長期インターンの勤務に割くべき期間と時間は?勤務を始めるおすすめ時期も!

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。

目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。

個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



【長期インターン 勤務】そもそも長期インターンとは?




長期インターンを始めようとしている学生がいると思います。

しかし、長期インターンについて詳しく知る機会ってあまりないですよね。

そこで、まずはそもそも長期インターンがどんなものかを確認していきましょう。


学生へキャリアについて考えるきっかけを提供する職業体験


長期インターンとは簡単にいうと、学生が企業で職業体験をすることを指します。

具体的には、学生がキャリアについて考えるきっかけを企業が提供することを言います。

長期インターンでは学生であっても社員と同様の仕事を任されます。

なので、仕事が労働とみなされ、給料をもらうことができます。



【長期インターン 勤務】長期インターンの勤務期間は?




長期インターンに参加したい人はどのくらいの期間勤務することを考えていますか。

初めての長期インターンに参加する人は、どのくらい勤務すべきか悩むと思います。

なので、ここでは長期インターンの勤務期間について解説していきます。


長期インターンシップの最低勤務期間は3ヶ月


まず、期インターンの最低勤務期間は3ヶ月です。

長期インターンの求人を見ても、3ヶ月以上継続することが条件となっている求人が多いです。

なので、長期インターンに参加する人は最低でも3ヶ月間続けられるかを確認しましょう。


長期インターンシップの平均勤務期間は半年(6ヶ月)以上


次に、長期インターンの平均勤務期間は半年以上です。

長期インターンに参加する多くの学生は半年以上長期インターンを続けています。

半年ほど継続すると、スキルがアップしてできる仕事も増えてきます。

なので、長期インターンに参加する人は半年以上は勤務することをおすすめします。


長期インターンシップの推奨勤務期間は1年以上


最後に長期インターンの推奨勤務期間は1年以上です。

平均勤務期間は半年ですが、スキルを身に着けて1人でもできる仕事ややりたい仕事をするためには、やはり1年ほどの継続が必要になります。

なので、長期インターンに参加する際は1年以上勤務できる長期インターンを探すことをおすすめします。



【長期インターン 勤務】なぜ長期インターンの勤務期間は平均6ヵ月以上求められるの?




長期インターンの勤務期間について理解できましたか。

どのくらい長期インターンを続けようか迷っている方もいるでしょう。

そこで、ここでは長期インターンの勤務期間がなぜ半年以上求められるのかを解説していきます。


勤務期間が平均6カ月以上求められる理由①:育成~1人立ちするまでの期間として設定している


1つ目の理由は、育成~1人立ちするまでの期間として半年必要だからです。

初めての長期インターンだと、最初は基礎的な仕事を覚えるところから始まります。

なので、最初からいきなりやりたい仕事ができるわけではありません。

また、専門的知識やスキルを身につけるには半年ほどかかります。


勤務期間が平均6カ月以上求められる理由②:内定直結を見込んでいる企業もある


2つ目の理由は、内定直結を見込んでいる企業もあるからです。

長期インターンを続けていくとできる仕事が増えて、企業にとって即戦力となる人材となります。

企業は即戦力となって会社に貢献してくれる人材を求めているため、長期インターン生を優秀な人材と評価することも多いです。

なので、内定直結を見込んでいる企業では半年以上の長期インターン経験が求められます。



【長期インターン 勤務】長期インターンの勤務時間は?




長期インターンの勤務期間についてはおおよそ理解できたと思います。

さて、長期インターンを始めるにあたって、どのくらいの時間働くのかイメージできていますか。

ここからは長期インターンの勤務時間について確認していきましょう。


週合計18時間以上が望ましい


長期インターンの勤務時間は週合計18時間以上が望ましいです。

週に18時間以上の企業もあれば、18時間以下の企業もあります。

ですが、スキルを身に着けたり、学業と両立することを考えると週18時間ほどが良いでしょう。

また、学業と両立するには、出勤日をなるべく減らして1日に6時間ほど働いたり、土日に働くことをおすすめします。



【長期インターン 勤務】なぜ長期インターンの勤務時間は週合計18時間以上求められるの?




長期インターンの勤務時間がなぜ週合計18時間がベストなのか気になりますよね。

ここからは長期インターンの勤務時間が週合計18時間をおすすめする理由を解説していきます。


勤務期間が週合計18時間以上求められる理由①業務内容の習得


1つ目の理由は、業務内容の習得です。

週に18時間以下しか働かないとなると、せっかく教えてもらったことも次の出勤までに忘れてしまうことがあります。

また、早くスキルを身に着けてできる仕事を増やすためにも、週に18時間ほど働くのがベストです。

長期インターンに参加する際は、週に18時間働くことを想定しましょう。


勤務期間が週合計18時間以上求められる理由②社員と同じ裁量で働ける学生の育成


2つ目の理由は、社員と同じ裁量で働ける学生の育成のためです。

長期インターンでは学生であっても社員と同様の仕事を任されます。

なので、週に働く時間が少ないと社員と同様の仕事ができるだけのスキルを身に着けることが難しいです。

反対に、社員よりも働きすぎると同じ裁量で働けなくなってしまうので、週に18時間を目安としましょう。



【長期インターン 勤務】長期インターンの勤務を始める時期はいつから?