記事のサムネイル

~おすすめ海外長期インターン【カナダ編】~

 |  海外長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。


目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。


1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解


2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう


3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。


1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。

一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。


一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。


個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。


一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。


そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



おすすめ海外長期インターンサイト【カナダ編】




海外長期インターンに参加したいと思っても、希望の求人を見つけるのは大変ですよね。


また、行きたい国が決まっている人はいくつかの求人を比較検討したい方もいると思います。


そこで、今回はカナダで長期インターンに参加したいと思っている人に向けて、おすすめの長期インターンサイトをご紹介します。


カナダでの長期インターンを検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。


Co-op留学


まず1つ目におすすめするサイト「Co-op留学」です。


「Co-op留学」は、学校での授業と就労体験、いわゆる長期インターンがセットになっている留学、「Co-opプログラム」を提供しています。


簡単にいうと、カナダに入国後、はじめに専門分野に関する講義を受け、その後学んだことに関連した有給インターンをします。


留学では語学を学ぶことが目的であり、ワーキングホリデーでは働くことが目的です。


しかし、「Co-op留学」では語学だけでなく専門分野を学ぶことができ、さらにその知識を活かして実務業務においてスキルを高めることができます。


また、「Co-op留学」でならワーキングホリデーではなかなか働けない、オフィス系でも就労することが可能です。


カナダで一般とは違った働き方をしたい人は、ぜひ「Co-op留学」をご覧ください。


HRC Education Canada


2つ目におすすめするサイトは「HRC Education Canada」です。


「HRC Education Canada」は、アメリカとカナダ両方の国での留学のメリットをうまく活用してのインターンシップを目的とした留学を提供しています。


要するに、カナダで語学留学をし、同じくカナダでワーキングホリデーをしたのちに、アメリカで有給インターンに参加するというプログラムです。


カナダでは英語力が高くなくても、働ける求人が豊富です。


そのため、カナダで就労経験を積んでからアメリカで専門分野を極めることができます。


英語力に不安がある方は、留学生に優しいカナダで語学留学をしたり、ワーキングホリデーをしてから、アメリカの有給インターンに参加してみましょう。


INTERN STYLE


3つ目におすすめするサイトは「INTERN STYLE」です。


「INTERN STYLE」は、海外インターンの求人を掲載しているサイトです。


カナダでの主なインターン先は、都市部では、接客業や一般企業でのオフィスワークのインターンシップが一般的です。


一方で、都市部以外の地域では、リゾートホテルやペンションでのホスピタリティ系のインターンシップの需要が高くなります。


「INTERN STYLE」では、気になった求人にすぐに応募できるため、初めての求人探しでも簡単に進められます。


カナダでの長期インターンを希望している方は、ぜひ「INTERN STYLE」で気になる求人を見つけてみましょう。



海外長期インターンやっておくべきおすすめ3選




初めての海外インターンだと、不安なことがたくさんありますよね。


また、できる限り日本にいるうちに準備を整えておきたいでしょう。


そこで、ここからは海外長期インターンに行く前にやっておくべきことを解説していきます。


現地で慌てないように事前準備を完璧にしておきましょう。


おすすめ➀インターンシップビザの取得


まず第一に、やるべきことはインターンシップビザの取得です。


カナダで海外長期インターンをする際は、通常の観光旅行と違い、長期滞在となるため、ビザが必要です。


従って、カナダで長期インターンに参加する人は、インターンシップビザを出国に余裕を持って発行しましょう。


ビザ発行には、いくつか書類の提出が要りますし、発行までに時間がかかるので、早めに準備することをおすすめします。


語学留学やワーキングホリデーを伴う場合は、適しているビザが異なることがあるので、その場合は自分のプランに合ったビザを発行してください。


おすすめ②日常会話レベル以上の語学スキル


次に、日常会話レベル以上の語学スキルを身に着けておくことも、やるべきことの1つです。


海外長期インターンに参加するとなると、仕事をするうえで英語やその他の語学力は欠かせません。


また、インターン先企業の会話だけでなく、カナダで生活していけるだけの日常的な会話力も必要です。


さらに、語学力が高いほど、できる仕事の幅も広がり、長期インターン以外での活動もしやすくなります。


なので、カナダで長期インターンをする人は、できるだけ英語力を高めておくことをおすすめします。


おすすめ③緊急時に備えった保険加入


最後に、緊急時に備えて保険に加入しておくことも出国前にやるべきことです。


海外では滞在期間が長くなるほど、病気をしたり、所持品が盗まれたりするリスクが高まります。


安心して日常生活を送り、長期インターンに集中できるように、万が一に備えて保険へ加入しておくことをおすすめします。


保険の中には、インターンシップ参加者向けのものもあり、ホームステイ先・宿泊先などに置いておく荷物にも補償がつくプランがあります。


ぜひ、長期インターンの参加スタイルと現地での日常生活に合わせた保険を選んでください。



カナダで海外長期インターンするならここだ!




さて、カナダの長期インターンに参加する意欲が高まってきた方もいると思います。


しかし、カナダは国が大きいので、どの地域でインターンすべきか悩みますよね。


実際に地域によって、長期インターンの業種や職種の特徴も異なります。


そこで、カナダで長期インターンをするならここがおすすめ!という場所を3つご紹介します。


働きたい企業、地域が定まっていない方は、ぜひ参考にしてみてください。


トロント


まず1つ目におすすめする場所は、トロントです。


トロントは、北岸西部にあるカナダの主要都市です。


トロントは、インターンの受け入れ実績が多い年ですが、インターン生だけでなく留学生にも人気な都市と言えます。


また、インターン実績が多いことから、初めて海外長期インターンに参加する方にとっても、安心感と信頼感がある場所となっています。


そして、トロントはビジネスの中心地であるため、企業数も多いです。


さらに、大学も多く、学生が多いことから国際色豊かな都市なので、日常生活も送りやすいでしょう。


バンクーバー 人手不足で積極的に募集しているとのこと!


