記事のサムネイル

【就活が不安、、】理系×長期インターンを徹底解説!

 |  長期インターンについて
目次 CONTENTS
応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策

長期インターンとは




インターンとは


インターンシップとは、学生が企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。目的としては、実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めます。


長期インターンと短期インターンの違い


種類は主に3点あります。

1点目は【1Dayインターン】期間:1日 内容:企業理解

2点目は【短期インターン】期間:数日~2週間 内容:企業から用意された課題に対してグループワークで取り組み、企業に対して調査報告を行なう

3点目は【長期インターン】期間:6カ月~数年 内容:実際に企業で就業経験を積み、社員と同じ働き方をする


長期インターンとアルバイトの違い


違いは主に3点あります。

1点目は【目的】インターンシップは、仕事の内容理解・適正理解を目的とし、自分の働きが企業から評価され、その働きに対してお金が支払われます。

一方、アルバイトは、労働と時間の対価として収入を得ることが目的です。

2点目は【得られるスキル】アルバイトは、細かなルールやマニュアルが設けられ、責務のある仕事はすべて社員が請け負います。

一方で、インターンシップで求められている人材は「マニュアル通りに動く人材」ではなく、「自分の頭で考えて動ける」力を持った人です。個の力をつけることで社会に通ずるスキルを身につけます。

3点目は【就職活動に有利】アルバイトは社員とバイトで任せられる責任が異なるため、社会人としての実務経験を積みにくいです。

一方、インターンシップは社員同様の働き方をするため、実務経験を積みやすいです。そのため、インターンシップ経験者は働いたときの再現性や働く意欲が高いと見られ、内定に直結しやすい場合もあります。



そもそも長期インターンとは?




長期インターンをはじめようかなと思っている学生も多いでしょう。

しかし、周りに長期インターンをしている学生は少ないですよね。

なので、経験やリアルな声も知りづらいと思います。

そこで、まずはそもそも長期インターンとは何かということを解説します。


学生へキャリアについて考えるきっかけを提供する職業体験


長期インターンとは、端的にいうと学生へキャリアを考えるきっかけを提供する職業体験のことを指します。

長期インターンでは、社員と同様の仕事を行うため、仕事への向き不向きを知ることができます。

また、働くとはどういうことかについても考えるきっかけになり、キャリアプランを立てることにも繋がります。

学生が、長期インターン以外で企業の内部から仕事に携われる機会はなかなかないので、長期インターンに参加したいと思っている方は、ぜひ参加してみてください。



研究で忙しい理系学生が長期インターンを始める方法とは?




長期インターンに参加したいと思っても、学生がまとまった時間を取るのは難しいですよね。

特に、研究が忙しい理系の学生はなおさらだと思います。

しかし、理系の学生も長期インターンに参加することは可能です。

そこで、ここからは理系学生が長期インターンを始める方法を解説します。


方法①就業時間から選ぶ


まず、忙しい理系学生は、長期インターンの就業時間をしっかり確認しましょう。

長期インターンでは、週3日出勤1日4時間以上、週2日出勤1日6時間以上など、就業時間が決まっています。

なので、研究や授業と両立しつつ、参加できる長期インターンを選ぶことが重要です。

また、研究の多忙期に休みが取れるのかも確認しておきましょう。

学生の本文は学業なので、学業を優先できる長期インターンかを見極めてください。


方法②勤務地から選ぶ


続いて、理系学生が長期インターンを続けるには、勤務地選びも重要です。

家から通いやすい、大学から通いやすい、通学路の途中など、通勤しやすい場所に会社があることが大切になります。

通勤しにくい場所だと、出社に時間がかかり、続けることが億劫になってしまいます。

なので、できるだけ通勤しやすい場所の会社で長期インターンをしましょう。


方法③業務内容から選ぶ


最後に、業務内容をしっかり選びましょう。

そもそも、自分に合った長期インターンでないと継続が難しいです。

また、理系学生は研究があるため、長期インターンも研究と近しい内容を選ぶと互いに役立てることができます。

さらに、スキルが身に付くと、研究や卒論でも活かせるでしょう。

なので、長期インターンの業務内容をしっかり確認して、継続できるか、研究に活かせそうかを検討してみてください。



理系学生が長期インターンをやる4つのメリットとは?




