記事のサムネイル

【入門編】マスコミ業界の長期インターンとは?

 |  有給インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは

インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い

種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】

期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】

期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】

期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い

違いは主に3点あります。


1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。


2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。


3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



マスコミ業界とは




就活やその後の進路を見据えて、長期インターンに参加しようと思っている方もいるでしょう。


そして、数多くある業界の中からマスコミ業界に関心を思っている学生も多いと思います。


そこで、今回はマスコミ業界の長期インターンについて解説していきます。


しかし、マスコミ業界がどのような業界か詳しく知る機会はなかなかないですよね。


そこで、まずはじめにそもそもマスコミ業界とはどういった業界について見ていきましょう。


メディアを通して情報伝達を行なう業界


マスコミ業界とはどのような業界なのでしょうか。


結論、マスコミ業界とは簡単にいうとメディアを通して情報伝達を行う業界です。


私たちが普段目にするテレビやインターネット上のニュース、新聞、書籍など、さまざまな情報伝達の手段がマスコミ業界に該当します。


マスコミは、映像のものもあれば、モノとして手にするものもあり、はたまたラジオなど音声で私たちに届くものも存在します。


従って、マスコミは情報を伝える手段の形や方法が多岐に渡っていると言えます。


そんなマスコミ業界をさらに主な業界に分類すると、放送業界、新聞業界、出版業界、広告業界に分けることができます。



マスコミ業界~長期インターンの種類~




さて、マスコミ業界の長期インターンに参加したいなと考えている学生も多いでしょう。


しかし、マスコミ業界は幅広い業界なので、1つ1つの業界の長期インターンがどのようなものか知ることは難しいですよね。


そこで、ここからはマスコミ業界の長期インターンの種類について解説していきます。


ぜひマスコミ業界の中でもどの業界の長期インターンに参加したいのかを考える参考にしてみてください。


放送業界


まず1つ目にご紹介するのは、放送業界の長期インターンです。


放送業界とは、テレビや映画など映像として情報を伝達している業界です。


そんな放送業界の長期インターンでは、普段放送されているテレビ番組の制作や、撮影のアシスタント、映像の編集などの業務を任されます。


放送業界の企業には、民放キー局と番組制作会社、映像制作会社がありますが、長期インターンを行っている企業は、自社で制作を行っているベンチャー企業が多いです。


大多数に向けた映像から、PR動画、学習コンテンツなど、映像と一言で言っても幅広い種類があります。


そのため、放送業界の長期インターンを受ける際は、どういった映像の制作に携わりたいかを明確にしておきましょう。


新聞業界


2つ目にご紹介するのは、新聞業界の長期インターンです。


新聞業界には、大手の新聞会社から地域に根付いた新聞会社まで幅広い企業が属しています。


知名度の高い会社では、長期インターンを行っている会社は少なく、短期インターンが主流です。


そんな新聞業界の長期インターンでは、新聞記事の執筆やインタビュー、データ分析、編集システムの開発など、文系から理系まで数多くの職種、業務があります。


特に、近年は新聞を取る世帯が減ってきており、新聞はスマートフォンやパソコンのインターネット上で読むことが多いです。


そのため、アプリの開発や自然言語処理研究開発など、電子版の新聞を発行するための技術開発も長期インターン生に任されるようになっています。


出版業界


3つ目にご紹介するのは、出版業界の長期インターンです。


出版業界とは、書籍や雑誌、マンガなどを出版する会社を指します。


最近は、電子書籍も主流になってきているので、紙媒体だけでなく電子版での出版も増加しています。


そんな出版業界の長期インターンでは、ライティングやマーケティング、企画、営業など幅広い職種を経験することができます。


また、メディア運営をしている会社も多いため、WEBサイトの立ち上げやWEBコンテンツの運用などを任されることもあります。


そのため、書くことや読むことが好きな方以外に、IT技術をアウトプットしたい方にも向いている長期インターンです。


広告業界


最後4つ目にご紹介するのは、広告業界の長期インターンです。


広告業界は、チラシやパンフレットなど紙媒体の広告から、WEB広告まで多岐に渡る広告を制作運用しています。


近年は、インターネット広告や動画広告を運用する会社が多く、またベンチャー企業も多いため、広告業界の長期インターン募集も増えています。


広告業界の長期インターンは、フルリモートで働ける企業も多いので、コロナ禍であっても参加しやすいです。


そんな広告業界の長期インターンでは、主に広告の制作や運用を任されます。


また、マーケティングやエンジニア、翻訳、デザイナーなど一般職から専門職まで多くの職種があります。


広告運営を通じてどのようなスキルを身に着けたいのかを明確にして、長期インターン選考を受けましょう。



マスコミ業界~長期インターンに適性がある人~




ここまでの解説で、マスコミ業界の長期インターンに応募しようと思った方も多いでしょう。


しかし、マスコミ業界の長期インターンは学生に人気が高いので、選考倍率も高いです。


従って、長期インターン選考を受ける際は、入念な準備と参加意欲が重要になります。


そこで、選考準備に向けて、マスコミ業界の長期インターンに適性がある人がどのような人物かについて解説していきます。


マスコミ業界の長期インターンの受けようと思っている学生は、自分に適性があるのかを考えながら、ご覧ください。


円滑なコミュニケーション能力


まず第一に、円滑なコミュニケーション能力がマスコミ業界の長期インターンでは求められます。


マスコミ業界は情報を伝達する業界ですが、その情報は最新のものである必要があります。


特に、インターネット上のメディアでは1番目に情報発信するか、2番目に情報発信するかで、見られる回数が大きく変わります。


また、正しい情報を的確に伝える必要があるため、マスコミ業界で働く人には、最新情報を間違えなく伝えられるコミュニケーション能力が欠かせません。


