記事のサムネイル

この冬、長期インターンを始めたいあなたへ

 |  タイプ別おすすめ
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

クリスマスやお正月など、おやすみモードの冬休み。


お休みモードでゆっくりするのも良いですが、年初は心機一転なにかに頑張りたいと感じる学生もいるのではないでしょうか。


そんな大学生の皆さんにおすすめなのが長期インターンです。


今回は、なぜ冬休みに長期インターンをするべきなのかを解説します。


冬休みに長期インターンを始めるべき理由2つ



長期休みになると、何か新しいことを始めたいなと思いますよね。


大学生の中には、周りの友人がインターンシップを始めたことで自分もやってみたいなという方もいるでしょう。


実際に、冬休みは長期インターンを始める絶好のチャンスです。


そこで、今回は冬休みに長期インターンを始めるべき理由について解説していきます。


春から始める学生に差をつけられる

まず第一に、冬休みから長期インターンを始めることで、春休みから始める学生と差をつけることができます。


大学生の長期休暇の中で、春休みが一番休暇日数が多いので、春休みに長期インターンを始める学生が多いです。


また、春休みは学年が上がるということで、区切りも良いため、就活や将来のキャリアを考えて動き始める学生が多くなっています。


そのため、長期インターンは冬休みから始めることで、春休みから始める人たちより一歩差をつけられます。


そして、長期インターンは始める時期が早いほど、継続できる期間が長くなります。


一般的に長期インターンは3ヶ月以上働くことが多いですが、専門的知識とスキルを身に着けて実務業務を一人前にできるようになるには、半年~1年かかると言われています。


なので、長期インターンで実務業務で活かせるスキルを身に着けたいと思っている学生は、できるだけ早く長期インターンに参加し、半年以上働くことをおすすめします。


さらに、冬休みにインターンに参加する学生の多くは、冬の短期インターンに参加する学生が多いです。


従って、この期間に長期インターンを経験できると、インターンに参加した学生の中でも差をつけることが可能です。


冬インターンの練習になる

続いて、冬のインターンの練習になることも冬休みに長期インターンを始めるべき理由として挙げられます。


長期インターンは1年を通して参加することが可能ですが、冬季インターンは短期インターンなので、一般的に12月~2月ごろにしか実施されません。


しかし、この冬季インターンに参加できるかが就活の鍵を握っていると言っても過言ではないのです。


一般的に、冬季インターンは内定に直結することが多いと言われており、冬季インターンに参加することで、本選考が一部免除されたり、早期選考対象になったりします。


従って、冬季インターンに参加すると、その時点で本選考において一歩差を付けることができるのです。


最近は、1・2年生でも参加できる冬季インターンが増えているため、選考倍率も高まっています。


そのため、冬季インターン前に練習ができるよう、冬休みに長期インターンを始めることをおすすめします。


長期インターンは通年で始めることが可能なので、冬季インターンが始まる前に、開始できると良いでしょう。


長期インターンで実務経験を積むだけでなく、冬季インターンで内定に繋がる実績も作りたい方は、ぜひ冬休みのうちに長期インターンを始めてみましょう。


【学年別】冬に長期インターン前にやるべきこと3つ



「冬休みに長期インターンを始めたい」と思った学生もいると思います。


しかし、いきなり長期インターンを始めようと思っても何から準備すべきか悩みますよね。


そこで、冬休みに長期インターンを始める前にやるべきことを、学年別で解説していきます。


この冬から長期インターンを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。


1年生

まず、大学1年生が長期インターンを始める前にやるべきことは、自己分析です。


大学1年生では、まだ就活や将来のキャリアを考えて動いている人が少ないので、長期インターンを始めるにあたって、自己分析から始めることをおすすめします。


長期インターンを始めるには、そもそも長期インターン先の企業はどの業界なのか、応募する職種は何かを決めなくてはなりません。


そのためには、自分が興味のあることや強みを理解しておく必要があります。


また、長期インターンは3ヶ月以上働くことが多いので、長い期間を無駄な時間にしないためにも、できるだけ自分に合った長期インターン先を見つけることが重要です。


自己分析は何度も繰り返すことが大切なので、自己分析ツールを活用したり、自己年表を書いてみたりして、自己理解を深めていきましょう。


さらに、キャリアセンターや就活エージェントに、自己分析やキャリアを相談することもおすすめです。


自己分析の結果から業界や職種、働き方などが将来像と合っている長期インターン先を選んでください。


2年生

次に、大学2年生が長期インターン始める前にやるべきことは、就活が始まるまでにどんなスキルを身につけたいか、どのような経験を積みたいかを考えることです。


大学2年生から長期インターンを始める人の多くは、就活を見据えていると思います。


現時点で志望する業界が自分に合っているのかどうか、付きたい職種で想像しているスキルは身につくのかどうかなど、長期インターンの経験から知りたいことがあるでしょう。


そのため、身に着けたいスキルや経験しておきたいことなど、長期インターン参加後にどうなっていたいかを考えることをおすすめします。


そして、長期インターンでは、実際に企業の内側に入って実務経験を積むことで、志望業界や職種が自分に向いているのかを知ることができます。


なので、志望業界や職種が決まっている人や、気になる企業がある人は、大学2年生から長期インターンを始めましょう。


また、長期インターンの経験は就活に活かすことができますが、経験しただけでは周りと差をつけることは難しいです。


従って、長期インターンではどんな仕事をして、何を学びたいかを参加前に考えて、就活が始まる前までに、働くことへの理解や起業への理解を深めておきましょう。


3年生

最後に、大学3年生が長期インターンを始める前にやるべきことは、どの業界・職種で就活をするかを決めることです。


大学3年生で長期インターンを始める人の多くが、長期インターンの経験を就活に繋げたいと思っているでしょう。


また、志望する企業を長期インターン先にし、そのまま本選考に進みたいと考えている人もいると思います。


そのため、大学3年生で長期インターンを始める際は、就活で選考を受ける業界や職種を決めておくことが重要です。


志望する業界や職種で長期インターンができると、長期インターン先企業だけでなく、同業界や同職種の企業の本選考を受ける時に、実体験から志望動機を述べることができます。


さらに、業界や職種についての理解もあるため、活かせる強みや将来やりたい仕事も考えやすくなります。


加えて、長期インターンで実務業務ができるだけのスキルを身につけられていると、就活時だけでなく入社後も周りと差をつけることができるでしょう。


将来のキャリアプランを考えられている大学3年生は、ぜひ長期インターンを始めて一歩先に社会経験を積むことをおすすめします。



長期インターンを探している方へ


Voilとは

Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます

500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!


「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
合格ノウハウ
長期インターンの面接・出勤時の服装を徹底的に解説!
長期インターンについて
成果が求められるから意味がある!より有意義な長期インターンにする3つのススメ
長期インターンについて
長期インターンの目的とは?長期インターンにぴったりな学生の3つの傾向と厳選企業の特集も!
長期インターンについて
【必読】長期インターン体験談ブログまとめ
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説