記事のサムネイル

【起業家志望必見】海外長期インターンするならシンガポール!

 |  海外長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

最近では、シンガポールで長期インターンを始めている人が増えています。


マリーナベイサンズなど、観光都市としてイメージが強い人もいるかもしれませんが、実は今シンガポールは東南アジア最大のスタートアップ拠点となっています。


今回はシンガポールで長期インターンをする魅力をお伝えします。


なぜいまシンガポールでの長期インターンが熱いのか?



海外長期インターン先のなかでも、東南アジアの人気が高まっており、シンガポールも注目が集まっている国です。


しかし、なぜいまシンガポールが長期インターンで熱いのでしょうか。


はじめにシンガポールが長期インターン先として人気が高い理由を見ていきます。


理由➀東南アジア最大のスタートアップ拠点

まず最初に、東南アジア最大のスタートアップ企業の拠点であることが理由に挙げられます。


シンガポールはビジネスを始めやすい場所であるため、スタートアップ企業の進出が盛んです。


具体的には邦人に対して優しい政策が多いことや、税金問題が少ないことが理由となっています。


そして、スタートアップ企業が多いことから、働き手を求めて学生長期インターンの募集も増えています。


ビジネスができていく瞬間に携わりたい学生は、スタートアップ企業での長期インターンがおすすめです。


理由②大手外資企業の進出

続いて、シンガポールは大手外資企業の進出も盛んです。


特に、コンピュータ・半導体・医薬品関連のグローバル大手企業の進出が増加しています。


具体的には、アメリカ、イギリス、スイス、日本などからの拠点が多いです。


従って、シンガポールでは大手外資企業での長期インターンもできます。


志望業界が決まっている方は、業界から長期インターン先を探してみると良いでしょう。


理由③圧倒的なグローバル環境

最後に、他の国と比較して圧倒的にグローバルな環境であることも理由として挙げられます。


シンガポールは、人口の30%が外国人です。


具体的には、チャイナタウン、アラブストリート、リトルインディアなどのエスニックタウンがあり、まさに多民族国家として様々なバックグラウンドを持つ人々が共生する先進国と言えます。


休日には、観光をしたり、文化体験をしたりする時間もあるので、濃い海外経験をしたい人日おすすめな国です。


異なる価値観や文化に触れたい人は、ぜひシンガポールを長期インターン先に考えてみましょう。



シンガポール長期インターンやっておくべきおすすめ3選



さて、海外長期インターンをしたいと思っていても、初めての長期インターンだと心配事がたくさんありますよね。


特に海外だと、日本で長期インターンをするよりも不安が募ると思います。


しかし、事前準備をしっかりしていれば、現地大きな心配はいりません。


そこで、シンガポールで長期インターンをする前にやっておくべきことを3つ解説していきます。


おすすめ➀インターンシップビザの取得

まずはじめに、シンガポールで長期インターンをする際は、インターンシップビザを取得しましょう。


観光旅行であれば、ビザは必要ありませんが、インターンとして長期滞在する場合はビザが必要です。


長期インターンとなれば、給料をもらって働く形になるので、インターンシップビザが必須になります。


ビザの発行はすぐにできるものではないので、時間に余裕をもって発行準備に取り掛かりましょう。


おすすめ②日常会話レベル以上の語学スキル

次に、日常会話レベル以上の語学スキルを身につけておきましょう。


長期インターン先での仕事上の会話はもちろん、現地で日常生活を送るためにも語学スキルが必要です。


日本人が長期インターン先にいれば安心できますが、いない場合もあるので、自分のことは1人でできるように語学スキルを高めておくことをおすすめしま

す。


また、語学力が高いほど、任せてもらえる仕事の幅も広がり、より充実した長期インターンになります。


休日に、観光や文化体験をする際にも語学力が高い方がコミュニケーションが取りやすいです。


おすすめ③緊急時に備えた保険加入

最後に、海外長期インターンに参加する方は、緊急事態に備えて保険に加入しましょう。


シンガポールの治安は悪くないですが、やはり日本とは違った環境で生活することになるので、予期せぬトラブルが発生しやすいです。


さらに、滞在が長くなるほど、病気や怪我をしたり、貴重品が盗まれたりするリスクが高まります。


なので、携帯品損害や医療費の補償額が十分にある保険を選びましょう。


万が一の場面で、慌てずに済むようにあらゆるリスクをカバーできる保険に加入しておくと安心です。



シンガポール海外長期インターンの特徴3選



シンガポールで長期インターンに参加するイメージが鮮明になってきましたでしょうか。


参加意欲が高まってきた方もいると思います。


せっかく長期間シンガポールでインターンをするなら、シンガポールならではの経験がしたいですよね。


そこで、最後にシンガポールの長期インターンの特徴を解説していきます。


特徴➀質の高い有給インターン

まず第一に、シンガポールでは質の高い有給インターンをできます。


コンサルティング業、広告業、貿易業などをはじめとする様々なビジネス領域においてインターンシップ生として有給で雇われる機会があります。


そのため、有給インターンではアルバイトの枠では経験できない職業体験ができます。


有給インターンなのに、雑務やアルバイトと同じ業務だと身に着けたいスキルもなかなか身に着きませんよね。


なので、仕事で活かせるスキルを身に着けたり、実績になる実務体験を積みたい人は、ぜひシンガポールで長期インターンをしてみましょう。


特徴②0→1スキルの習得

続いて、0→1スキルの習得できることも特徴です。


有給インターンでは、実務業務を任されますが、スタートアップ企業が多いシンガポールではクリエイティブな仕事を任される機会が多いでしょう。


どの職種でも0→1スキルは必要ですが、特に企画職やデザイナーの場合は必須です。


また、業界としては広告業や、IT企業、WEB関連企業がおすすめです。


なので、0→1スキルの習得をしたい方は、ぜひクリエイティブな職種に応募してみてください。


特徴③語学力の向上

最後に、語学力が向上することも特徴です。


シンガポールは多民族国家なので英語を話せる人が多いです。


従って、長期インターンでは基本的に英語を話すことが多いでしょう。


なので、仕事をするうえで英語が身に付くと思います。


しかし、現地で語学力を高めることも可能ですが、充実した長期インターン生活を送るには、事前に英語を身に着けておくことをおすすめします。


著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
就活関連
長期インターンはガクチカになる?メリットと伝わるガクチカを解説
有給インターンについて
有給インターンは稼げる?時給や税金について解説!
お悩み相談
長期インターンでネイルはOK?注意すべき理由とポイントを解説
長期インターンについて
【実は業務は多種多様】まちづくりに興味がある!長期インターンはどう探す?
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!