記事のサムネイル

【成長を支援したい!教育業界の長期インターンシップ】

 |  業界・職種特集
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
監修者
監修者画像
栗田頌久
株式会社Flamers Voil事業責任者
大学卒業後は就職せずに独立。
上京をきっかけに就職し、エンタメ業界のベンチャー企業でクリエイティブ制作のディレクターを担当。
その後、COOの柴田に誘われVoilにキャリアアドバイザーとして参画。
2023年6月からは事業責任者としてCAの他、法人営業や事業企画も担当。

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



教育業界【概要編】




長期インターン先を決めるにあたって、自分に合った長期インターンに参加するためには業界理解が必要です。

そこで、今回は、教育業界について理解を深めていきたいと思います。

教育業界の長期インターンに参加したいと思っている方はぜひ最後までご覧ください。


人の成長を支援する業界


そもそも教育業界とはどのような業界なのでしょうか。

端的にまとめると、教育業界とは、人の成長を支援する業界です。

塾や家庭教師など、勉強を教える職種もあれば、プログラミングやスポーツなどスキルを教える職種もあります。

また、対象は子どもから大人まで幅広く、人と接する仕事が基本です。

なので、人の成長や、人の関係について関心のある方に向いている業界と言えます。



教育業界【動向編】




ここからは教育業界の動向を追ってみたいと思います。

普段聞きなれないワードもあると思いますので、ぜひこの機会に理解してみましょう。


トレンドワード➀ICT化


まず1つ目のトレンドワードは、「ICT化」です。

「ICT化」とは、教材やカリキュラム、学校業務にIT技術を取り入れ子どものITリテラシー向上や、教師の労働効率化を図ることを指します。

学校でプログラミングを習ったり、GIGAスクールに通わせたり、などをイメージすると分かりやすいでしょう。

また、「ICT化」すると、個別的なもの・ことを最適化できるため、個別最適化というワードもセットを覚えておくと良いです。


トレンドワード②STEAM教育


2つ目のトレンドワードは、「STEAM教育」です。

「STEAM教育」とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(リベラル・アーツ)Mathematics(数学)を統合的に学習する教育方法のことです。

ITに触れる機会が多くなるため、、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(リベラル・アーツ)Mathematics(数学)といった科目を学習する機会が増えています。