さて、ここまでの解説で、長期インターンをはじめたくなった方もいると思います。

結論、忙しい理系学生でも、長期インターンは参加することをおすすめします。

なぜ理系学生に長期インターンがおすすめなのか、そのメリットを最後に解説します。


メリット①就職活動の選択肢が広がる


まず、第一に理系学生が長期インターンをすると、就職活動の選択肢が広がります

長期インターンを経験すること、仕事の内容が分かったり、働くことへのイメージが湧いたりします。

そうすると、将来就きたい職が定まったり、これまで興味がなかったことにも関心が向いたりしていきます。

研究を極めたい、学んだことを活かしたいなどの想いも出てくるでしょう。

また、長期インターンでいち早くビジネススキルを身に着けることで、就職後も一歩先を進めます。


メリット②社会人としてのマナーやスキルが身につく


次に、社会人としてのマナーやスキルが長期インターンで身につきます

長期インターンでは、社員と同様の業務を行うため、社会人としてのマナーやスキルを習得していきます。

社会で働いたことがない学生と比べて長期インターンでこのようなスキルを身に着けていると、就職活動でも活かすことが可能です。

基礎的なビジネススキルを早めに身に着けるためにもぜひ長期インターンに挑戦してみましょう。


メリット③将来のロールモデルに出会える


続いて、将来のロールモデルとなる人に出会えることもメリットの1つです。

長期インターンでは、社員だけでなく、役職の高い人とも出会うことが可能です。

自分がどう働きたいのか、将来何をしたいのかなどを考える際に、目標、憧れとなる人ができるでしょう。

また、ロールモデルが見つかると、今何をすべきかもおのずと分かってきます。

そうすると就職活動の目標が見つかったり、将来像が具体化できたりします。


メリット④学業以外にも自己研鑽できる機会になる


最後に、学業以外にも自己研鑽できる機会になります。

研究が忙しい理系学生だと、学業第一になることが多いでしょう。

そのため、学業を通しての知識やスキルが多くなると思います。

しかし、長期インターンでビジネススキルやマナーを身に着けることで、学業での知識とプラスすることができます。

自分の特性や強みを把握できる機会にもなるため、ぜひ長期インターンに参加してみましょう。



長期インターンを探している方へ




Voilとは


Voilは実際に働いた学生から生の声を集めた、業界唯一の口コミサービスです。500件以上の口コミからあなたに合った企業を見つけ、企業側と学生側のミスマッチをなくします!


無料の長期インターン相談やってます


500件の口コミデータをもとに、徹底的に相談にのります!面談した方限定に企業の紹介やES添削・面接のコツをお伝えします。LINE@や公式サイトへ気軽にご連絡ください!

「なにから始めたらいいのかわからない」と悩みを抱えている方や「さらにレベルアップしたい」という方にすべて私たちVoilメンバーが個別面談にてあなたのキャリアに向き合います!職種、業界、特徴、企業満足度ランキング等から【あなたに最適のインターン】をご提案します!


応募前に相談したい方へ!
Voilの運営メンバーが徹底サポートします
長期インターン相談
・オンライン無料面談
・企業の紹介
・長期インターンって?
・ES、面接対策
おすすめ記事
長期インターンについて
【無駄にしない】長期インターンの最適な過ごし方とは?
合格ノウハウ
長期インターンの面接を対策!よくある質問5つと回答方法をご紹介!
長期インターンについて
【大学2年生必見!】長期インターンを始めるメリットと最適な長期インターン先を見つける方法とは?
合格ノウハウ
【長期インターンにチャレンジしたいあなたへ】面接でよく聞かれる質問10選とは?
人気の記事ランキング
合格ノウハウ
【その長期インターン意味ないです。】正しい始め方を徹底解説!
お悩み相談
【長期インターンを辞めたい方へ】後悔しない辞め方を解説!
合格ノウハウ
【2021年最新版】失敗しない長期インターンの探し方はこれだ!
タイプ別おすすめ
休学してまで長期インターンをする理由とは?メリット・デメリットを解説