記事のサムネイル

やるなら今!?有給インターンで将来に活かせる3つの要素

 |  有給インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【有給インターン 将来】そもそも有給インターンとは




長期インターンに興味を持っている学生がいると思います。

今回は、長期インターンの経験は将来に活かせるのか、どんなメリットがあるのかについて解説していきます。

まずは、インターンにはさまざまな種類があるため、そもそも長期インターンがどんなインターンかを確認しておきたいと思います。


報酬を得ながら就業体験を行う学生向けの長期インターンシップ


長期インターンとは、報酬を得ながら就業体験を行う学生向けのインターンを指します。

長期インターンでは、学生でも社員と同様の仕事を任されます。

また、仕事が労働とみなされるため、企業から報酬をもらうことができます。



【有給インターン 将来】経験?お金稼ぎ?インターンをやる目的やメリットとは




さて、有給インターンに参加したいと思っている人は、どんな目的を考えていますか。

長期インターンの経験を次のアクションに活かしたいと思っている人が多いと思います。

ここからは、長期インターンをやる目的やメリットを解説していきます。


①自己成長の実現


1つ目は、自己成長の実現です。

長期インターンでは、社員と同様の仕事を任されるため、実務経験を積むことからスキルや知識を身に着けられます。

また、チームで仕事を進めたり、自主的に仕事を遂行したりする中で、マインド面での成長も可能です。


②お金をもらいながら学ぶことができる


2つ目は、お金をもらいながら、学ぶことができることです。

長期インターンでは、初心者でも実務経験を積むことができ、仕事をする中でスキルを習得できます。

社会に出て働いた経験がない学生が学びながら報酬を得られる機会は非常に少ないので、長期インターンは貴重な機会と言えます。

身に着けたいスキルや知識がある人は、長期インターンで報酬をもらいながら学ぶことを検討してみてください。


③就活に向けて自己分析を深めることができる


3つ目は、就活に向けて自己分析を深められることです。

社会に出て働いた経験がない学生が、自分の強みや弱みを理解して、自分に向いている仕事を見つけることは難しいです。

そのため、長期インターンで実務経験を積んで、向き不向きや強みを実体験から考えることが重要になります。

自己分析で詰まっている人や、職種や業界を決めかねている人には長期インターンへの参加をおすすめします。


④社会人の基礎スキルを身に付けることができる


4つ目は、社会人の基礎スキルを身に着けることができることです。

長期インターンでは、どの企業でも必要になる社会人としての基礎スキルを習得できます。

たとえば、電話対応や報連相など、社会人として最低限身に着けておきたいマナーです。

社会人になる前に身に着けておくことで、周りの学生と差をつけることもできます。


⑤人脈が広がる


5つ目は、人脈が広がることです。

長期インターンでは、社員や上司はもちろん、他の長期インターン生とも出会うことができます。

さまざまな社会人と仕事をすることで、どんな働き方があるのか、自分はどう働きたいのかを考えることができます。

また、視座の高い学生と出会うことで、刺激をもらって切磋琢磨することも可能です。



【有給インターン 将来】ぶっちゃけやる意味あるの?将来に活かせることとは




有給インターンに参加する目的やメリットは理解できましたか。

せっかく有給インターンに参加するからには、何か将来に活かせることが欲しいですよね。

ここからは、ぶっちゃけ有給インターンをやる意味はあるのか、将来に活かせることはどんなことなのかについて見ていきます。


やる気があるなら今すぐ始めることがオススメ!


まず、長期インターンはやりたい気持ちがある時に始めることがおすすめです。

参加しようか悩んでいる人が多いと思いますが、求人は刻々と埋まっていき、募集が終わってしまいます。

また、早く参加すればするほど、継続できる期間が長くなり、身に着けられるスキルも増えます。

そして、長期インターンは自己分析を深められたり、企業理解が進められたりと学生にとって絶好のチャンスと言えます。


キャリア像をより鮮明に描くことができる可能性がある


次に、長期インターンではキャリア像をより鮮明に描くことができる可能性があります。

さまざまな社会人と接することで、将来のロールモデルが見つかったり、どんな働き方をしたいのかという指標ができます。

キャリア増を早くから描くことができると、それに向かってすべき準備を早くから始められます。


自分自身への理解度が深まるため、より良い選択をすることができる


続いて、自分自身への理解度が深まるため、より良い選択をすることができます。

仕事に対する向き不向きはもちろん、苦手な環境や活かせる強みなどを知るきっかけになります。

自分を理解できると、選択肢を増やすことはもちろん、誤った選択を防ぐことにも繋がります。


社会人になってからも活かせる経験やスキルを多く積める


最後に、社会人になってからも活かせる経験やスキルを多く積むことができます。

たとえば、報連相や挨拶、仕事をやり切ることなど基礎的なスキルを身に着けられます。

基礎がしっかり身につけられていると、入社時点で同期と差をつけられ、早くスピードで成長できます。



【有給インターン 将来】卒業後にも活かせそうな職種は?