トレンドワード③入試改革


3つ目のトレンドワードは、「入試改革」です。

「入試改革」とは、2020年の共通テスト導入をはじめとした教育改革のことを指します。

センター試験が共通テストにかわったことは知っている方が多いでしょう。

より主体的・対話的で深い学びの実現のために出題形式を大幅変更が行われました。

また、それに伴って学習塾が生徒獲得に向け競争激化しています。


トレンドワード④プログラミング教育


4つ目のトレンドワードは、「プログラミング教育」です。

「プログラミング教育」は、近年IT化が進む中でより注目されています。

また、それに伴いプログラミングスクールの開講も増えており、子どもから大人までプログラミングは近しい存在になってきています。

また、2020年度からは正式に小学校の科目として採用され、その対策サービスの開発も盛んです。


トレンドワード⑤少子高齢化


最後のトレンドワードは、「少子高齢化」です。

「少子高齢化」は、教育業界において欠かせないワードです。

教育業界の主なユーザーは子どもであるため、少子化は切り離せない課題です。

また、「1人当たらいの養育費」が高騰していることに合わせて、多様な教育サービスが登場しています。

そのため、教育の個別最適化に伴う受講費段階化も進んでいます。



教育業界【長期インターンで求められる人材編】




さて、教育業界について理解は深まってきましたか。

長期インターン先の業界としてイメージを持ってきた人もいると思います。

そこで、教育業界の長期インターンで求められる人材について解説していきます。


人の成長に強い関心を持っている人


まず、人の成長に強い関心を持っている人です。

教育業界は、人の成長に関わる仕事をするため、人に関心があることが求められます。

特に、人の成長する姿や、より快適な環境を作ることに関心があると良いです。

長期インターンは継続することが重要なので、ぜひ関心の高い人は教育業界で長期インターンをしてみましょう。


理論と感情論どちらも兼ね備えている人


続いて、理論と感情論どちらも兼ね備えている人です。

教育業界は、人の感情を動かすことも求められます。

なので、理論だけで突き進んでも、相手を置いていってしまいます。

反対に、感情論だけでも、論理性がないため、説得力に欠けます。

そのため、教育業界では理論と感情論のバランスを持っている人が求められています。


介在価値の高い仕事をしたい人


最後に、介在価値の高い仕事をしたい人です。

介在価値の高い仕事をしたい人とは、個としてのスキルを高めたいと解釈できます。

学校や自治体といった公の機関と、人一人ひとりの立場と関わり合いながら社会を動かすことができる仕事を行うため、教育業界の仕事は、介在価値が高いと言えます。

このような仕事に関心のある方は、ぜひ教育業界を長期インターン先として考えてみましょう。



教育業界【長期インターンの職種編】




続いて、教育業界で長期インターンをするにあたって、職種が気になると思います。

教育業界における長期インターンの職種についても理解しましょう。

では、主な職種を見ていきます。


マーケティング


まず、マーケティング職があります。

マーケティングは、教育サービスやシステムを導入する際に、ターゲットの行動分析などを行います。

データを扱う仕事であるので、データ分析が好きな方に向いています。

また、マーケティングは学生に人気な職種であるので、さまざまな職種の中でも、長期インターン選考倍率が高いでしょう。


営業


次に、営業職です。

営業職では、サービスやシステムを教育機関や、企業に提案する仕事です。

営業は、すぐに結果が出る仕事ではないですが、ビジネスシーンにおけるスキルを幅広く学ぶことができ、実践回数も多いです。

なので、働くとはどういうことかを考えたい人は、ぜひ営業に挑戦してみましょう。


事務


続いて、事務職です。

事務職では、経理や人事など、会社を支えるために欠かせない仕事を行います。

正確性が求められるため、効率よく責任を持って仕事ができる人に向いている職種です。

また、会社内部のことをよく知れる職種でもあるので、企業理解を深めたい人は、ぜひ挑戦してみましょう。


エンジニア


最後に、エンジニア職です。

エンジニアは、主な職種の中でも、専門的な部分が多いです。

理系だけでなく、文系でもエンジニアに挑戦できますが、専門スキルが求められます。

なので、長期インターン前に、エンジニアとして必要な知識やスキルをある程度習得しておくことをおすすめします。



教育業界【長期インターンの面接対策編】




教育業界で長期インターンをしたい人は選考も気になりますよね。

人気な業界なので、選考倍率も高いことがあります。

そこで、最後に教育業界で長期インターン選考を受ける際の、面接対策について解説します。


質問➀少子化の中で生徒を集めるアイデアを教えてください


まず、この質問は、普段から教育業界に関わる問題への意識が問われています。

アイデアであるため、考えを持っていないとなかなか答えづらいでしょう。

経営者視点、社員視点に立って、考えることを意識してみてください。

また、アイデアだけでなく、そのアイデアを採用した際の結果も考えてみることが重要です。


質問②今後の教育業界の展望は?


次に、この質問では、少し先の教育業界についての理解が必要になります。

現在の教育業界についての理解も必要ですが、働くとなると将来を見据えることが重要です。

なので、教育業界が抱える問題や、将来性などを整理し、自分のやりたい仕事とマッチするような展望を答えましょう。


質問③あなたにとっての教育とは?


続いて、この質問では、あなたなりの考えが求められています。

客観的な情報も重要ですが、この質問では主観的視点を伝えましょう。

また、この考えに至った過去の経験も伝えることが大切です。


質問④社会人向けの教育商品を販売する場合どんなものを企画するか?


次に、この質問では提案が求められているため、普段からの思考力が問われています。

教育業界というと、子どもをターゲットにしがちですが、社会人をターゲットにするサービスへの関心を持ちましょう。

回答する時は、サービスの案だけでなく、それを用いた結果どうなるのかまで伝えることがポイントです。


質問⑤学校教育ではできず、教育産業だからこそできることはなにか?


最後に、この質問では学校教育と教育産業の違いを捉えていることが重要です。

なので、選考前には業界理解が欠かせません。

自分の考えを述べるとともに、教育産業だからこそという理由の根拠も答えらえるよう、客観的情報も整理しておきましょう。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。

500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!

面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!

職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


著者
著者画像
児玉さりな
フリーランス(Webライター)
大学生向けメディアの運営経験で身につけたSEOライティングスキルを活かし、インターンシップや就活に関する記事の執筆を担当。
学生時代には海外インターンも経験。
22卒でメーカーに就職後、現在はフリーランスで活動中。
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社FLUXのインターン体験記
合格ノウハウ
【例文あり】長期インターンを自己PRでアピールするときのポイント
長期インターン体験記
【長期インターン体験記】株式会社トレンダーズのインターン体験記
有給インターンについて
3ヶ月でやめるのはもったいない!有給インターンを短期間でやめてしまうデメリット
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ない?】5つの辞めとけと言われる理由を徹底解説!
長期インターンについて
【やめとけ】長期インターンを目的なく始めるなんて
お悩み相談
無給の長期インターンは違法?その理由と避ける方法を解説
合格ノウハウ
【2023年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!