記事のサムネイル

長期インターンをお休みしたい!迷惑なく休暇を取る方法

 |  お悩み相談
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは?




長期インターンとは、学生が企業で働き、実務経験を得られる1ヶ月以上の長期間のインターンシップのことを指します。

長期インターンでは、学生も社員と同様の仕事を任され、その仕事が労働とみなされます。その結果、企業に給与を支払う義務が発生し、学生も給与をもらうことができます。そのため、長期インターンは有給インターンと呼ばれる場合もあります。



論文執筆期間や試験前だけお休みすることは可能?




結論、卒業論文執筆や試験を理由に長期インターンを休むことは可能です。

しかし、学業が第一優先だからといって、論文執筆や試験を理由に自分勝手に休めるわけではありません。

長期インターンを休むときは、休みたい日とその理由を事前にメンターや上司に相談する必要があります。

なぜなら、あなたが休んでいる間の仕事を誰かが代わりに担当しなければならないため、その準備が必要だからです。

したがって、論文執筆や試験が忙しく、長期インターンに出勤できなさそうなときは上司にシフト調整の相談をしましょう。


迷惑をかけずに休む方法




先ほども述べた通り、学生の本文は学業ですが、学業を理由に勝手に休んでいいわけではありません。

あなたが休んでいる期間にも会社の仕事は動いています。

そのため、あなたが休んでも迷惑をかけないようにしなければならないのです。

ここからは、長期インターンをなるべく迷惑をかけずに休む方法について解説していきます。


なるべく早めに上司に相談する


まず、何よりも大事なことが早めの相談です。

学業を理由に休むのであれば、ある程度前から予定がわかっているはずです。

そのため、休まなければならないことがわかった時点で、早めに上司に相談してください。

早めに長期インターンを休みたいことを伝えておくことで、シフト調整ができ、希望日に休める可能性が高まります。

反対に、期日ギリギリに申し出ると、シフト調整が難しく、希望日に休みが取れないリスクがありますよ。


大体の休暇期間の目安を伝えておく


1日~数日の休みであれば、あなたの仕事を代わりに進めてくれる人をすぐに見つけられる可能性が高いです。

しかし、論文執筆や試験を理由に長期間休むことになる場合は、代わりの人を見つけるのが大変です。

そのため、上司に休みの相談をするときは、どのくらいの期間の休暇が必要なのかあらかじめ伝えておきましょう。

大体の休暇期間が把握できれば、その期間の仕事を調整することができます。


引継ぎがある際はきちんとまとめておく


論文執筆や試験期間を理由に長期インターンを休むときは、自分が担当している仕事の引継ぎをきちんとおこないましょう。

普段からあなたが担当している業務内容を知っているメンターや上司であれば、引継ぎにそんなに時間がかからないかもしれません。

しかし、あなたの代わりに新たに入ってきた人や、他部署の人だと引継ぎに時間がかかってしまいます。

休暇期間に入るまでにきちんと引継ぎを終えられるように、早めに動くことが大切ですよ。



復帰時の対応はどうするべき?


論文執筆や試験を優先するために、長期インターンを休んだ人が復帰するときはどうしたらいいのでしょうか。

会社にどんな連絡をすべきなのか、いつ頃から復帰できるのかなど気になることがありますよね。

そこで、ここでは復帰するときの対応について見ていきましょう。


復帰の具体的な時期が決まったら速やかに連絡


論文執筆や試験が終わり、復帰できる時期がきまったら、その時点で上司に連絡しましょう。

早めに連絡することで、会社はあなたの復帰に向けて動くことができます。

また、あなたの代わりとなる人を雇っていた場合、その人の仕事の調整も必要になります。

したがって、復帰の具体的な時期が決まったら、速やかに上司に連絡することが大切です。


休み明けはお休みのお礼を伝えよう


論文執筆や試験を終えて、長期インターンに無事に復帰したときは休みをもらったことへの感謝を伝えましょう。

休んでいた期間、あなたの仕事を代わりに進めてくれていた人がいるはずです。

そのため、学業が理由の休暇であっても、休み明けはお休みをいただいたことへのお礼を伝えてください。

感謝の気持ちが伝われば、復帰後もお互い気持ちよく働くことができますよ。



まとめ




今回は、論文執筆や試験を理由に長期インターンを休めるかどうかについて解説しました。


学生の本文は学業であるので、学業を理由に長期インターンを休むことは可能です。

しかし、学業が理由だからといって自分勝手に好きな日に休めるわけではありません。

どんな理由であれ、長期インターンを休むときは休暇がほしいという旨を早めに申し出ることが大切ですよ。

著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
業界・職種特集
不動産業界での長期インターンとは?仕事内容メリット・デメリットを徹底解説!
お悩み相談
【広島勢必見】広島県で長期インターンを探すには?
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社TechDoctorのインターン体験記
業界・職種特集
自動車業界長期インターンのすべてがまるわかり!職種や業界動向、適性のある人物まで一挙紹介!
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!