2つ目におすすめする場所は、バンクーバーです。


バンクーバーは、カナダで最も人口が多い活気溢れる西海岸の港湾都市です。


過去のオリンピック開催地ということで、バンクーバーについて知っている方も多いと思います。


そんなバンクーバーは、働く人の人材不足によって、海外長期インターンの求人募集が多くっています。


また、バンクーバーには留学生も多いため、インターン先以外でも交流を楽しむことができるので、インターン生が日常生活を送ることにも適している場所と言えます。


ウィスラー


3つ目におすすめする場所は、ウィスラーです。


ウィスラーは、バンクーバーの北に位置する町で、スキーのリゾート地として有名です。


そのため、ホテルやペンションなどホスピタリティ系の長期インターン求人が豊富です。


なので、ホスピタリティ系の仕事に関心がある方は、ウィスラーでの長期インターンを検討してみましょう。


また、バンクーバー同様に、ウィスラーは現在人手不足であることから、長期インターンの求人数が増えています。



カナダ海外長期インターンの特徴3選




ここまでの解説で、カナダでの長期インターンがより鮮明にイメージできるようになってきたのではないでしょうか。


せっかくカナダで長期インターンに挑戦するなら、カナダならではのメリットを得たいですよね。


そこで、最後にカナダの長期インターンならではの特徴を解説します。


カナダでの長期インターンを充実させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


特徴➀訛りの少ない英語に触れられる


まず第一に、カナダの英語は訛りが少ないため、キレイな英語に触れることができます。


長期インターンや留学では、渡航する国によって同じ英語でも、発音や語句の違いがあります。


有名なのは、オーストラリアやニュージーランドといったオセアニア、アフリカ英語の訛りです。


しかし、カナダでは国独特の訛りなどが少ないため、どこの国でも通用する英語を身につけることができます。


特徴②多国籍文化を体感できる


続いて、カナダは民族が多く、また留学生や移民も多いので、多国籍国家です。


なので、人種のるつぼとも言われており、その名の通り、移民をたくさん受け入れる体制が整っています。


そして、国際色が豊かであるという特徴から、多国籍文化を体験することができます。


1ヵ国に渡航しただけで、複数の国の文化に触れられるのは貴重な機会です。


カナダで長期インターンをする際は、ぜひさまざまな文化、移民や留学生の方を交流しましょう。


特徴③自然×都会のアクティビティが豊富


最後に、カナダには自然と都会を融合したアクティビティがたくさんあります。


都市部では、ビジネスが盛んに行わていますが、自然が隣合わせであるため、緑に囲まれた生活ができます。


そのため、インターンが休みの時は、ぜひ自然の中で楽しめるアクティビティに参加してみましょう。


また、都市と地方の融合型であるカナダの長期インターンは、インターンの種類も豊富であり、実際に農業からIT企業まで幅広くそろっています。


志望業界や職種が決まっていない方は、ぜひカナダで自分に合うインターン先をみつけてみてください。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。


500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!


面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!


「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!


職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
関連するコラム
業界・職種特集
業界・職種特集
2021年06月02日
【憧れのアパレル業界】気になる長期インターンの実情とは?
学生のみなさんの中には、ファッションが好きな方、服にこだわりを持っている方も多いと思います。そこで、洋服を取り扱うアパレル業界とはどのようなものなのでしょうか? 今回はアパレル業界の長期インターンについて徹底解説していきます!
業界・職種特集
合格ノウハウ
合格ノウハウ
2021年04月23日
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
長期インターンを始めてみたいけど、探し方がわからない。 長期インターンサイトがどれも同じで、どこから探せばよいかわからない。 この記事では、業界で唯一の長期インターンサイトVoilが、基本の探し方はもちろん、今熱い、後悔しない自分にあった長期インターンの探し方をお伝えします!
合格ノウハウ
合格ノウハウ
合格ノウハウ
2021年05月24日
【徹底解説!】長期インターンの面接で落ちる4つの理由
近年、自分の将来を見据えて、長期インターンシップを始める大学生が増えています。しかし、いざ選考へ応募してみると「落ちてしまった、、」という経験をした方もいるのではないでしょうか。では、長期インターン選考の面接で落ちる要因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 今回は面接で落ちる4つの理由について解説していきます。
合格ノウハウ
業界・職種特集
業界・職種特集
2022年05月25日
【5分でまるわかり】カード業界長期インターンの職種や業界動向、適性のある人物まで一挙紹介!
業界研究にお困りのあなたへ!カード業界長期インターンの業態や職種、業界動向や適性のある人物まで一挙にご紹介します!
業界・職種特集
おすすめ記事
海外長期インターンについて
【大学生必見!】海外長期インターンするならベトナム
就活関連
【24卒必見!】多ければいいってものじゃない!サマーインターンは何社応募すべき?
業界・職種特集
【5分で解説!】商社業界の長期インターンとは?
長期インターン体験記
株式会社アーキベースの長期インターン体験記
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説