さらに、ライティングから編集、投稿まで多くの人が関わるので、部署間を超える連携も銃です。


フットワークの軽さ/迅速な対応力


続いて、マスコミ業界の長期インターンでは、フットワークの軽さや迅速な対応力も求められます。


マスコミ業界が伝達すべき情報は一刻一刻で変わります。


しかし、すべての場面において働く人の状況が整っているとは限りません。


そのため、自分の業務だけでなく他の社員が担当している業務を引き継いだり、途中で当たらな仕事を優先せざるを得ないこともあります。


従って、予測ができない事態の際に、素早く動けるフットワークと、臨機応変にこなせる対応力が必要です。


異業種異分野への関心


最後に、幅広い情報を扱うマスコミ業界の長期インターンでは、異業種異分野への関心も欠かせません。


伝達する情報は数えきれないほどあるので、自分が興味のあるものだけではないでしょう。


しかし、正しい情報を的確に素早く伝えるためには、たとえ知らない情報であっても興味関心を持つことが重要です。


また、インタビューをしたり、競合メディアの分析をしたりすることもあるので、異業種異分野への理解がある方が仕事の遂行しやすいです。


そのため、マスコミ業界で長期インターンをする際は、世の中の情報にアンテナを張って最新情報に触れる癖を付けておくと良いでしょう。



マスコミ業界~長期インターンの仕事内容~




マスコミ業界の長期インターンがどのようなものか理解していただけましたでしょうか。


マスコミ業界の中でも、広告業界や出版業界など長期インターンをしたい業界が絞れましたか。


それでは、最後にマスコミ業界の長期インターンで行う具体的な仕事内容を職種ごとに見ていきたいと思います。


マスコミ業界の長期インターンを受ける方は、ぜひ職種選びの参考にしてみてください。


企画


まずは企画職の仕事内容を見ていきます。


マスコミ業界の長期インターンにおける企画職の仕事は、番組の制作、WEBメディアのデザイン、新サービスの立案などを行います。


企画と一言で言っても、業界ごとに仕事内容が異なるため、一概にこれが仕事だとは言えません。


しかし、企画職は0から1を生み出す業務を任されるので、発想力やプランニング力が必要です。


また、ターゲットの分析や、チームのマネジメント力も欠かせません。


新しいものを生み出したい人、業績として形あるものを残したい人は、ぜひ企画職に応募してみましょう。


営業


次に営業職の仕事内容についてです。


マスコミ業界の長期インターンでは、インターン生も社員に同行して営業を行うことがあります。


営業は1回だけで契約が成立するのではないので、何度もクライアントのもとに足を運ぶ必要があります。


そのため、忍耐力やコミュニケーション能力を養うことができます。


また、営業を行うため、営業先リストの作成や自社のサービスを説明するための資料作成なども任されます。


人と接することが好きな人、数字として結果を追いたい人は、ぜひ営業職の長期インターンに応募してみてください。


マーケティング


最後にマーケティングの仕事内容をご紹介します。


マスコミ業界の長期インターンでのマーケティングでは、サービスを利用する顧客の動向や、流行の調査、メディアのPV数などを分析します。


数えきれないほどある情報を誰に向けて発信するのかがマスコミ業界の鍵です。


そのため、情報伝達をするにあたり、マーケティングはやりがいのある仕事だと言えます。


マスコミ業界でマーケティングをする人には、正確性や迅速性が求められると同時に、多角度からの視点も必要です。


データを扱うことが好きな人や、メディアの改善が得意な人は、ぜひマーケティング職の長期インターンを受けてみてください。



長期インターンを探している方へ




Voilとは

Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。


500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます

500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。


LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!


「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!


職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!




応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
関連するコラム
有給インターンについて
有給インターンについて
2021年08月17日
【未経験者でもできる】おすすめの有給インターンとその理由を徹底解説
有給インターンを探すとき、必ず突き当たる壁があります。それは、「未経験者でもできるおすすめの有給インターンはないの?」 と思うことです。 実際、有給インターンと一概に言っても業務内容は様々です。中には、インターンと言いながらほぼ雑用のものや、残業が多いものもあります。 始めるからにはしっかりと良い有給インターンを選びたいですよね。 そこでこの記事では、未経験者が有給インターンを始める前に知っておくべきことと、おすすめの業種を2つご紹介します。
有給インターンについて
長期インターンについて
長期インターンについて
2021年10月18日
【京都学生必見】なぜいま京都で長期インターンがおすすめなの?
京都在住の学生さんへ優良長期インターンをご紹介!厳選した情報はここだけでしか探せない!!
長期インターンについて
有給インターンについて
有給インターンについて
2022年03月25日
【有給インターンの給与事情】有給インターンでは実際どのくらい給与がもらえるの?
みんなが気になる給与事情!有給インターンの給与は実際いくらもらえるのか解説していきます!
有給インターンについて
有給インターンについて
有給インターンについて
2021年08月26日
有給インターンの面接の服装はスーツ?それとも私服?
有給インターン面接時や初回出勤日の服装はスーツかどうか気になりますよね。 特に、短期インターンではスーツの場合が多いと思うので、長期の有給インターンでもスーツなのではないかと思う方もいると思います。 そこで、今回は有給インターン時の服装と、スーツ着用の場合について解説します。
有給インターンについて
おすすめ記事
有給インターンについて
有給インターンは土日のみも可能!ポジションの特長とは?
合格ノウハウ
【合格率が2倍に】長期インターン合格のための志望動機の書き方のポイント4選
海外長期インターンについて
【大学生必見!】海外長期インターンするならベトナム
長期インターンについて
【これだけは押さえておきたい】長期インターンで自分を圧倒的に成長させる4つの成長要因とは?
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説