有給インターンに参加するにあたって、将来性を考えている人が多いでしょう。

そのため、できるはず将来に活かせる職種に就きたいと思うはずです。

ここからは、卒業後にも活かせそうな職種について解説していきます。


①営業職


1つ目は、営業職です。

営業職では、社員に同行して自社のサービスや商品の魅力を顧客に伝え、契約を結ぶことが仕事になります。

そのため、接客やコミュニケーションスキルはもちろん、分かりやすく伝えるための論理的思考力を養うことができます。


②企画・マーケティング職


2つ目は、企画やマーケティング職です。

企画、マーケティング職では、自社のサービスや商品を開発したり、販売経路を考えたりします。

世の中の流行を先読みしたり、会社の強みを活かせる方法を試行錯誤したりといった、クリエイティブ力を養うことができます。


③エンジニア職


3つ目は、エンジニア職です。

エンジニア職では、システムの開発や修理などを行います。

専門的スキルが必要な職種ですが、理系でなくても参加できる長期インターンがあります。

学生のうちに、プログラミングスキルを身に着けたい人、将来専門的職種を目指している人には、エンジニアインターンをおすすめします。


④デザイナー職


4つ目は、デザイナー職です。

デザイナー職では、商品のデザインはもちろん、広告のデザインなども行います。

最近は、Web広告やWebサイトデザインの長期インターンも多いです。

得意なスキルを活かして、ポートフォリオを作りたい人にもおすすめの職種です。


⑤クリエイター職


5つ目は、クリエイター職です。

クリエイター職はさまざまな仕事がありますが、動画編集やライター、ディレクターなどが挙げられます。

他社にはない斬新なアイデアが求められたり、自社の強みが活かせるコンテンツ制作をしたりします。

将来、フリーランスや起業を考えている人は、スキル習得のためにもクリエイター職を検討してみてください。



【有給インターン 将来】将来に活かせる要素がたくさん!まずは情報収集を始めよう




今回は、有給インターンの将来性について解説してきました。

結論、有給インターンは将来に活かせる要素が多く、早くから始めることがおすすめです。

早速有給インターン求人を見つけて応募したいと考えている人もいるでしょう。

そこで、最後に情報収集や求人探しでおすすめのサイトをご紹介します。


日本で唯一の有給/長期インターン口コミサイト「Voil」


おすすめのサイトは、日本で唯一の長期インターン口コミサイト「Voil」です。

「Voil」は、長期インターン経験者のリアルな声を掲載しています。

また、求人探しのサポートや選考対策も行っています。


Voil活用法➀45分間の無料サポート面談


「Voil」を活用して長期インターンを探したい人には、45分間の無料サポート面談をおすすめします。

45分間の無料サポート面談では、求人紹介はもちろんのこと、選考のアドバイスももらえます。

そして、長期インターンに対する不安や心配事の相談もできます。


Voil活用法②経験者の口コミを読んで理解を深める


さらに、「Voil」を活用して長期インターンを探したい人には、やはり口コミを読むことをおすすめします。

口コミを読むことで企業理解を深められるため、より自分に合った長期インターンを見つけられます。

事前に知っておきたい情報を口コミから得て、どんな企業なのか考える判断材料としましょう。


Voil活用法③ES添削&面接対策で自信をつける


最後に、ES添削面接対策を行って、長期インターン選考に自信をつけることがおすすめです。

選考倍率が高いと言われていることから、不安を抱えている人が多いと思います。

しかし、選考対策を受けておくことで、自信を持つことができ、選考にも慣れることができます。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。

LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!




応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
合格ノウハウ
【合格率が2倍に】長期インターン合格のための志望動機の書き方のポイント4選
有給インターンについて
【その有給インターン本当に意味ある?】迷ったら目的を明確化してみよう!
SNS質問箱
【お悩み解消】長期インターンは掛け持ちできる?シフトはどうする?
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社ログラスのインターン体験記
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説