです。

しかし、有給インターンに参加すると、社外との繋がりや社会人との繋がりができます。

また、有給インターンで首都圏の企業で働くと、より一層首都圏の企業が身近になります。

首都圏での就活を考えている学生は、ぜひ有給インターンに参加してみてください。


有給インターン メリット③情報感度の高い学生と知り合える!


最後に、情報感度の高い学生と知り合えることもメリットです。

有給インターンに参加する学生は、視座の高い学生が多いです。

なので、有給インターンでよきライバルになるだけでなく、有給インターンが終わった後も心強い仲間となります。

学業や就活の相談をすると、新しい情報を教えてくれる関係にもなれるでしょう。



【有給インターン 機会】地方学生が有給インターンを始めるデメリットとは?




地方学生が有給インターンに参加するメリットを解説しました。

しかし、地方学生が有給インターンに参加することには、メリットだけでなくデメリットも存在します。

最後に、地方学生が有給インターンを始めるデメリットを解説します。


有給インターン デメリット➀学業との両立が難しくなることも


1つ目は、学業との両立が難しくなることです。

有給インターンと学業は両立できますが、やはり大変なことがあります。

学業が最優先になりますが、その次に有給インターンを優先するため、自由な時間は減ってしまいます。

有給インターンを始めようとしている学生は、自由な時間がこれまで通りではなくなることを理解して、有給インターンに参加しましょう。


有給インターン デメリット②プライベートと仕事の境目が曖昧になることも


2つ目に、プライベートと仕事の境目が曖昧になることがあります。

最近は、フルリモートで行える有給インターンが増えてきています。

フルリモートだと、地方学生でも首都圏企業の有給インターンに参加できるため、有給インターンの機会は広がります。

しかし、プライベートの時間と働く時間を自分でコントロールすることになるため、公私混同しやすいでしょう。


有給インターン デメリット③他県で始める場合には出費が伴うことも


3つ目に、他県で始める場合は出費がかかることがあります。

先ほど有給インターンの参加機会を広げるために、上京する方法を解説しました。

しかし、他県で有給インターンをする場合は、住まいや生活費などこれまでかかっていなかった費用がかかることになります。

他県での有給インターンを考える場合、自分に合った企業で有給インターンをできるようにはなりますが、出費についても忘れずに考えましょう。



長期インターンを探している方へ